みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:水戸 ( 288 ) タグの人気記事

水戸通信工業のアイツ

こないだ街ブラしていて
路傍の芸術(ロードサイドアート)遭遇しました。
b0330744_00072128.jpg
刺々しくなく、
優しい感じが素敵に感じました。
b0330744_00073724.jpg
真ん中のやつは防犯カメラ作動中と書かれ
コードが建物内に伸びているのが意味深です。

これとは異なりますが、

名もない路傍のアートのアーティストの作品展を是非芸術館で!!
(名のある方が作っていたらごめんなさい)

水戸市新荘  2015年1月



[PR]
by ta-tanchi | 2015-02-01 19:19 | 脱力系 | Comments(0)

旧制水戸高等学校 跡

現在、水戸一中、北水会病院が建っている敷地に、
かつての旧制水戸高等学校がありました。
現在、北水会の入口、ちょうどセブンイレブンのあたりに、
学校跡の石碑が建てられております。
b0330744_23474396.jpg
旧制水戸高等学校は、大正9年に開校、
85,800平方メートルの敷地に、風格のある校舎、講堂と7棟の寄宿舎(暁鐘寮)、
生徒らの手で造りあげられたグランドは当時東洋一とうたわれた
全国各地から若人総計5,737名が学び、
昭和25年3月学制改革によりその幕を閉じた。
今はわずかに残る石垣にその面影をしのぶのみである

というような内容の事が石碑に書かれております。
b0330744_23481999.jpg
もう一つ石碑があります。

ところで、石垣ってどこにあるのでしょうか?
一中の正門のある東側の石垣の事かな?
b0330744_23230474.jpg

水戸一中には水高60周年記念の石碑があります。
b0330744_23232478.jpg


水戸市東原 2014年7月 2015年1月


[PR]
by ta-tanchi | 2015-01-16 17:44 | 現存しないもの | Comments(0)

《鮟鱇鍋》山翠

水戸を含めた常磐地域は鮟鱇鍋の季節です。
東日本大震災後
バカヤロウのせいで
アンコウは残念ながら地物ではないですね。

常磐沖のアンコウは流通しているのでしょうか?

とはいってもアンコウは日本各地で上がりますので食べることはできます。

山翠の鮟鱇鍋を紹介します。
b0330744_12260836.jpg
4人前
b0330744_12263159.jpg
2人前

左にある茶色い塊は、山翠の味の決め手である「焼きみそ」
(地味噌に、あんこうの肝をすりこみ、木の鍋ぶたにぬりつけ、炭火であぶったもの)
です。

b0330744_12272781.jpg
最初に少し店員さんが焼きみそを入れてくれますが、
後はお好みで追加します。


食べる直前に少し焼きみそを
追加すると風味が数段アップすることがわかりしましたので、
是非試してみてください。
店員さんは特にそのことについては触れません。

b0330744_12264561.jpg
山水のお正月飾りはアンコウです。

水戸市泉町 2014年12月、2015年1月


[PR]
by ta-tanchi | 2015-01-12 18:30 | グルメ | Comments(0)

水戸芸術館の天空のアートタワー

水戸芸術館は年末年始と観梅(梅まつり)期間は
イルミネーション、ライトアップします。

年々規模が小さくなっているように感じます。
何となく感じるのですが
スポンサーの集め方が下手なような気がします。

タワーのライトアップで、天候によりますが
年に1,2回、
天空に芸術館のアートタワーが天空に浮かび上がります
b0330744_19455366.jpg
暑く低い雲があってライトアップされたタワーの影が
雲に映るのです。
知っていました?
幻想的ではないのですが、初めて目にしたら、
おお~!!と素直に感動します。

芸術館近くにいれば見れますが、
気が付いている人ってきっと少ないのだろうな~。

魚眼レンズて撮影したものがあります。
当時のデジカメで魚眼レンズ180度というのは珍しいはずです(笑)。
b0330744_19442875.jpg

京成の看板が懐かしいというのは置いといて、
天空に3つのアートタワーが浮かび上がります。

今年も見れるといいな~。


明日は成人式です。平穏に終わることを願います。

水戸市五軒町 2006年3月



[PR]
by ta-tanchi | 2015-01-10 20:03 | 街秘境 | Comments(0)

サンタクロースがいるビル

サントル千波近くにある茨城日産自動車。
12月になると、外壁にサンタが現れました。
その名も、ニッサン太!!
b0330744_14545567.jpg
むかしのクリスマス仕様の飾りつけのほうが素敵だなんて思っていましたが、
夜はニッサン太が光ってました。

光っている写真は撮影都合上ありません。



ちなみに前の茨城日産の飾りつけはこんな感じ。

b0330744_00565869.jpg
サンタがたくさんビルを上っていましたとさ。
でも、泥棒が沢山いるみたいに見えたのは内緒です。

水戸市千波 2014年12月 2007年12月

[PR]
by ta-tanchi | 2014-12-18 20:26 | 建物 | Comments(2)

シートベルトを締めよう!に隠されたもの

水戸市役所近くの逆川と桜川の合流地点にある何気ない
シートベルトを締めよう!看板。
b0330744_00400540.jpg

b0330744_00404310.jpg
やたら長いけど、何のためにあるのか・・・
その正面には
連れ込み宿の出入口にあります。
b0330744_00411373.jpg
楽しいことしたら、シートベルトしめてねってことなの?

ぶっちゃけ、
連れ込み宿の出入口隠すためにあるんじゃね???って感じにみえます。
本当のところどうなんでしょう?
b0330744_00411906.jpg
看板の裏側から見ると、河川をきれいにしましょう
と書かれています。

ホテルの出入口の正面には逆川に架かる橋梁があります。
b0330744_00412808.jpg
橋梁名は、ズバリ、
b0330744_00413460.jpg
駅南出合橋。
一夜限りの出会いを見続けて何年たつのでしょうか?

2014年7月 水戸市中央


[PR]
by ta-tanchi | 2014-12-12 20:15 | 街秘境 | Comments(0)

払沢地蔵?と道標

ブログを公開時、わからなかった事が一部判明しております。
それを踏まえて読み進んでください。

払沢地蔵前というバス停が千波にあります。
ただ、そのバス停周囲では地蔵さんを見たことがありません。

「払沢地蔵前」バス停から南下すると次は「払沢」。
その先の交差点にお地蔵さんがあります。
これが払沢地蔵??
b0330744_08440660.jpg
ただ、バス停からずいぶん離れてます。

地蔵さんと共に左に馬頭観世音、右に道標があります。
b0330744_08445074.jpg
西 本村千波見川見和ヲ経河和田赤塚約?
東 吉田台町ヲ経磯濱約三里方??
?は、土に埋まって読めません。

東方向
b0330744_08451908.jpg
b0330744_08443375.jpg
側面は、本村千波小吹平須ヲ経テ大戸ニ至ル

と書かれております。お地蔵さん側にも書かれていたのかもしれませんが、
残念がらチェックしませんでした。
b0330744_08453607.jpg
この交差点、というより辻といったほうが良いでしょうか?
いにしえからある道路ですね。
東西の道は古くは塩街道だったのでしょうか?

水戸市千波町 2014年8月

追記
上記の地蔵様は払沢地蔵尊ではありません。
バス停近くにあった地蔵様は、
新しい道路ができるため円通寺に移されたとのことです。

円通寺にはお地蔵さんがたくさんあって
どれがそうなのかがわからないです。




[PR]
by ta-tanchi | 2014-12-10 17:35 | 記念碑、記念像系 | Comments(1)

県民文化センターのイルミネーション ひかりのハーモニー2014

11月4日から茨城県民文化センターでは
イルミネーションが点灯しております。
「ひかりのハーモニー2014」
b0330744_23455510.jpg
12月25日までの開催です。
11月中旬訪問した際は、カップルが1組、写真撮影している人が1人でした。
b0330744_23461484.jpg
ショボコンデジ撮影ですので写真の数十倍綺麗です。
b0330744_23463515.jpg
b0330744_23471318.jpg
きっといつでも人がいないような気がしますので
なんだかもっと人目に触れてほしいなあ~
って思います。

駐車場横の広い歩道もイルミネーション飾ると
広がりがあって良いな~って思います。

2014年11月 水戸市千波町



[PR]
by ta-tanchi | 2014-12-06 13:10 | イベント | Comments(0)

神社名不明 その2 大町

先日、市民博物館に行った際に、
エントランス通路から木々と鳥居がすぐ近くに見えました。
手前の幼稚園跡よりも、ものすごく気になります。
b0330744_00242273.jpg
気になったので後日行ってみました。
駐車場奥にひっそりと存在しております。

立派な鳥居です。
b0330744_00262126.jpg
駐車場裏にひっそりとある稲荷様?
狐、そして大黒様、恵比寿様が置いてありました。

鳥居は大正十五年 と刻まれておりました。
名前は解りません。

水戸市大町 2014年8月9月


[PR]
by ta-tanchi | 2014-11-30 23:28 | 寺社 | Comments(0)

水浜電車軌道敷跡 水門橋

桜川にかかる水門橋、

すいもんではありません、「みずもんばし」とよみます。
水門橋の由来は、この辺りの地名が水門町といったからで
古くは、江戸時代に千波湖と桜川(馬場川)との
水門があったからでしょう。

b0330744_00135840.jpg
この橋には水戸と大洗を結んでいた水浜電車軌道敷跡の石碑があります。
水門橋中央に線路跡。

b0330744_00133095.jpg
橋と地面とのつなぎ目は線路が残りますが、
線路跡をコンクリで埋めてあります。
昭和41年に廃止になって、軌道跡は道路になっているところが多いですが、
市内で線路がわかるのはここだけでしょう。

橋は昭和38年に完成。そして3年後に電車は走らなくなったのですが、
架け替えの際の線路は何処を通っていたのでしょうね?。
ってことはこの橋のコンクリ舗装は水浜電車が廃止される以前の橋完成当時のものなのかな?

水戸市柳町  2014年8月

[PR]
by ta-tanchi | 2014-11-28 08:52 | 道路・鉄道 | Comments(0)