人気ブログランキング |

みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:イベント( 47 )

茨城ロボッツ アダストリアみとアリーナ開館記念試合

東町体育館が新築され、
アダストリアみとアリーナとして開館。2019年4月6日、
アダストリアみとアリーナ開館記念試合として、
B.LEAGUEの茨城ロボッツと、
首位の群馬グレインサンダーズが試合をしました。

初日とあって、多くの人が来場してました。
b0330744_23465154.jpg
入場するのに長い列ができてました。

広いです。約50年前にできた青柳体育館と比べると
洗練された座席と館内です。

オープニングは、ロボッツチアダンススクール生の踊りで始まり、
その後、
そして迫力ある光と映像の特別演出が用意されてました。
b0330744_23511109.jpg
アダストリア、知事、市長の挨拶がありました。
b0330744_23511286.jpg
国歌斉唱は、水戸出身のオペラ歌手の庄司奈穗子さん。
ちょっとしたハプニングもありましたが、心地よい歌声でした!!

試合が始まりました。
群馬グレインサンダーズの3ポイントシュートの精度が良く、
いきなり第一クオーターで7-18と離されてしまいます。
b0330744_23511270.jpg
タイムときはRDTの素敵な笑顔に癒やされます。
b0330744_23511486.jpg
ハーフタイムでは点差はありましたが、
後半になると、怒濤の追い上げを見せる茨城ロボッツ。
b0330744_23551583.jpg
一度69-65と大逆転で、
スタジアム内もすごい熱気に包まれました。
b0330744_23551612.jpg
b0330744_23551643.jpg
来場者数も5041人と新記録となりました。
商工会関係で招待された人も多かったようです。
私は、チケット購入したのが遅かったので、
座りたかったエリアの席には座れませんでした。
b0330744_23551682.jpg
同点で第4クオーターが終わりました。
試合がこれで終わりと思ってましたが、延長戦がありました。
b0330744_23551645.jpg
延長戦は、群馬の猛攻に耐えきれませんでした。
群馬は強かった!。
パス、3ポイントシュートの精度はさすがに1位のチームでした。

今週末は最終節です。

水戸市緑町





by ta-tanchi | 2019-04-18 07:04 | イベント | Comments(0)

「水戸城遥かなり」は3月17日まで

水戸市立博物館では、明治維新150周年記念事業
特別展 水戸城遥かなり
が2月10日から3月17日まで開催されてます。
b0330744_01052826.jpg
写真撮影はしちゃいけないようなのでありません。

で、図録買いました。
図録の内容なら紹介してもいいかと思いましたが、
出す義理もないので・・・。

というか、
図録かっこいいのですが、
中の写真もっと大きくしてほしいなあ~

というか、
初めての総合的な水戸城展
ってことだったのですが、常設でも良くない?

というか、
特別展として
ちょっと内容的には物足りなくもないような・・・

というか、
特別展として
展示日数が少ないのでは・・・?

で何が言いたいかというと、
集客が一番見込める、
観梅(梅まつり)中にも関わらず、
3月17日で終了・・・
なんてお役所仕事なんだ・・・

春休みまでやればいいのにと思うのですが、
年度末とか関係あるんでしょうか?


ま、終わってしまうので興味のある方は週末で終わりなので、
行ってみてはいかがでしょうか?

水戸市大町 2019年3月




by ta-tanchi | 2019-03-13 06:30 | イベント | Comments(0)

アド街ック天国 水戸 で出たところ

アド街ック天国、2019年2月23日の放送は、水戸でした。
ちなみに前回水戸が放送されたのは震災前のこのころでした。

放送された場所で、
「みとぶら」内で出てきた場所も何か所かありますのでまとめてみました。
発表された順としますので、20位から載せますね。
青色表示は、タグ付けしてある記事なのでタグのリンクへ飛びます。

20位 県立歴史館 

旧水海道小学校のスタンウェイのピアノが紹介されてました。
が、みとぶら始めてからの訪問をしていないので何れ行きたいと思います…。
季節のいい時の蓮池や黄葉も紹介してほしかったなあと…

19位 けんちんそば 

みかわ 水戸駅立ち食い 黄門そば が紹介されてましたが、紹介していませんので、
けんちんそばが出てくる記事はのだて屋さんを。

18位 タベルナハンバーグ

ん~行ったことがありません…。

17位 梅スイーツ

東門の売店 五條 が紹介されてましたが、ありません。
五條さんの、食べたことはあります(笑)。

16位 水戸城跡

 薬医門 大手門復元中 などが紹介されてました。
大手門はだいぶ出来上がっていますが出来る前のものの紹介です。


15位 東照宮 常磐神社

 安神車 義烈館 が紹介されました。
 みとぶらでも何れ紹介したいと思いますが何時になるでしょうか?


14位 グルービー 

 海賊スパゲティー ドレッシング が紹介されていました。
 食べたことありますが、いろいろなメニューがあるので行くたびに違うものを注文してしまう…


 塔や、コンサートホール、パイプオルガンなどが紹介されてました。
 こちらで紹介するのは一味違う水戸芸術館をリンクしておきました。

12位 茨城スタミナラーメン 松五郎

 目の前は通るのですが、入ったことがありません。

11位 ヒット作の舞台 

 七ツ洞公園 芦山浄水場の紹介。七ツ洞公園は久しく行っておりません。
 芦山浄水場は、カメラを止めるながヒットして、当ブログでも紹介しているので、
 一時期訪問者数が増えたのでした。
10位 水戸の梅まつり

 みとぶらで、昼の梅まつりの写真は紹介していない様子です。
 今日現在まだ咲き誇ってはないですね。


9位  鰻の名店 

 鰻亭三が紹介されておりました。久しく行っていないので、誕生日二でも連れて行ってもらおうかな?


8位  千波公園

 番組内では軽い紹介でスルーされました。

7位  徳川ミュージアム

 燭台切光忠が紹介されてました。
 実は行ったことがないので、行ってみようかな?

6位  水府提灯

 鈴木茂兵衛米商店にイノッチが訪問して絵付けしてました。
 お店に行ったことはありませんが、黄門まつりでリリーで展示してあったのを見たことがあります。

5位  あんこう鍋

 山翠が紹介されてました。久しく外食であんこう鍋を食べておりません。

4位  弘道館

 大日本史の話とか出てました。
 みとぶらで弘道館の紹介記事がありませんね・・・。
 
3位  納豆

 納豆のお土産の話がありました。駅の売店や、笹沼五郎の藁つと納豆が出てました。
 納豆の記事は、水戸じゃないやつですが…
 
2位  水戸黄門

 水戸市内には8つの水戸黄門像があります。

1位  偕楽園

 表門から入る話をしてました。水戸黄門メニューの焼肉とかも紹介してました。
好文亭からの眺めも出てましたが、冬のさびしい景色だったので、
歴史館同様にいい季節のものを映してほしかったな~。
個人的にはまあまあ妥当かなあという内容でした。

2019年版

2011年版



by ta-tanchi | 2019-02-24 15:06 | イベント | Comments(0)

水戸“市”、発掘。~遺跡からみた水戸の近現代~ 展

明治維新150年記念水戸市埋蔵文化財センター企画展
「水戸“市”、発掘。~遺跡からみた水戸の近現代~」
が大串にある埋蔵文化財センターで2月24日まで開催されております。
去年は、遺跡でブラタモリの展示を見に来ました。
b0330744_01130031.jpg

中に入ると、ミニ展示として 「水戸の発掘調査速報2017」があり、
最新の発掘物を見ることができます。最新といっても出てくるものは古いわけですが・・・。
b0330744_01130009.jpg


常設展の奥に、企画展があります。
b0330744_01130091.jpg

大きな展示ではありませんが、意外と見ごたえがありました。
b0330744_01130812.jpg

b0330744_01130833.jpg
七面焼(偕楽園横の常盤神社の参道横にひっそりと石碑あり)の展示。
b0330744_01130817.jpg
レンガの積み方のパネル。
いろいろな様式がありますね。
b0330744_01130846.jpg
レンガには刻印があり、製造元が異なるようですよ。
b0330744_01131386.jpg
笠原水道発掘時に出てきた、明治以降の笠原水道に埋設された土管。
b0330744_01131406.jpg
今の水門橋になる前の橋の飾り。
b0330744_01131434.jpg
水戸市内で発掘される遺物で一番多いのがガラス瓶だそうです。
そういえば、記憶が正しければですが、幼稚園生のころ、
専売公社、今のでかいマンションが建っている裏のあたりのあたりには
薬瓶や、注射器なんかが捨ててあったような記憶があります。
専売公社の前は病院だったんですよね。そのころのものが捨ててあったのかしら?
b0330744_01131959.jpg
それから歯ブラシ。でかい毛先です。
いつぐらいまでこんなにおっきかったんでしょうかね?
b0330744_01131947.jpg
瀬戸物に企業名のついたものも。
興味が尽きません。

b0330744_01131998.jpg
個人的には、弘道館のテニスコートのネットの支柱があったのにはびっくりです。
震災後テニスコートは仮設庁舎があったりした時期もあり、
現在はテニスコートではなく荒地になってます。
その時に支柱を抜いたのでしょうね。
この展示を見る前にちょうど家族で弘道館に行ったのです。
戦前生まれの父が、中学校に通う際にテニスをよくしていたのを見たんだけど、
今じゃ荒地で有効に使われていないのは残念だという話をしてたばかりだったのです。
テニスコートは、進駐軍が作ったようですよ。
私も中学校に通ってた頃もテニスやっていたのを見ましたが、
てっきり県庁職員の娯楽設備だと思っていました。
b0330744_01131994.jpg
そのほか、今の付属小学校の地にあった師範学校に関するものも展示してありました。



by ta-tanchi | 2019-02-03 09:09 | イベント | Comments(0)

霧の抵抗 中谷芙二子 展

先日、ブルーライトアップイベント 霧の彫刻と水戸芸術館2018
を紹介しました。
その人は別日に、芸術館で行われている
「霧の抵抗 中谷芙二子」展を見てきました。
ちなみに、展示は1月20日まで開催際されております。
b0330744_00002320.jpg
「霧の抵抗 中谷芙二子」展が開催される前に、
たまたま、芸術館広場の霧の彫刻の試験を見ました。
仮面ライダーの撮影の準備か?とも思っていたのですが、
それとは違って、それが次の展示に関することだと知ったのは、
展示が始まってからなのでした。
b0330744_00003374.jpg

見に行くと、人口霧を使った芸術作品の映像展示で始まります。
映像見ても正直ピンとこなかったです。
そんな映像をを見ながら奥に進みます。

最初の霧作品は、1970年に開かれた
大阪万博のペプシ館で、その展示や写真もあります。
丁度昨日、次の万博が大阪に決まりましたね。
他にもいろいろなところで開催した場所が紹介されてます。

そしてその奥には、
館内でも霧を使った展示上映があります。
ただ、すぐには見れず、その次の展示上映を見るべく整理券をもらって、
いったん外に出ました。

b0330744_00005024.jpg

いったん出たところで、芸術館広場で、人口霧の霧の彫刻をみます。
下で見ると霧の中に包まれてしまって楽しいのですが、
鑑賞というとちょっと違うよな~という感じが私にはしました。
ということで、
ちょっと違う角度でも見てみようと、デッキの上から見てみました。
なんだかいい感じでしたよ!!
館内はいってすぐの映像も、再度入場してみると
最初見たフィーリングとは異なって見えました。

b0330744_00003246.jpg
水場の石の上から見るとこんな感じです。
悪くないですが、あまり顔を出しすぎていると、
正面から撮影している方に悪いのですね。

b0330744_00010628.jpg
ついでに霧発生装置。

b0330744_00003244.jpg
ぷしゅ~と霧が出てきます。
霧の広がる感じが、
よく密室に毒ガスや睡眠ガスを放出するドラマやら映画の
ワンシーンみたいです。

b0330744_00003326.jpg
霧の中から芸術館のタワーを撮影することに成功しました!!。
天然のものとの違いがありますがそれはそれでよしです。

再度、館内に戻り、霧作品を見ます。
ここだけは写真撮影可能でした。
b0330744_00002305.jpg
最初の写真はここでのものです。
b0330744_00002318.jpg
スクリーンに映し出される鳥と霧の織り成す作品は
今まで見たことのない幻想的なものでした。

霧の作品の他、
テレックスで東京とニューヨークなどの都市を結び、
質問をしたり回答をしたりする仕掛けや、
ビデオを用いた作品などが展示してありました。

水戸市五軒町 2018年11月



by ta-tanchi | 2018-11-25 06:41 | イベント | Comments(0)

ブルーライトアップと霧の彫刻(天然バージョン)

b0330744_08503710.jpg

昨日は、芸術館広場の霧パフォーマンスとブルーライトアップの様子を載せました。

今日からは糖尿病デー啓蒙のブルーライトアップではなく、
「女性に対する暴力をなくす運動」の一環として、
女性に対する暴力根絶のシンボルであるパープルリボンに伴い、
シンボルタワーをパープルにライトアップにかわります。

で、今日の写真は、2015年のブルーライトアップのものです。
2015年バージョンを公開した後に撮影したものです。
まだ今の色々な色に変化のできるライトアップになる前のものです。

ものすごい夜霧が発生してたんですよ。
夜霧なんて水戸では珍しいですよね!!



水戸芸術館、ものすごい幻想的な光景が広がってました。

20時55分くらいに撮影開始。ライトアップは9時で終了なので、
カメラの設定もよくわからないうちに撮影。
そして9時になってでライトアップがバチっと消えてしまいました。
写真ではその光景の切り抜きにすぎませんが、
それはもう素敵すぎでした!!

「霧の抵抗 中谷芙二子」展のような芸術作品とは異なる
自然現象の正真正銘の霧とタワーの二度とみられないコラボでした。

すっかりこれを撮影したことを忘れてましたがが、
芸術館の霧の抵抗の展示で思い出させてもらえて、
3年前の光景が
頭の中によみがえりました。


水戸市五軒町 2015年11月15日






by ta-tanchi | 2018-11-16 08:29 | イベント | Comments(0)

ブルーライトアップイベント 霧の彫刻と水戸芸術館2018

只今水戸芸術館では、「霧の抵抗 中谷芙二子」展が、
1月20日まで開催際されております。

連日芸術館広場では30分おきに霧パフォーマンスが19時まで繰り広げられております。

そこに世界糖尿病デーの啓蒙活動のブルーライトアップされる芸術館の塔を見ることが出来ます。

b0330744_00301511.jpg
ということで、昨日14日、
噴水前の霧とブルーライトアップのタワーと合わせて撮影しようと、
仕事が終わって急いで駆け付けました。

ただ、霧と塔を一緒に撮影するのは難しいですね。
広角のレンズがほしいです。
b0330744_00301523.jpg
b0330744_00301457.jpg
上3枚はデジイチ。

前日の13日は、リコーの防水コンデジで撮影。下2枚。
芸術館の敷地外からの撮影です。
b0330744_00291395.jpg
黄門様の後ろ姿と、芸術館の塔。
b0330744_00291655.jpg
みと文化交流センターから見たタワーです。
ここはタワーがよく見える穴場ですが、
決してきれいではない窓越しの撮影となってしまうため、
撮影スポットにはなれません。

ブルーライトアップは今日15日までです。

水戸市五軒町 2018年11月13,14日







by ta-tanchi | 2018-11-15 07:09 | イベント | Comments(0)

マンネリ物産展は飽きたよね・・・

ずいぶん前の写真を。
2008年3月の朝8時半くらいの京成入り口の写真です。
b0330744_00063917.jpg
右端に大北海道展 書いてあるのわかりますか?

これ、花畑牧場の生キャラメルを求めるために並んでいる人たちです。
今やブームは去って?生キャラメル、物産展でもまだ売っているのかわかりません。

で今日から、北海道物産展です。

チラシが入っていたので目を通しましたが、
いつもと同じ出店者たち。

ん~なっていうのかな?
楽しみにしている人も多いのかもしれませんが、
もう飽きました。

しばらく行ってませんが、
毎年変わり映えのないマンネリな北海道物産展、
出展者個々の売場さえ恐らく変化もないでしょう・・・

やれば集客があるコンテンツでしょうし、
あえてそうしているのかもしれませんが、
新鮮味がゼロなんです。
新鮮味・・・

もう一つ工夫がほしいよなあ~
競争しなくていいからこうなるの?

他の物産展もそうでしょうけど。

こんな全然水戸と関係ない?ネタ書くの初めてかもしれないです。
でも水戸で行われている催事ってことで…。




by ta-tanchi | 2018-10-11 07:18 | イベント | Comments(0)

梨狩り(木葉下金山と梨狩り その4)

個人宅の敷地にある木葉下金山の坑口を見学した後は、
そこでインタープリターの説明は終わりとなりました。
ここから梨狩りをするのに炎天下の中、
木葉下の交差点を通り、県道をひたすら歩きます。
その途中に あぼっけ があります。

2キロ半くらい歩いて、森林公園の入り口にある与三郎庵の向かいの梨園へ。
b0330744_07512344.jpg
梨は2種類あって、すいませんうる覚えなので間違えているかもしれませんが、
長十郎と豊水をもぎました。

b0330744_07512215.jpg
そばの花もその隣で満開でした。

ここから、また森林公園の森の交流センターまで戻り、「そば」を食べてツアーは終了しました。
食べた「そば」は割愛します。

水戸市木葉下町 2016年9月





by ta-tanchi | 2018-10-04 08:37 | イベント | Comments(0)

木葉下(あぼっけ)金山と梨狩りツアー その1

2年前になりますが、
水戸市の森林公園の主催の、
 「木葉下金山と梨狩りツアー」に参加しました。

森林公園の森の交流センターに集合、
ジオネットのインタープリターのガイドで木葉下金山の地を巡って、
梨狩りをして最後に交流センターに戻ってそばを食べるという企画でした。
b0330744_07495520.jpg
森の交流センターから森の中の踏み分け道を進み山を下ります。

b0330744_08445212.jpg
山を下りた平地についた辺りの畑の中の何かの石碑、
風化が激しいですね。

そして少し歩いた木葉下の地を見渡せるところで、
b0330744_07495771.jpg
木葉下の由来についての説明がありました。

崖の下は、ハケ、と呼ばれます。
3番目が正論ですね。
崖の下ってことは、森の下、
森の下ってことは、木葉の下、
ってことで「木葉下」という当て字。ということですね。

崖を意味する地名のPDF を見つけました。
武蔵野近辺では崖は、ハケ、ホキ、ホッキなど地名が多いようです。


余談として
発句と書いてボックやホックと読む旧地名は
大野や常澄などにありますが、どこだかわかりません。
きっと崖地のあたりなのでしょう。
b0330744_07520516.jpg
木々の下の低地と森という木葉下の地を見ながらの説明でした。
この場所から見ると、四方を山で囲まれた景色となります。
どことなく懐かしく見える景色ですが新鮮でした。


つづく

水戸市木葉下 2016年9月


by ta-tanchi | 2018-09-26 07:26 | イベント | Comments(0)