みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

梵珠庵横の道を進む その1

梵珠庵横には、沢渡川緑地の西側を巡る道があります。
知っている人どのくらいるのでしょうか?
b0330744_14540872.jpg

岩間街道側の入り口は石畳と植栽でしっかり整備されております。

進んでみましょう。

歴史館側を見ると、常磐線の小さな鉄橋が見えます。
これは沢渡川ですけど、
なんだか幅が流れに比べ極端に狭いのが気になります。

b0330744_14540830.jpg

そんなのを横目に見ながら進むと、

石畳は100mもたたないうちに途切れ砂利道となります。
立札がありますが字が消えてしまっております。
進んでもいいものなのか?
迷いますが、
b0330744_14540865.jpg


奥には整備された階段がありますので進んでみます。
b0330744_14540807.jpg

階段を上って少し歩くと道は二股に分かれ、
真直ぐ行く道と、また階段で降りる道があります。

b0330744_14540997.jpg


b0330744_14552687.jpg

真直ぐのほうは、落ち葉もたくさん積もっておりますし、
整備されていないようにも見えます。
ということで、

b0330744_14552678.jpg
整備されている階段の方向へ進んでみます。

つづく

水戸市見和 2015年12月

[PR]
# by ta-tanchi | 2018-02-06 08:29 | 公園 | Comments(0)

吉田神社の節分祭 2018

ちょっと下市に用事があったので、
帰りに吉田神社の節分に寄ってみました。

いきなり目に飛び込んできたのがこれ。
b0330744_07481025.jpg
笹おかめ という縁起物の販売です。

b0330744_07481193.jpg
この笹は、吉田神社の「縁結びの笹」なのかは分かりませんが、
吉田神社のオリジナルな縁起物なのかなあ?
見ないです。

b0330744_07481097.jpg
ちょうど訪問時は、祈祷の最中でしたが、拝殿に入り切らないくらいの人が・・・
床抜けないかな?なんていらない心配をしてしまいます。
b0330744_07481102.jpg
邪気を払います。


このあと、「すいたんすいこう」がでてきて場をつなぐところで、
八幡宮にも行くのでここまで。
中途半端ですが、今まで行ったことのない節分祭は短時間でしたが新鮮でした。

水戸市宮内町 2018年2月





[PR]
# by ta-tanchi | 2018-02-04 08:13 | 寺社 | Comments(0)

悲報 南町3丁目サンクス閉店

残念なことに、南町2丁目交差点角にあったサンクスが閉店してしまいました。

2月1日車で通ると、本日最終日と張り出してありました。
b0330744_19072437.jpg
サンクスからファミマになることはなく閉店です。

閉店した翌日、朝方は店内に明かりがついておりましたが、
夕方に通ると、看板も外されておりました。

そして夜に訪問。
b0330744_07035221.jpg
周りの店舗が明るいので暗く感じませんでしたが、寂しいです。
ただし、もっと遅い時間になると明るい店も暗くなり、かなり暗い感じになるでしょう。
b0330744_07035274.jpg
b0330744_07035283.jpg
b0330744_07035263.jpg

個人的には好きなコンビニでした。
またA型サインのイラストが印象的でした。
b0330744_21310544.jpg
b0330744_21310578.jpg
50号線の北側は駅前のセブンイレブンから、
泉町2丁目ローソンまでコンビニがなくなりました。

夜間やらなくてもいいのでコンビニが入ることを期待しております。
ってセブンイレブンも、ローソンも近隣にあるので厳しいでしょうか?


水戸市南町 2016年9月2017年12月2018年2月

[PR]
# by ta-tanchi | 2018-02-03 07:11 | 現存しないもの | Comments(0)

正岡子規の句碑 (梅香)

その大坂町の通りだったの南側の突き当りには、
マンションが現在建っており、
その入り口に正岡子規の句碑があります。
b0330744_00245296.jpg
「この家を 鴨ものぞくや 仙波沼」

これは、子規の友人の菊池謙二郎の実家が水戸のこの地にあったから詠まれた句です。
子規が水戸にやってきたのだが、会えずじまいという結果となってしまいました。


b0330744_00245183.jpg
ところでこの句碑は、マンションで建てたのかな?
だとしたら、そのセンスはすごいですよね・・・

ちなみに、このマンションの敷地はかつて公立学校共済組合の宿泊所「ときわ荘」がありました。

b0330744_00262773.jpg
マンション内には入れないので、
近くの路地から千波湖を眺めてみました。

千波湖結構凍っていて、こういうのって久しぶりですよね。

水戸市梅香 2018年1月、2016年8月




[PR]
# by ta-tanchi | 2018-02-01 07:54 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

測候所坂(気象台坂)

太田街道(国道349号)の金町高架橋ができる前の、
水戸上市の台地と那珂川が流れる台地下を結んでいた坂道です。
前出の、大坂の新道にあたる道です。

さらに新道になる高架橋は平成11年になってできたので、
それまでは長い間この崖を地をへばるような道でした。

今でこそ上りの一方通行で、歩道も整備されましたが、
ここを対面通行でしっかりした歩道はなかったかと思います。
b0330744_02294307.jpg
積雪が1月22日にあり、28日に訪問してみましたが、こんな有様です。
北斜面になるので、
おそらく融雪剤をまいた車道と歩道以外は雪が全く解けておりません。
b0330744_02294324.jpg
現在この坂は、水戸黄門漫遊マラソンで40キロ過ぎて現れるとう・・・
ランナー泣かせの坂になります。
b0330744_02303253.jpg
b0330744_02303212.jpg
坂の由来となった水戸測候所、今は水戸地方気象台 が見えます。

b0330744_02303208.jpg
水戸には数少ない戦前の昭和10年の建物を改修して現在に至ります
b0330744_02303226.jpg
昨夜雪が降って、今朝は家の前の路面が凍結してました。
この気象台坂はきっと恐ろしいことになっているに違いありません・・・。

水戸市北見町 2018年11月28日





[PR]
# by ta-tanchi | 2018-01-30 08:09 | 道路・鉄道 | Comments(0)

大坂町 はとても長かった

前出で大坂を紹介しました。
b0330744_00012770.jpg
かつては、梅香からの直線道路南の崖の突当りから、
水戸二高裏の北の崖の大坂まで、
台地を南北に横断する道が大坂町と名付けられておりました。
江戸時代の半ば?に
大坂のある北ではなく、南端だけの町名となってました。
坂がある位置に町名が残らず、離れ離れっていうのも不思議な感じです。

この南北の通りは、上市から那珂川までの道で、
水運を利用していた時の重要な道でもありましたが、
水運が陸運に負けるようになって
道の往来も南北から東西へと変わってしまったのでした。

また、渡し船で青柳へそして、太田までの街道筋にあたります。


b0330744_00012793.jpg
大坂町の石碑は写真左の赤い看板付近にあります。


南端から勾配が続きます。手持ちのGPSではここから南町2丁目交差点まで5mと高低差があります。
b0330744_00012789.jpg
50号線を境に次の交差点までは緩い下り坂に。


b0330744_00012776.jpg
そしてまた大坂まで登り勾配となります。

b0330744_00012710.jpg
振り返ってみるとこんな感じです。
ちょうど車が通っているところが土地が低いのが分かりやすいかな?

b0330744_00013652.jpg
水戸二高の塀の高さも上り坂でブロックの数が減っていきます。

b0330744_00013676.jpg
大坂前の交差点から振り返ったところ。
この通りがさらに昔の大坂町となります。長いですね。
梅香の始まり部分から坂下までで1キロくらいあります。

また、
台地にも高低差があるのがよくわかりますね。

このユルイだらだら坂に、坂道名がついてもいいような気が・・・
勝手に旧大坂町坂とでも名付けておきます(笑)。

水戸市梅香 南町 大町 2018年1月




[PR]
# by ta-tanchi | 2018-01-29 08:14 | 旧町名 | Comments(0)

大坂 

先日の大雪後、二高裏から根本町に降りる大坂は、
凍結のため通行止となってました。
ました、じゃなくてまだ通行止かもしれません。
b0330744_21382554.jpg
この先の状況が見たい・・・
b0330744_21382505.jpg
ですが、
通行止めですので行くわけにはいきませんので、
過去に撮影したものでこの坂を見ていきましょう。

出だしは緩い坂です。
b0330744_02222516.jpg
カーブで曲がっていくと急坂です。
b0330744_02222596.jpg
一方通行の下り坂です。
ホテルの先で旧太田街道にぶつかりますが、こちらの道のほうが古い道でしょうね。

大坂に続く、上市の一方通行の直線部分の始まる当たりの梅香に、
大坂町という地名が残ります。
もともとは、この坂の始まる二高裏のあたりまで大坂町だったのです。
その辺の話は次回にしましょう。

坂を下りて見上げます。
b0330744_02222668.jpg
この辺りは積雪後、凍結したら暫くは解けないのではないでしょうか?

まずまずな斜度があります。
b0330744_02222638.jpg
この坂全部が一方通行かとおもいきや、
坂終わり付近のホテルの駐車場までは対面通行です。

水戸市北見町 2018年1月、2014年9月

[PR]
# by ta-tanchi | 2018-01-26 07:02 | 道路・鉄道 | Comments(0)