人気ブログランキング |

みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:水戸下市 ( 28 ) タグの人気記事

下市暗渠 その3


水路を分けて道を歩いて行くと、
朝日町3区のボロボロのバス停があります。
b0330744_22450118.jpg
この写真は来た道を振り返ってみた写真です。

その先に、その2と同じような道路と直角にまっすぐな暗渠があります。
b0330744_21590569.jpg
その2の暗渠よりこちらの方が広く、歩道として機能しているようです。

b0330744_21541730.jpg
なので、こちらは歩いてみました。
b0330744_21541749.jpg
水路の跡として、建物敷地と繋がっていないか、裏口しかありません。
b0330744_21541743.jpg
b0330744_21542685.jpg
結構な長さがあり、階段状になってます。
b0330744_21542668.jpg
新しいコンクリートと古いコンクリートがちょっと不思議。
新しくアパートが建ったからこうなったのでしょうね。
b0330744_22525528.jpg
来た道を振り返るとこんな風です。
暗渠の道。


b0330744_21542627.jpg
階段の上はどうなっているのでしょう。
コンクリートの蓋の水路跡は突き当たりを左に曲がります。
b0330744_21542776.jpg
するとここは、箱型の水路の遺構がわかる状態です。
水路の中は雑草だらけです。
b0330744_21542995.jpg
水路の先は、その2でも見たような個人の宅の車庫に利用されております。
b0330744_22530091.jpg
車庫の先には、栗田緑園があります。
ちょうど崖地の下の湧き水に起因するであろう水辺があります。

今は水は流れていない水路は、ここが水源だったかもしれませんね。

東京地形散歩的なことを紹介するテレビ番組で暗渠が出ますが、
そういう番組見て、水戸にもあるのかな?って思う人がいるのでしょうか?

水戸市朝日町 2016年9月 2017年1月





by ta-tanchi | 2019-07-30 08:18 | 川・水路 | Comments(0)

下市暗渠 その2


朝日町児童公園の交差点までは、コンクリート製の蓋の暗渠でしたが、
交差点から先はアスファルト道路となります。
b0330744_21583314.jpg
が、公園の奥は、カーブの道となり、
水が流れていた遺構がよくわかるポイントとなります。
アスファルト舗装の生に島状に残る、
水路を跨ぐ道路のコンクリートの地面、
b0330744_21583366.jpg
そのコンクリートの先は雑草が生えた雑草が生えた水路跡と続きます。
現在は水が流れておりませんが、
昭和の時代はドブ川として存在していた風景が想像できますね。
b0330744_21583319.jpg
各の家に架かるコンクリート橋。
緩いカーブが水の流れに沿った道なのでしょう。
b0330744_21583320.jpg
しばらく進むと、道路と、水路跡は離れます。
水路の先は

b0330744_17054213.jpg
橋!!

水路に架かる橋が残ってますよ。
b0330744_21583830.jpg
b0330744_21583339.jpg

昔は橋に名前もあったでしょう。今は風景に溶け込んでますが、
ガードレールの欄干橋。
下に空間があります。
この道路は、遡ると、戦前に廃止された水戸電気鉄道の線路跡です。

橋の左側はほぼ直角に曲がって、
暗渠として道路にその遺構が透けて見えますが、
暗渠の先はガレージ。
b0330744_21584464.jpg

ということで、右側の道路に水路跡は続くのかな?
それともまっすぐなのかな?

b0330744_21583794.jpg

これが右側、この先は豚?魚?です。
区割りがすっきりしない場所に、不自然にまっすぐな道が続きます。

ガレージの向こう側がどうなっているかというと・・・
こちらに水路跡が現れました。

b0330744_22225969.jpg

b0330744_21584547.jpg
水路跡剥き出しな所はこの先はありません。
正面の茶色の建物の裏には、
b0330744_22404032.jpg
水路跡があります。
b0330744_21584870.jpg
建物の玄関が面さないがない道があります。
このあたりは1970年過ぎの空中写真を見ると、
田圃だったり、湿地、住宅街が広がりつつある感じになってます。

この道を進みませんが続く。

水戸市朝日町 2017年1月






by ta-tanchi | 2019-07-27 08:21 | 川・水路 | Comments(0)

下市暗渠 その1

備前堀通りを進み、
常陸山橋の手前に「冠水時通行止」の標識があるのが気になりませんか?。
b0330744_21582229.jpg
え?気にならない・・・。
普通はそうかもしれません。
ここに道幅半分の暗渠があります。

ちょうどこの道路、備前堀に面した丁字路
の突き当たり部分には、水門があります。
b0330744_21581538.jpg
元々あった水の流れなのか、備前堀に続く用水路跡なのか知る由がありません。
現在は、道路となっていますが、
道幅半分くらいの暗渠となっています。
b0330744_21582235.jpg
直角に曲がるとこの道路に面して入り口のある家があります。

b0330744_21582225.jpg

b0330744_21582219.jpg
直角に交わる暗渠。と言うよりはの水路跡
そちら側を見ると、
b0330744_21582209.jpg
こちらは道路にはなっていませんが、
水路の幅がある程度あったことがうかがえます。
1970年代の写真では両サイドは田圃でした。

暗渠の道を進みます。

b0330744_21582619.jpg
屋敷神がある家もありますね。
この道路、途中からカーブがあるのですが、
いかにも水路跡っぽい風情があります。

b0330744_21583314.jpg
水戸第三中学校前の道に出ます。
正面に見えるのは、朝日町児童公園です。

この先に水路跡の遺構が・・・つづく。

水戸市浜田町瓦谷町朝日町 2017年1月

by ta-tanchi | 2019-07-25 10:58 | 川・水路 | Comments(0)

宝鏡院不動尊

b0330744_20420202.jpg
写真の通りのさびしい感じの宝鏡院不動尊。
かなり古い時代から場所は違えども存在していたようです。
さかのぼること、
佐竹時代には佐竹氏の祈願所として室町時代中期に太田に建立されました。
佐竹氏が水戸城に移った際に、
現在のお堂のある地から近い杉山に移転してきました。
光圀の時に、寺社整理に伴い、水戸城の鬼門にあたるということで
1666年城外の青柳の地に移されました。

しばらくしてまた杉山の地に戻りましたが、
1706年水戸城の堀を巡らせるため
現在地のあたり、細谷門前へ移転させられたようです。
斉昭の時代1846年には神崎寺へ寄寺とされてしまいました。
b0330744_20420255.jpg
現在は、何時の時代に奉納されたかわからない刀剣と、お堂。


b0330744_20420213.jpg
常陸山の像がある付近の路地が参道なのです。
住宅街の小径にすぎない先にそれはひっそりとあるのです。

水戸市城東 2016年12月


by ta-tanchi | 2019-07-19 07:15 | 寺社 | Comments(0)

吉田神社の枝垂れ桜

子どもの行事の迎えの時間調整で吉田神社に
しだれ桜を見に行きました。
この事期に来るのは初めてで、
天皇陛下御即位奉祝茶会が開催されておりました。

お茶券を購入(奉納)すると、
抹茶が出たようです。
b0330744_21251698.jpg
b0330744_21251135.jpg
曇天でしたので、
ちょっと寂しげな感じだったのは気のせいでしょうか?

b0330744_21251112.jpg

兼務神社の御朱印ビジネスが・・・(^^)
b0330744_21251154.jpg
神社を管理していくためにも、
これは有りでしょう!!

水戸市宮内町 2019年3月31日


by ta-tanchi | 2019-04-01 07:52 | 寺社 | Comments(0)

豚?魚?

ん~、この生物はなんだろう?
b0330744_16162833.jpg
豚?魚?
b0330744_16103022.jpg
b0330744_16103259.jpg
水戸市藤柄町 2017年1月


by ta-tanchi | 2019-03-03 07:53 | 脱力系 | Comments(0)

八坂神社(本町)

浜田小学校の北側の道路を挟んであるのが八坂神社です。
別名天王さんとも呼ばれているようです。。

天王さんということは素戔嗚尊(すさのをのみこと)を祀っているのですね。
b0330744_23390509.jpg
明治8年につくば市玉取にある八坂神社の分霊を祀って下市に出来、
明治14年に現在の地に建立されました。

b0330744_23390581.jpg
神社にはあまり興味がないのですが、
この神社のある十字路は、微妙に路地がずれていることのほうが
興味深いです。
上は東西方向

どうしてこんなふうになったんでしょうね?

b0330744_23555633.jpg
北南方向

備前堀の分流とかも絡んでいるのかな?

水戸市本町 2014年8月


by ta-tanchi | 2018-08-20 07:49 | 寺社 | Comments(0)

横山大観生誕の地

城東小学校の近くの住宅街に、横山大観の銅像と横山大観生誕の地の石碑があります。
b0330744_22453615.jpg
この辺りは武家屋敷が並んでいた地域です。
水戸藩士酒井家の長男として、明治元年1968年2月26日に生まれました。
ちょうど生誕150周年ですね。
なんて書いていて何となく新聞に目をやると、
3月21日の茨城新聞一面がまさにその生誕150周年の記事が書かれてますね。



b0330744_22453588.jpg
幕末の水戸藩は、保守の諸生党によってと改革の天狗党の人間を多数殺したのですが、
大政奉還後立場が入れ違い、
その復讐として諸生党の人々は、天狗党の人々によって襲われてました。

そのため大観の家庭は転居を繰り返したので、この地に居たのは僅かなのでしょう。
b0330744_22453540.jpg
現在はこの住宅地の一角にありますが、
私はその時を見ておりませんが、
ちょっと前までは城東小学校の敷地内にこれらの石碑と銅像はありました。

平成22年2月18日に水戸市の指定文化財に指定されたので、
この時にこの地に移転したのかな?

水戸市城東  2016年3月

by ta-tanchi | 2018-03-24 07:39 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

下市ジャスコ 解体中

3年前の2015年2月15日に下市ジャスコは閉店しました。

b0330744_06584070.jpg
最後はイオン下市店と名前でしたが、水戸市の人は下市ジャスコのほうがしっくりきます。
3階までが商業施設、4,5階が駐車場5階建て

地方商業施設の典型的な廃れ方というのでしょうか、
末期には、食料品売り場の大規模改修しても、上階のテナントの撤退や
商売この地域では厳しいような球数の少ない物品販売。
そして幕を閉じました。


建物は1982年に開業して、商業施設として33年使われしばらく放置されてましたが、
昨年末より解体工事が進んでます。




b0330744_07485915.jpg
AEONの 文字が消えてます・・・

裏側から見ると
b0330744_07485962.jpg
内側に倒れてました。
b0330744_07485931.jpg
b0330744_07485951.jpg
訪問時は正月休みでしめ飾りがありました。

b0330744_07485957.jpg


解体後には食料品スーパーを再度開業したいようですが、
近隣にベニマルとマルトが出来た今、どうでしょうか?
いっそのこと、市民会館にしちゃえば?

2018年1月

by ta-tanchi | 2018-02-15 07:08 | 建物 | Comments(0)

吉田神社の節分祭 2018

ちょっと下市に用事があったので、
帰りに吉田神社の節分に寄ってみました。

いきなり目に飛び込んできたのがこれ。
b0330744_07481025.jpg
笹おかめ という縁起物の販売です。

b0330744_07481193.jpg
この笹は、吉田神社の「縁結びの笹」なのかは分かりませんが、
吉田神社のオリジナルな縁起物なのかなあ?
見ないです。

b0330744_07481097.jpg
ちょうど訪問時は、祈祷の最中でしたが、拝殿に入り切らないくらいの人が・・・
床抜けないかな?なんていらない心配をしてしまいます。
b0330744_07481102.jpg
邪気を払います。


このあと、「すいたんすいこう」がでてきて場をつなぐところで、
八幡宮にも行くのでここまで。
中途半端ですが、今まで行ったことのない節分祭は短時間でしたが新鮮でした。

水戸市宮内町 2018年2月





by ta-tanchi | 2018-02-04 08:13 | 寺社 | Comments(0)