みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

2018年 02月 21日 ( 1 )

下水道という名の道(姫子) その1

2015年に水戸芸術館25周年記念事業「カフェ・イン・水戸 R」展のがありました。
その中の関連プログラム「Re MITO100(リミット100)」というプロジェクトがあり、
当ブログでも以前に取り上げました
このプロジェクトのワークショップ時に姫子に、下水道という道がある!!

ということを知りました。そして
ReMITO88「姫子の裏道「下水道」と沢渡川を往く」というその道を歩くイベントもあったのですが、
都合がつかずこちらに参加することができませんでした。

そんな下水道という名の道が気になっての訪問です。

下水道の場所には、嘗て沢渡川にそそぐ小川がありました。
水戸市になる前の河和田村と緑岡村の村境でもあったようです。

後に小川が暗渠化されて、
下に水の流れる道、
下水道と呼ばれるようになったようです。

最初聞いたとき、下水道ってネーミングには正直驚きました。
もともとの小川そのものに固有の名前もあったでしょうに・・・。
なぜ下水道・・・、みたいな・・・

では、巡っていきましょう。

常磐大学近くの交差点近く、
JRバスの「見和町入口」バス停があるところに注ぐ、下水道のもととなった小川からのスタートです。

b0330744_02320905.jpg
谷地に水路が流れてます。

b0330744_02321051.jpg
水が流れておりますが、すでに暗渠化されております

この先は進めないようなので、
水戸第一自動車学校を超えて梅が丘小学校の間の小径を通り、回り道をします。



b0330744_02321039.jpg
先ほどの谷地の続きは、小さいながらも田圃となってました。下流方向を眺めた写真。
暗渠っぽいコンクリートがここから始まります。

そこから振り返った上流方向。

b0330744_02331398.jpg
だいぶ高低差がありますね。
それなりに深い谷地形です。

田圃の横、コンクリートの擁壁横にも水が流れているのかな?

そちら側をまず追います。
b0330744_02331399.jpg
教習所の下から建物の境界。

b0330744_02321073.jpg
ブロック塀と擁壁に囲まれた不思議な空間となってます。
両脇コンクリートの渓谷じゃないですか!!。
グーグルマップでは、水路と描かれております

続く

水戸市姫子 2016年10月



[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-21 07:02 | 川・水路 | Comments(0)