みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:現存しないもの( 23 )

シャッターアート


銀杏坂で見かけたシャッターアート。

なんの店だか知りませんでしたが、
無くなっちゃいましたね。
b0330744_23194550.jpg
芸術館の塔があり、街中が煌びやかな感じですが、
実際の芸術館近辺は暗いです・・・


水戸市三の丸 2016年10月

[PR]
by ta-tanchi | 2018-10-15 07:52 | 現存しないもの | Comments(0)

バザール・ミト が閉店してた

銀杏坂にあったバザール・ミト が閉店してました。
ググっても、ナムチェばかりが出てしまう・・・
b0330744_09431581.jpg
何年くらい店は続いたのかな?40年くらい?

バッタもんB級商品的といっていいのかな?
安いものを多く取り扱っていましたね。


現在の100円ショップのような商品もかぶって売っていたし、
仕方がないのかもしれませんね。

銀杏坂の商店も多くが入れ替わってしまいました。

最近アロマ屋さんの跡に占い屋さん。
東京から上陸!
みたいなチラシが張ってありましたが、
なんか水戸は田舎です、
みたいな失礼な感じがしていただけません(笑)。

水戸市三の丸 2018年4月




[PR]
by ta-tanchi | 2018-05-14 08:25 | 現存しないもの | Comments(0)

丸山淵明堂跡

桜山の護国神社の鳥居前に、
丸山淵明堂跡があります。
「まるやまえんめいどう」と読むのかな?
b0330744_15183706.jpg

石碑だけは目にしますが、書かれている字までは気にしていませんでした。
この小山が丸山です。
緑岡に高枕亭を建てた徳川光圀は、
ここに堂を立て、陶淵明の木造を安置して淵明堂と称しか?


階段が整備され頂上まで行くことができます。
しかし眺望が良いとはお世辞にも言えません。
b0330744_15185930.jpg

てっぺんには何があったのでしょうか?って淵明堂じゃないですか…

b0330744_15190880.jpg


てっぺんには木が生えているだけで、建物の遺構はないですが
中腹にある礎は何のものだったんでしょうか?

b0330744_15192256.jpg


水戸市見川 2014年8月

[PR]
by ta-tanchi | 2018-03-12 08:21 | 現存しないもの | Comments(0)

悲報 南町3丁目サンクス閉店

残念なことに、南町2丁目交差点角にあったサンクスが閉店してしまいました。

2月1日車で通ると、本日最終日と張り出してありました。
b0330744_19072437.jpg
サンクスからファミマになることはなく閉店です。

閉店した翌日、朝方は店内に明かりがついておりましたが、
夕方に通ると、看板も外されておりました。

そして夜に訪問。
b0330744_07035221.jpg
周りの店舗が明るいので暗く感じませんでしたが、寂しいです。
ただし、もっと遅い時間になると明るい店も暗くなり、かなり暗い感じになるでしょう。
b0330744_07035274.jpg
b0330744_07035283.jpg
b0330744_07035263.jpg

個人的には好きなコンビニでした。
またA型サインのイラストが印象的でした。
b0330744_21310544.jpg
b0330744_21310578.jpg
50号線の北側は駅前のセブンイレブンから、
泉町2丁目ローソンまでコンビニがなくなりました。

夜間やらなくてもいいのでコンビニが入ることを期待しております。
ってセブンイレブンも、ローソンも近隣にあるので厳しいでしょうか?


水戸市南町 2016年9月2017年12月2018年2月

[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-03 07:11 | 現存しないもの | Comments(0)

吉沼磔場は本当にここなのか?

吉沼磔場は本当にここなのか?
と書いておきながら、
そもそも磔場があったのかは知りません。
「水府異聞」に書かれている言い伝えしか情報を得れるものがありません。

b0330744_23285229.jpg
水府異聞読んで、ああそうなんだ~、ここ磔場なのねって思っていて訪問したんですが、
行ってみるとなんだか違和感・・・・

わざわざ土壇場と呼ばれた「死者を埋める土地」があって、
磔場があったならば、わざわざ橋を渡ってそのような施設を作るのかな?


江戸時代、橋といっても街道筋でもない橋ですから粗末な橋でしょう?
川で対峙したものをわざわざ作るものなのでしょうか?

そもそも、江戸時代の橋の位置が違ったのであればここって違うんじゃないの?

渋井町緑地石碑に磔場のことは書かれておりませんので
磔場が本当にあったのかわかりません。
だから無かったのかもです。

この地のことを考えるとますます違和感が増していきます。


行ってみてわかったのですが、そもそも客土されているので
田んぼに利用できない土地でタダ放置されているだけと思われます。
そう考えるとこの土地、磔場ではない。

b0330744_23230564.jpg
河川改修された新川。ということでさらに次回に続きまず。


b0330744_23285364.jpg

水戸市渋井町 吉沼町 西大野 2015年9月 2016年6月




[PR]
by ta-tanchi | 2017-07-26 07:12 | 現存しないもの | Comments(0)

サントピア 解体進行中

サントピアの解体が随分進行しました。
中を伺うことはできないのだろうと思っていたところ、
たまたま解体産廃物を運ぶ車が出て中が見えました。
b0330744_22480072.jpg
上記写真翌日に裏側を通ってみると
フェンス越しに見ることが出来ました。
b0330744_22474646.jpg
入り口側の特徴的な飾りが残っているのが意外でした。

b0330744_22474749.jpg
水戸市南町 2016年12月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-12-08 08:40 | 現存しないもの | Comments(0)

水戸城跡発掘調査中 その後

今朝の二中前の道路です。
発掘調査後の工事まだしてました。
b0330744_22482158.jpg
昨日書いた記事と同じ場所です。
発掘調査が終わって、
地中に電線埋入してあとは現況回復へ。

「美しい街並み景観を創造する道をつくっています」
だってさ~。
b0330744_22482346.jpg

それから

付属小の校門も白壁に直す工事してました。

b0330744_23032243.jpg
コチラの写真は11月のものです。



水戸市三の丸 2016年12月





[PR]
by ta-tanchi | 2016-12-04 23:09 | 現存しないもの | Comments(2)

水戸城跡発掘調査中

去年も水戸城二の丸にあたる二中と三高の間の道路の発掘の様子
記事にしましたが、
また違う部分を引き続き発掘調査を行っているのを見かけました。

b0330744_08524412.jpg
逆光でわかりにくいですかね?
b0330744_08524344.jpg
道路の下の発掘です。
ブルーシートの下から江戸時代の道路の遺構が顔をのぞかせております。
b0330744_08524526.jpg

b0330744_08524566.jpg
これを書いている現在はもう埋められております。
歴史的景観整備と称した偽物の景観白壁をつくるより、
こちらの道路をしっかりと復元なり、見せたほうが
歴史的だと思うのですよねえ・・・

水戸市三の丸 2016年8月





[PR]
by ta-tanchi | 2016-12-03 02:06 | 現存しないもの | Comments(0)

水戸市民プール 解体中

以前に、東町体育館が解体されていたという記事を載せました。
そちらは解体されていることすら知りませんでした。
今回は市民プール。
こちらは知人が今解体作業中だよ~
って言ってたのでちらっと見てまいりました。
b0330744_10412674.jpg
プールの周りに囲いが出来て、そこに重機が入ってました。
特徴的な飛び込み台も無くなってしまうでしょう。
ってもうすでに解体されてしまっているかもしれません。

水戸市市民プールは、
昭和49年に茨城で開催された第29回国民体育大会の水泳の会場として
整備されました。

そして先の震災以降使用されなくなりました。
もうこれに代わるプールは作らないでしょうね。

私の子どもの時は、親に連れて行ってもらいましたが、
私が自分の子どもを連れていくとはできません。
b0330744_10412638.jpg
この入り口から入って、ロッカーで着替えてプールへ。
そんな思い出のある方はたくさんいるのではないでしょうか?

b0330744_10412660.jpg
中に入ることはできませんが、
手を伸ばしてプールを撮影しました。
b0330744_10412680.jpg
温水プールは残るようです。

ちなみに、2019年、あと3年後に第74回国民体育大会が茨城で開催されます。

水戸市青柳町 2016年8月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-08-21 23:10 | 現存しないもの | Comments(0)

偕楽園下の踏切跡の道路

今の千波湖と偕楽園を結ぶ歩道橋の下あたりには、
踏切がありました。
備前町下の梅戸橋が完成するまでは、
偕楽園下の踏切を渡って神崎寺前を通り大工町に抜けておりました。
b0330744_01165111.jpg
国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス1974/12/31撮影 
の写真の右下中付近、にありましたが廃止されてかなりの年月が経っているかと思います。

現在線路に遺構は無いようですが、面影は残ります。
現在は建物が無いですが赤い屋根とか緑の屋根の建物がありますね。
その付近が下の写真です。
b0330744_21422091.jpg
現在の道路より一段低いところにある道が、
どうやら昔の街道筋なのでしょう。

b0330744_21422572.jpg

b0330744_23463419.jpg

線路と道路の間の整地付近に踏切がったと思われます。
ここから軌陸車が入れるようになっているようです。
b0330744_21423738.jpg
分かりにくい写真ですが、偕楽園側から見たものです。

水戸市常磐町 2015年5月





[PR]
by ta-tanchi | 2016-07-28 08:51 | 現存しないもの | Comments(0)