人気ブログランキング |

みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:水戸 ( 418 ) タグの人気記事

水戸第二連隊の遺構?

現在の茨城大学には、悲しい歴史のある第二歩兵連隊の兵営がありました。

茨大の北側のグラウンドに面した道路に、レンガ構造物が土塁の中に埋まってます。
b0330744_23495019.jpg
門柱っぽくありませんか?
表は茨大の正門だから、こちらは裏門だぽいですね?

その遺構の東側は、土塁がかなり高い一角があります。
b0330744_23495027.jpg
これって茨城大学が意図的に高くしたのかな?
グーグルマップで見ると、弓道場っぽいですね。
ただ、
古い戦後の空中写真にも土塁が高いのが写っております。
(リンクは同意を得れば見ルことが出来ます)

こんな土塁を築くいているとしたら、
火薬庫、弾薬庫の類いここにあったのかな?

その後その土塁を生かして弓道場にしたとか・・・

詳しいことはわからないので、教えていただけると幸いです。

水戸市文京 2017年3月


by ta-tanchi | 2019-08-18 09:26 | 街秘境 | Comments(0)

黄色いポスト

水戸中央郵便局のポストがいつの間にか黄色になってます。

まだあるのかな?大都市部では見られた速達用の青いポスト。
まあ水戸には無かったでしょうけどね。

それに代わる新手の黄色のポストなのか?。
b0330744_01403552.jpg
これは、9月28日から始まる「いきいき茨城ゆめ国体」
の宣伝を兼ねた、
ポストに国体のマスコットキャラクターのラッピングです。

ちょっと強引な感じもありますが・・・

b0330744_01420108.jpg
いばラッキー という名前です。

b0330744_01403949.jpg
裏側は・・・
真ん中したくらいにへの字。
これしっぽ(笑)。

水戸市役所前にもあるのは確認しました。

わたしの情報筋によると、
他の市町村にも存在するようで、県内各地にあるようです。

形もすべてが同じではなく、
投函口が1つのものに施されているものもあるようです。
投函口が2つでも形が違うとか・・・


国体が終わったら元の赤ポストに戻るのでしょう。

水戸市三の丸 2019年6月



by ta-tanchi | 2019-08-10 07:06 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

バス停一高下の歩道の行方はあるのか?

一高下の水戸駅方向のバス停。
b0330744_00075824.jpg

バス停があるけど、車で走っていると、水戸駅方向の歩道がすぐ消滅するので
気になるので行ってみました。
水郡線を渡るあたりは南側は歩道がありません。

b0330744_00080140.jpg

バス停すぐそばにあるマンションの非常階段?
は草ボウボウ&鎖で封鎖された通路があります。

さて、駅側に進んでいきましょう。

b0330744_00080388.jpg

どんどん進んでいくと、
歩道の幅が・・・
b0330744_00082532.jpg

狭・・・。
行けるの???

明らかに国道に沿っては歩道がないので、自然消滅?

と進むと、

b0330744_00082541.jpg
先は、下に降りる階段になってます。

b0330744_00083785.jpg

b0330744_00083794.jpg
来た道を振り返ると、人がすれ違がうのがやっとな幅しかありません。

b0330744_00090002.jpg
こうやって見ると、
このあたりの高架部分の道路って、
元の地面からそんなに高いわけではないのですね。

この階段からすぐの場所に、
この付近一帯の無縁之霊と書かれた石碑があります。
b0330744_00090067.jpg

おそらく水戸空襲で無くなった方々を供養していると思われます。
b0330744_00090123.jpg



水戸市三の丸 2016年9月





by ta-tanchi | 2019-08-02 06:54 | 道路・鉄道 | Comments(0)

令和最初の水戸の花火大会

令和最初の水戸の(第59回)花火大会は、昨日の19時30分開始でしたが
悪天候のため公式サイトや水戸市のツイッター等に繰り上げて開始すると表示される前に
始まってしまいました。

運営側が判断に迷ったことは想像できます。
b0330744_21362293.jpg
泉町界隈で花火が見れるポイントは少ないのですが、
京成横の歩道からは比較的見れる場所です。

打ち上げ場所ちょっと西側にずれていたようにも思うのですが、
気のせいでしょうか?

今年から、花火と街中の黄門まつりの開催を分けてリニューアル。

以前は花火の前から、街中に提灯が並び、
今から祭りが始まるぞ!
という、期待感があったのですが、
開催が分かれたので、今日花火やるの?
と言う雰囲気に感じました。
そう感じていたのは私だけでしょうか?

天候も悪かったので、界隈は閑散とした雰囲気がありました。
b0330744_21362206.jpg
b0330744_21362264.jpg
天気が悪かったせいなのでしょうけど、
19時30分過ぎの京成横の通りです。
b0330744_21362201.jpg
いつもだったら人が沢山いるのに、
天候のせいでこのような状態でした。
天候のせいですよね?。

54回の時は、始まる前にゲリラ雨かつ、千波湖近くに落雷が
ありました。それに比べれば・・・

今年の花火大会は結構雨降りでしたが、
豪雨に襲われることなく終わったので良しとしましょう!!

来年は良い天気だと良いですよね~。
雨の中の開催、運営の方や警備の方、ご苦労様でした。

水戸市泉町 2019年7月20日





by ta-tanchi | 2019-07-21 22:30 | イベント | Comments(0)

箕川仙奕台 

前回の松風軒の続きで、
箕川仙奕台。
b0330744_22401782.jpg
箕川と書かれていますが、今は見川です。
何時から箕川が見川に変わったのでしょうね~。


石碑は箕川仙奕台なので、こちら全体の呼び名だと思ってましたが、
国交省のページで見ると、松風軒の中の箕川仙奕台なのですね。
b0330744_22402272.jpg
偕楽園の仙奕台を模したようなので、立派な石でできた碁盤と将棋盤があります。
ただ現代風というのか地べたではなくテーブルになってます。

b0330744_22402770.jpg
将棋盤です。
今風にオセロ盤でも良かったかも~

b0330744_22422103.jpg
こちらは囲碁盤
果たしてここで将棋や囲碁をしたことがある人はいるのかな?
恐らくいないのでは?

b0330744_22410654.jpg
有効には使われていないのが残念です(笑)。
今度ここで囲碁将棋大会開けばいいのに!!
b0330744_22433313.jpg
ひとつ前でもこの写真で終わりましたが、
仙奕台と銘打ったのは、良景を見ることが出来るということからでしょう。
まあ橋までいかないと見れませんが。

 水戸市見川 2015年11月




by ta-tanchi | 2019-07-17 08:09 | 街秘境 | Comments(0)

松風軒(水戸)

松風軒、知ってます?
ラーメン屋じゃないよ。

しょーふーけん!
なんだかストツーみたい。

偕楽園公園からほど近いところにあります。
b0330744_22432813.jpg
この東屋に松風軒と書かれているようですが、
読めない!。読めません。
b0330744_00190197.jpg
平成6年に、建設大臣表彰(今は国土交通大臣表彰)の 手づくり郷土(ふるさと)賞 
を受賞しています。

知らないですよね!!
松風軒。
国交省のページ内の紹介はこちら

そのページのコピペ。
見川地区は、水戸市の観光拠点である偕楽園の南に位置する住宅地域である。
「松風軒」は、都市計画道路元台町河和田線の開通により、
徒歩や自転車による通行者が増えたため、
箕川城祉に隣接した眺望のよい位置に、
休息の場を提供するために整備された。

整備にあたっては、
偕楽園に対面する位置にあることから偕楽園にある
仙奕台を模した箕川仙変台(囲碁、将棋の盤石)を設け、
人々が集い、語らう場を提供している。
また、四阿やデッキについては周囲との景観に配慮し、
銅板葺き、木造の和風仕様としている。
完成後は、通行者や散策に訪れる人々の休息や地域のふれあいの場として、
親しまれている。

そうか~親しまれているのか~、そうなのか~。
ググってもほとんど出てこないよ~(笑)。

b0330744_22434092.jpg
全体像。
あ~見たことある!、というものでしょうが、
そんなも表彰もされていたものとは… いうのが一般的な感想でしょう。

b0330744_22460790.jpg
東屋の横のウッドデッキの横に「見川城跡」の石碑。
見川城も併せて攻略しておりますので何れ機会があれば載せますね。

b0330744_22433025.jpg
そのウッドデッキからの眺めはこんな感じです。
展望台として作られたのかはわかりません。

b0330744_22433313.jpg
好文橋の上からだとこんな良い景色です。

コピペしたところに書かれていた「箕川仙奕台」は次回に続きます。

水戸市見川 2015年11月


by ta-tanchi | 2019-07-12 07:20 | 公園 | Comments(0)

ミッドナイトみと号

前にお酒を飲んだ後、
品川発最終「ときわ」で、水戸で降りるはずが、
爆睡し寝過ごしてしまい、終点の勝田で
車掌さんに起こされました。

タクシーで水戸まで帰ってきたのですが、
しょうがないや、ハハハ・・・と言う気持ちと
やっちまった感が交錯したのでした。
酔いも一気に覚めたってやつです。

そんなことがあった後、東京での会合があった帰りは、二の轍を踏みたくない。
と言う思いと、東京の滞在時間が増えると言うことで、

東京駅0時発車の高速バス「ミッドナイトみと号」に乗ってみました。
b0330744_23400003.jpg
普通の高速バスみと号との違いは座席指定である点と、深夜料金設定で
利用区間にかかわらず、片道運賃 大人3,200円です。
石岡や内原で降りてもその値段と言うことです。
b0330744_23400187.jpg
夜行長距離バスに混じって
近距離のバスもちらほらあります。

b0330744_23400135.jpg

バスには、「ミッドナイトみと号」 と言う名前はなく、
普通に「赤塚駅経由 水戸駅」の表記でした。

2席だけ空いた状態の利用率でした。
私は前もって予約してましたが、
曜日によってはギリギリだと席取れない日もあるのかな?
b0330744_23400494.jpg
車内もいたって普通でした。

うたた寝してしたら水戸インターというのもいつもの流れ。
ほとんどの人が石岡や内原では下りず、水戸まで。
赤塚駅で結構降りたという印象でした。
また、水戸駅まで乗車の人も1/3くらい残っていたというのが
特徴的でもありますかね?

東京~水戸 2019年5月

by ta-tanchi | 2019-07-05 08:34 | 道路・鉄道 | Comments(0)

春夏秋冬(水戸)

泉町グルメの旅
界隈をさまよっていてずっと前から気になっていた
「春夏秋冬」に入ってみました。
b0330744_01071677.jpg
この建物の2階が空き店舗でしょうけど、
バブルの匂いを彷彿させる店看板が残ってますが何の店だったのでしょう?
b0330744_01071687.jpg
1時過ぎのランチタイムが一回転した後のマッタリした時間に行きました。
ボリュームのある唐揚げ定食にするか
あじフライ定食にするか迷ってあじフライを頼みました。

b0330744_01071639.jpg
揚げているいい音が聞こえてきます。
しばし待つとやってきました!

店で仕込んでいるようです。
サクサクの衣と、中はフワフワな肉厚のアジ。
そして絶妙な火加減。
b0330744_01071635.jpg
至福の一時です。

夜も来てみたいなあと思った次第でした。

人づてに知ったのですが、
親父さんが旭日双光章叙勲したそうです。
おめでとうございます!
b0330744_01333260.jpg
水戸市泉町 2018年6月

by ta-tanchi | 2019-07-02 07:21 | グルメ | Comments(0)

イシイキヨコのせかい「宇宙散歩2019」

みと・HIKARI・プロジェクト イシイキヨコのせかい「宇宙散歩2019」
が水戸芸術館で明日6月23日まで開催されております。
b0330744_07544218.jpg
空中にある鯨のオブジェには、
プロジェクションマッピング。

b0330744_07543875.jpg
鑑賞者が手をたたいたり、音を立てると、花火様模様が映し出されます。

b0330744_07543801.jpg
また鑑賞者の動きによって反応するオーロラが映し出される
仕様になっています。

b0330744_07544220.jpg
子供も楽しめる展示となってます。
18時までの展示(17時30分までに入場)です。
私が行ったのは17時過ぎでした。

同時開催の水戸市芸術祭が開催されております。
こちらも23日まで。
と言うかこちらが展示のメインでしょう。
b0330744_07543746.jpg
一部写真撮影不可ですが、概ね撮影可能です。

b0330744_07543813.jpg
b0330744_07543899.jpg
行った日は表彰式みたいなのが組まれていて
結構人がいましたけど、
なんとか人のいないカットで撮影できました。

水戸市五軒町 2019年6月


by ta-tanchi | 2019-06-22 08:52 | イベント | Comments(2)

あじさい(保和苑)

保和苑(二十三夜尊)(桂岸寺)では「あじさいまつり」が開催されております。

今が見頃で多くの種類のあじさいが咲き誇っております。
b0330744_10265328.jpg
と書くと、なんだか昨日おととい行ったような書き方ですが、
この写真は2016年、2年前のものです。
(公開せず下書きに埋もれたままでした)

お寺の裏、石畳を進むと、その奥が保和苑です。
b0330744_10304005.jpg
b0330744_10265207.jpg
保和苑には6000株100種類ものあじさいがあるそうですよ。
b0330744_10265203.jpg
白いあじさいはアナベルというアメリカ原産だけどオランダで改良されたもの。
赤いあじさいはスモークツリーと言います。

b0330744_10265737.jpg
高そうなカメラを持った面々が撮影しているので、
邪魔にならないようになんとなく撮影しました。
b0330744_10282064.jpg
明星ヶ池のお堂と、外周路は絵になりそうで絵にならず・・・

b0330744_10265340.jpg
b0330744_10265354.jpg
b0330744_10270235.jpg
無所のため池に向かう道のあじさいは見事です。
b0330744_10270239.jpg
見事なあじさいを撮った反対側には
クジャクの鳥小屋があります。
b0330744_10265892.jpg

保和苑の古には、クマもいたりレジャー施設もあったようで、
娯楽が少なかった昭和中期には、ちょっとした人を呼ぶような
エンターテイメントの場だったようです。

水戸市松本町 2016年6月



by ta-tanchi | 2019-06-21 07:02 | 寺社 | Comments(0)