みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

下水道という名の道(姫子) その4

進んでいきましょう。

b0330744_02520967.jpg
この辺りは住宅街の歩道部分として下水道は存在しております。
風景に溶け込む下水道です。


b0330744_02520981.jpg
突き当りを曲がると、また先ほどのような、暗渠道になります。
そして高低差を稼ぐ急坂もあります。
b0330744_02565414.jpg
そして、スーパーのセイブのところとそばの八楽近くに出る抜け道と交差します。

b0330744_02565427.jpg
下水道に対して緩い落込勾配になってます。
b0330744_03044106.jpg
来た道を見ます。
こうやって見ると、もともと水が流れていた頃は水路は結構低い位置にあったのかな?



先に進みます。
b0330744_03044133.jpg
ここだけ見ると普通の住宅街の小道。
b0330744_03044268.jpg
奥に進むと、今まで同様な感じで下水道は続きます。

b0330744_03044271.jpg
児童公園が現れました。

b0330744_03044150.jpg
この公園辺りは、車道としても使われておりますが、
暗渠のコンクリートはくっきり続きます。

下の写真は上の写真の突き当りから来た道を見ます。
b0330744_03083596.jpg
写真だと車は通れないように見えますが、斜めに幅員はあります。

道路はまがり、住宅地を進みます。
b0330744_03083497.jpg
b0330744_03083515.jpg
黄色の車止めが見えました。

b0330744_03094952.jpg
ここで90度曲がってまた暗渠の小径となります。

つづく








[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-28 07:26 | 川・水路 | Comments(0)

下水道という名の道(姫子) その3


道路のちょうど谷になっているところが小川が流れていた場所になります。
姫子の下水道の続きとなります。
b0330744_02421887.jpg
b0330744_02414818.jpg
三角形の建物の右横が下水道です。

都市計画道路の旧道までの車は行き来できない接合部分、
アスファルトのつなぎ目がわかる部分が暗渠でしょう。

b0330744_02485674.jpg
旧道をまたぎ、歩道のようにも見えるコンクリートの道が、民家の裏に消えていきます。

b0330744_02485738.jpg
三角形建物の裏は下水道(暗渠)です。

b0330744_02485798.jpg
暗渠の道は趣がありますね(笑)。

 ずんずん進んでいきます。

b0330744_02494540.jpg
すると、とてもいい雰囲気、暗渠の道のクランクが待っております。
そして勾配を稼ぐ急坂も仕込まれております。
ワクワクするエリアですね(笑)。
b0330744_02494536.jpg
撮影時に人とすれ違ったり犬の散歩している人が前を歩いていたりと、
生活に使われている道です。

b0330744_02494509.jpg
また段差があります。それなりに高低差があるんですよ。


b0330744_02494666.jpg
暗渠につながる私道があるけど暗渠は車は通れません。

また、建物の入り口がないのがこの道の特徴ですね。
b0330744_02494620.jpg
あっても裏口です。

b0330744_02514745.jpg
来た道を振り返ったところ。

b0330744_02520890.jpg
そして駐車場にぶつかります。左に抜ける道と右側に行く道。

b0330744_02520842.jpg
下水道の続きは右側です。

続く

水戸市姫子 2016年10月





[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-26 08:47 | 川・水路 | Comments(0)

下水道という名の道(姫子) その2


最初に横道にそれてしまったので、田圃の横の道のコンクリートの暗渠、
下水道を進んでいきましょう。
b0330744_02331398.jpg
道路は河川のような湾曲を描きますが、
暗渠はアスファルト下に隠れてしまいます。
b0330744_02331309.jpg
少し勾配が強い道を進みます。
右側は左側に比べると地面が高いです。
谷の縁に暗渠を通したという形でしょうか?
b0330744_02405747.jpg
しばらく進むと交差点の先から、趣が変わってきます。

b0330744_02405785.jpg
交差点を過ぎ(左側に行くと、その1で出てきた谷があります)、ちょっと行くと、
小川を埋めて流れに沿った湾曲のあろう、車の通れない道になります。
b0330744_02405796.jpg
突き当りの林は、
梅が丘小学校自然林です。
b0330744_02405792.jpg
自然林と、宅地の駐車場の間を進む下水道。

b0330744_02405720.jpg
下水道が急坂で勾配を稼ぎます

b0330744_02414748.jpg
下水道は、表町から伸びてきた新しい道にぶつかります。

b0330744_02414844.jpg
そして道路の向こう側に下水道が続きます。

b0330744_02414818.jpg
この辺りは谷地形で、
遠巻きに見ると高低差がわかってもらえるかな?
車で走っていて、こういう谷の地形は、水が流れていた場所になりますね。

b0330744_02421887.jpg
続く

水戸市姫子 2016年10月




[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-23 08:14 | 川・水路 | Comments(0)

下水道という名の道(姫子) その1

2015年に水戸芸術館25周年記念事業「カフェ・イン・水戸 R」展のがありました。
その中の関連プログラム「Re MITO100(リミット100)」というプロジェクトがあり、
当ブログでも以前に取り上げました
このプロジェクトのワークショップ時に姫子に、下水道という道がある!!

ということを知りました。そして
ReMITO88「姫子の裏道「下水道」と沢渡川を往く」というその道を歩くイベントもあったのですが、
都合がつかずこちらに参加することができませんでした。

そんな下水道という名の道が気になっての訪問です。

下水道の場所には、嘗て沢渡川にそそぐ小川がありました。
水戸市になる前の河和田村と緑岡村の村境でもあったようです。

後に小川が暗渠化されて、
下に水の流れる道、
下水道と呼ばれるようになったようです。

最初聞いたとき、下水道ってネーミングには正直驚きました。
もともとの小川そのものに固有の名前もあったでしょうに・・・。
なぜ下水道・・・、みたいな・・・

では、巡っていきましょう。

常磐大学近くの交差点近く、
JRバスの「見和町入口」バス停があるところに注ぐ、下水道のもととなった小川からのスタートです。

b0330744_02320905.jpg
谷地に水路が流れてます。

b0330744_02321051.jpg
水が流れておりますが、すでに暗渠化されております

この先は進めないようなので、
水戸第一自動車学校を超えて梅が丘小学校の間の小径を通り、回り道をします。



b0330744_02321039.jpg
先ほどの谷地の続きは、小さいながらも田圃となってました。下流方向を眺めた写真。
暗渠っぽいコンクリートがここから始まります。

そこから振り返った上流方向。

b0330744_02331398.jpg
だいぶ高低差がありますね。
それなりに深い谷地形です。

田圃の横、コンクリートの擁壁横にも水が流れているのかな?

そちら側をまず追います。
b0330744_02331399.jpg
教習所の下から建物の境界。

b0330744_02321073.jpg
ブロック塀と擁壁に囲まれた不思議な空間となってます。
両脇コンクリートの渓谷じゃないですか!!。
グーグルマップでは、水路と描かれております

続く

水戸市姫子 2016年10月



[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-21 07:02 | 川・水路 | Comments(0)

梅香トンネル 南側

2月17日より偕楽園で梅まつりが始まりました。
道路や駐車場前を通りましたが第1週目で、それなりに人出があったように感じました。

いつのころからか、「梅まつり」という、どこにでもある
つまらない名前になってしまいました。

「観梅」
カンバイ
と呼ばれていたんだけど、そのまま観梅のほうが格好いいよねえ~。

「水戸の梅まつり」と
「水戸観梅」。
インスタ映えする字だわ(笑)。

その観梅とは話は変わりますが、
梅つながりで、ちょっと強引ですが梅香トンネル。

水戸の馬の背台地を南北に貫通するトンネルで、
国道349号なんでしょうけど、
トンネル部から上部の市街地からの合流する道のところまでが国道で、
その先は市道扱いなのかな?

b0330744_01292760.jpg
そのトンネルの南側入口には梅が植わってます。
2月17日現在、3分は咲いてます。

だれも見向きもしないですよね。
字の通り、花が咲いて梅が香るトンネルになっていることに気が付いている人は少ないでしょうね。
b0330744_01292794.jpg
入口まで行ってみました。歩道幅は3mとかなり余裕がありますよ。
b0330744_16505050.jpg
トンネルの長さや幅は写真見てね。

b0330744_01291968.jpg
本当は北側も紹介したかったのですが、
撮影した写真がどこかに行ってしまったので南側だけの案内でした。

水戸市梅香 2017年3月


[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-19 07:52 | 道路・鉄道 | Comments(0)

下市ジャスコ 解体中

3年前の2015年2月15日に下市ジャスコは閉店しました。

b0330744_06584070.jpg
最後はイオン下市店と名前でしたが、水戸市の人は下市ジャスコのほうがしっくりきます。
3階までが商業施設、4,5階が駐車場5階建て

地方商業施設の典型的な廃れ方というのでしょうか、
末期には、食料品売り場の大規模改修しても、上階のテナントの撤退や
商売この地域では厳しいような球数の少ない物品販売。
そして幕を閉じました。


建物は1982年に開業して、商業施設として33年使われしばらく放置されてましたが、
昨年末より解体工事が進んでます。




b0330744_07485915.jpg
AEONの 文字が消えてます・・・

裏側から見ると
b0330744_07485962.jpg
内側に倒れてました。
b0330744_07485931.jpg
b0330744_07485951.jpg
訪問時は正月休みでしめ飾りがありました。

b0330744_07485957.jpg


解体後には食料品スーパーを再度開業したいようですが、
近隣にベニマルとマルトが出来た今、どうでしょうか?
いっそのこと、市民会館にしちゃえば?

2018年1月

[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-15 07:08 | 建物 | Comments(0)

住宅街のユニークな石像群

梵珠庵横の道を進んだゴールには褒美がありました!!
b0330744_07401645.jpg
桜が丘団地の奥にあるグリーンタウン桜台集会所には、
ユニークな石像がたくさんあります。

b0330744_07393291.jpg
集会所の建物です。どんな時に使われているのかな?

なぜ故桜台?という疑問もありますが、
桜が丘の奥の戸建ては桜台っていうのかな?わかりません。

では、石像を見ていきましょう。
b0330744_07403214.jpg
こんな感じで、
広くはない土地にたくさん石像が並んでいるといった印象です。

b0330744_07401682.jpg
水が流れるようにしてあるのかな?
b0330744_07401647.jpg
でも、きっと流れることはなさそうですが
見てみたいです。

b0330744_07401661.jpg
鉄棒。
リンボーダンスとかやるのにイイ感じです(笑)。
b0330744_07401767.jpg
テーブル。
ん?高さからしてベンチ?

b0330744_07403167.jpg
タイトルと、作者川井一彦さんのサイン
b0330744_07404940.jpg
こちらは 「ごきんじょ」という作品です。
b0330744_07403165.jpg
集会所にあるだけに、ご近所、それが作品のテーマなのかな?

b0330744_07403166.jpg


b0330744_07403255.jpg
石臼???


そしてごきんじょさんたち。
b0330744_07404914.jpg

b0330744_07404917.jpg

b0330744_07404994.jpg

b0330744_07405087.jpg
ご近所さんが沢山です。

シュールな面白い吹き出しを付けたいですが怒られそうなので止めておきます。



水戸市見和 2015年11月





[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-12 06:27 | 街秘境 | Comments(0)

梵珠庵横の道を進む その3

梵珠庵からつづいてきた道を振り返ります。

崖下沿いを進む道です。散歩する人に遭遇しましたので、
利用者はいるようで安心しました。
b0330744_14562628.jpg
崖下を進んできた道も崖の上に戻る階段となります。

b0330744_14555892.jpg
写真の順番が進んできたものとちょっと異なるかもしれませんが、
進行方向左手、崖側の柵の中にコンクリートの構造物が見えました。
b0330744_14562787.jpg
柵に近づいてみると、コンクリート構造物の先は池になってました。
b0330744_14562797.jpg
これは雨水を一時的に貯める桜ヶ丘団地調整池です。
いつもいっぱいになることもないようなので、コンクリート斜面は苔が生えてました。
b0330744_14562741.jpg
話は戻ります。線路沿いの道と合流します。
b0330744_14562842.jpg
舗装道路で整備されているようですが、振り返ると途中から舗装は終わってます。
b0330744_14565680.jpg
朝だったので犬の散歩をしている人が何人かおりました。
写真はありませんが、そんな横を常磐線が通り抜けていきます。

b0330744_14565712.jpg
舗装路はググッと曲がって坂を上ります。
写真は来た道を見たところです。


b0330744_14565773.jpg
グリーンタウン桜台集会所裏に出ます。

つづく?

水戸市見和 2015年12月




[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-10 06:39 | 公園 | Comments(0)

梵珠庵横の道を進む その2


b0330744_14552678.jpg
前回の続きです。階段を下りていきます。

b0330744_14552609.jpg
降りるとそこには十字路があります。
残念ながら案内がありません。
どちらに進んだらいいのか・・・
b0330744_14552791.jpg
右側は常磐線の線路のほうに向かってます。
b0330744_14552752.jpg
左側は緩い上り坂でどこか通じているようです。

私が選択したのは、真直ぐ行く道です。
b0330744_14555694.jpg
階段を下りてきた道の先の十字路の先も階段になっていたからです。
進んでみましょう。
b0330744_14555673.jpg
落ち葉が積もった下は泥濘もあったりするので、
足元はいいとは言えません。

その泥濘の原因は、崖下からの湧水によって引き起こされております。

b0330744_14555760.jpg

b0330744_14555709.jpg
こういう湧水が谷底を流れる沢渡川の水源になっていたんですね。
現在、この湧水は沢渡川までたどり着くことはできているのかな?
そこまでは確認しませんでした。


水戸市見和 2015年12月

つづく



[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-08 08:16 | 公園 | Comments(0)

梵珠庵横の道を進む その1

梵珠庵横には、沢渡川緑地の西側を巡る道があります。
知っている人どのくらいるのでしょうか?
b0330744_14540872.jpg

岩間街道側の入り口は石畳と植栽でしっかり整備されております。

進んでみましょう。

歴史館側を見ると、常磐線の小さな鉄橋が見えます。
これは沢渡川ですけど、
なんだか幅が流れに比べ極端に狭いのが気になります。

b0330744_14540830.jpg

そんなのを横目に見ながら進むと、

石畳は100mもたたないうちに途切れ砂利道となります。
立札がありますが字が消えてしまっております。
進んでもいいものなのか?
迷いますが、
b0330744_14540865.jpg


奥には整備された階段がありますので進んでみます。
b0330744_14540807.jpg

階段を上って少し歩くと道は二股に分かれ、
真直ぐ行く道と、また階段で降りる道があります。

b0330744_14540997.jpg


b0330744_14552687.jpg

真直ぐのほうは、落ち葉もたくさん積もっておりますし、
整備されていないようにも見えます。
ということで、

b0330744_14552678.jpg
整備されている階段の方向へ進んでみます。

つづく

水戸市見和 2015年12月

[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-06 08:29 | 公園 | Comments(0)