みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:道路・鉄道( 80 )

歩けない歩道


おそらく水戸市内でも多々見られる光景でしょう。
b0330744_22572883.jpg
歩く人がいないからいいのかな?

水戸市 2016年3月


[PR]
by ta-tanchi | 2018-07-21 07:28 | 道路・鉄道 | Comments(0)

大手橋から二中側への通り抜けが一時的に解除(自転車)

3月から4月にかけて、
大手門復元工事で通れなくなった道路が、
一時的にでしょうけど、階段を通ることなく通れるようになってました。
b0330744_09411508.jpg

自転車も降りて押して通ることができます。

b0330744_09431167.jpg

門の復元工事の兼ね合いでしょうかね?
迂回する階段には登れないようになってました。
b0330744_09415820.jpg

付属小側
b0330744_09415893.jpg

水戸二中側
b0330744_09411517.jpg

桜が咲いているころの訪問なので、今はどうなっているかはわかりません。
壁が白く光っているのはやはり変だなあ~。

そういえば、付属小前にロータリー作るような話もウェブで見たことがありますが、
どうなったのかしら?

水戸市三の丸  2018年4月







[PR]
by ta-tanchi | 2018-05-08 08:38 | 道路・鉄道 | Comments(0)

茨城交通の1番(系統)のバスは紛らわしい!!

茨城交通のバスには、行先によって系統番号が割り振られております。
例えば11番であれば、水戸駅=新原=茨大
   12番であれば、水戸駅=栄町=茨大
   3番であれば、水戸駅=日赤=城東=若宮団地 などです。

1番であれば水戸駅=赤塚駅北口=河和田団地 ですね。
これはずっと水戸に住んでいてバスを利用している人であれば、
そうだよね~と頷いておられると思います。

ところがですね、
2010年に、茨城交通の子会社であった赤バスで名が通っていた茨城オートが
茨城交通になりました。

茨城オートにも1番系統のバスが存在します。
茨城オート、茨城交通ともに1番を行先幕に表示するバスがあり、
行先も異なるまま、
なんとそのまましれーっと引き継がれてしまいました。

観察すると、茨城交通は□1 、 元茨城オートは〇1と表記されております。

ただし茨城交通内では□1は 「しかくいち」とは呼ばないで「まるいち」と呼ぶようです。

元茨城オートの1番は 水戸駅北口に行くバスに1が付くようです。
ということは水戸駅北口発着の元茨城オートの路線には、
すべて〇1が付くということですね。
水戸駅始発の茨城オートだったバス路線に乗る機会が何度かあって、
やはり、〇1とついていても行き先がバラバラ。
友部駅行と桜川車庫行ともに〇1。
分かりにくいです。

系統番号は早く統一してほしいです。
b0330744_01004962.jpg

ちょっと前の写真ですが、赤いバスで □1で河和田団地行き。
一瞬あれ?と思いました。
紛らわしい…。



b0330744_01505998.jpg


b0330744_01400019.jpg
11番 新原茨大 なんだか変な感じ・・・

水戸駅で〇1の 茨城交通カラーの茨城オート路線のバス。
b0330744_01400182.jpg
桜川車庫行です。
桜川車庫行は□3というのがもともとの茨城交通のバスの番号です。
経由が違うとはいえ、紛らわしいです。
もう何年もこのままです。いいのでしょうか?

b0330744_01400142.jpg
奥に停車しているバスは実は、□1の河和田団地行き

b0330744_01511396.jpg
拡大してみた写真。わかりにくいですね。
b0330744_01511292.jpg
□1と〇1の並んだ写真をとりたいのですが、なかなか実現しません。
が、ようやくその時が来ました。
でも、どちらも水戸駅方面へでした。
b0330744_01114750.jpg
写真では、LEDの表示がつぶれてしまって残念です。

赤いバスのカラーも減ったのかな?最近あまり見なくなったような気もします。

最後に述べておきますが、バスマニアではないので、
細かいこと突っ込まれてもわかりませんと断っておきます。

先日〇2のバスを、千波湖横の道路で見ました。
運転中でしたので写真はありません。
水戸駅南口行でした。
〇2は南口行なんですね。
なんだかな~。

バスの行き先番号はこのままなんでしょうか?


2015年12月 2016年1月5月10月 2017年10月



[PR]
by ta-tanchi | 2018-04-14 08:48 | 道路・鉄道 | Comments(0)

梅香トンネル 南側

2月17日より偕楽園で梅まつりが始まりました。
道路や駐車場前を通りましたが第1週目で、それなりに人出があったように感じました。

いつのころからか、「梅まつり」という、どこにでもある
つまらない名前になってしまいました。

「観梅」
カンバイ
と呼ばれていたんだけど、そのまま観梅のほうが格好いいよねえ~。

「水戸の梅まつり」と
「水戸観梅」。
インスタ映えする字だわ(笑)。

その観梅とは話は変わりますが、
梅つながりで、ちょっと強引ですが梅香トンネル。

水戸の馬の背台地を南北に貫通するトンネルで、
国道349号なんでしょうけど、
トンネル部から上部の市街地からの合流する道のところまでが国道で、
その先は市道扱いなのかな?

b0330744_01292760.jpg
そのトンネルの南側入口には梅が植わってます。
2月17日現在、3分は咲いてます。

だれも見向きもしないですよね。
字の通り、花が咲いて梅が香るトンネルになっていることに気が付いている人は少ないでしょうね。
b0330744_01292794.jpg
入口まで行ってみました。歩道幅は3mとかなり余裕がありますよ。
b0330744_16505050.jpg
トンネルの長さや幅は写真見てね。

b0330744_01291968.jpg
本当は北側も紹介したかったのですが、
撮影した写真がどこかに行ってしまったので南側だけの案内でした。

水戸市梅香 2017年3月


[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-19 07:52 | 道路・鉄道 | Comments(0)

測候所坂(気象台坂)

太田街道(国道349号)の金町高架橋ができる前の、
水戸上市の台地と那珂川が流れる台地下を結んでいた坂道です。
前出の、大坂の新道にあたる道です。

さらに新道になる高架橋は平成11年になってできたので、
それまでは長い間この崖を地をへばるような道でした。

今でこそ上りの一方通行で、歩道も整備されましたが、
ここを対面通行でしっかりした歩道はなかったかと思います。
b0330744_02294307.jpg
積雪が1月22日にあり、28日に訪問してみましたが、こんな有様です。
北斜面になるので、
おそらく融雪剤をまいた車道と歩道以外は雪が全く解けておりません。
b0330744_02294324.jpg
現在この坂は、水戸黄門漫遊マラソンで40キロ過ぎて現れるとう・・・
ランナー泣かせの坂になります。
b0330744_02303253.jpg
b0330744_02303212.jpg
坂の由来となった水戸測候所、今は水戸地方気象台 が見えます。

b0330744_02303208.jpg
水戸には数少ない戦前の昭和10年の建物を改修して現在に至ります
b0330744_02303226.jpg
昨夜雪が降って、今朝は家の前の路面が凍結してました。
この気象台坂はきっと恐ろしいことになっているに違いありません・・・。

水戸市北見町 2018年11月28日





[PR]
by ta-tanchi | 2018-01-30 08:09 | 道路・鉄道 | Comments(0)

大坂 

先日の大雪後、二高裏から根本町に降りる大坂は、
凍結のため通行止となってました。
ました、じゃなくてまだ通行止かもしれません。
b0330744_21382554.jpg
この先の状況が見たい・・・
b0330744_21382505.jpg
ですが、
通行止めですので行くわけにはいきませんので、
過去に撮影したものでこの坂を見ていきましょう。

出だしは緩い坂です。
b0330744_02222516.jpg
カーブで曲がっていくと急坂です。
b0330744_02222596.jpg
一方通行の下り坂です。
ホテルの先で旧太田街道にぶつかりますが、こちらの道のほうが古い道でしょうね。

大坂に続く、上市の一方通行の直線部分の始まる当たりの梅香に、
大坂町という地名が残ります。
もともとは、この坂の始まる二高裏のあたりまで大坂町だったのです。
その辺の話は次回にしましょう。

坂を下りて見上げます。
b0330744_02222668.jpg
この辺りは積雪後、凍結したら暫くは解けないのではないでしょうか?

まずまずな斜度があります。
b0330744_02222638.jpg
この坂全部が一方通行かとおもいきや、
坂終わり付近のホテルの駐車場までは対面通行です。

水戸市北見町 2018年1月、2014年9月

[PR]
by ta-tanchi | 2018-01-26 07:02 | 道路・鉄道 | Comments(0)

湾曲

見ての通りです。
珍しくはないでしょうが…。
b0330744_00522855.jpg
水戸市泉町 2017年6月




[PR]
by ta-tanchi | 2018-01-20 08:17 | 道路・鉄道 | Comments(0)

はみ出しはよくないね

だからなんでこんな止まり方になるの???
おかしいですよね。
b0330744_00325008.jpg
バスだけですよ。こんな止まり方しているの。
ゆっくり走ってきてここに停車。

スピード出していて仮に停車したとしても、
そういう予測運転ってどうなの?

これはもう、停止線とか意識していないとしか言えませんよね。
すべてのバスがそうだというわけじゃないですよ。
もちろん安全に運転している人のほうが多いに決まってます。

b0330744_01384845.jpg
いつも撮影してやろう!と構えているわけじゃないので、
もっともっと見かけているわけです。

これが街中で起こっていることの現実です。

以前、とあるバス会社さんの偉い人と話をできる機会がありましたので、
お話してみました。

安全運転をするよう運転士の皆に伝えるとのことでした。
なんだかそれ以降は減ったようにも感じます。
新年早々、街中でパトカーもこんな止まり方していたのを見かけて、
がっかりしました。運転していたので写真はありません。

水戸ルールなのか????

前も書いてますが、

茨城県の交通マナー悪い悪いってよく言われますが、
公共機関やそれを取り仕切るのがこれでは、良くなるわけがありません。

水戸の街、茨城県を良くしよう!
良く見せようと思うのであれば、こういうところから気を使っていかない限り、良くならないですよね??
これが本当のおもてなしだと思うのですが…。

こういうところから正していかなければならないのでは?
魅力度あげましょうよ。

皆さん、どう思いますか?


2015年11月 2016年11月






[PR]
by ta-tanchi | 2018-01-11 08:41 | 道路・鉄道 | Comments(0)

銀杏坂の黄葉 2017

銀杏坂にある大銀杏は、ライトアップされているのですね。
今までもきっとしていたのでしょうけどノーチェックでした。
b0330744_07290255.jpg
b0330744_07290258.jpg
b0330744_07290263.jpg
銀杏坂の銀杏って不思議で、
郵便局側ではもう銀杏は散っていて、下のほうは今が見頃。
黄葉が変わるほどそこまで高低差ないよ~。
不思議です。

水戸市三の丸 宮町 2017年11月





[PR]
by ta-tanchi | 2017-12-01 16:59 | 道路・鉄道 | Comments(0)

滝下橋の由来ってなんだろう? 

滝下橋。
市道見川116号、桜川に架かる橋です。
市道番号言われても・・・どこだかわからないですよねえ。
桜山から見川神社前を通って小吹に向かう道の桜川に架かる橋の名前です。
この記事書きかけで、信号待ちで市内のバス見てたら
どこ行きかは忘れましたが、バスの経由地に滝下橋と書いてあるのありますね。
メジャーな場所なのかな?
b0330744_23254062.jpg

b0330744_00285103.jpg

桜川は河川改修が行われて、川幅も広く大水になったときの遊水地が広がっております。

下の写真は、下流方向で水量が増えたら流れ込むようになっております。
写真はパノラマ合成です。

b0330744_23271621.jpg

この一帯は桜川緑地と呼ぶようです。

上流側は河川改修でまっすぐ伸びております。
ちなみに千波湖からここまでは歩道(自転車道)が整備されております。
高校生がイヤホンをしながら自転車を結構飛ばして通るので、
ちょっと危ない感じがあります。
b0330744_23250908.jpg

というところにある橋の名前の由来が分かりません。
滝下橋
滝なんて近くにないようですし・・・
昔は滝があったのでしょうか?
それとも滝が近くにあって私が知らないだけなのかな?

と、書きかけでしばらく下書きとして置いときました。

先日、その滝と思われるものがわかりました。

つづく


水戸市見川 2016年4月


[PR]
by ta-tanchi | 2017-10-01 07:03 | 道路・鉄道 | Comments(0)