人気ブログランキング |

みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

偕楽園が秋から県民以外有料化

みとぶら的にも、散歩や街ランする際にはかなりの率で立ち寄るスポットの偕楽園公園。

水戸に住んでいると当たり前のことですが、偕楽園公園は無料で入園できます。

観光で来る方からすると、
無料で入園できるのは意外とビックリすることのようです。
茨城県では一人300円ほど徴収する方針のようです。
どのように県外と県内の人間を区別するのでしょうかね?

料金収入で、江戸時代の建物を復元した休憩施設を作ったり、
新しい入場口を新設したりして魅力度をあげたいようです。
でもそれってどうなんだろう?

有料化は斉昭の意に背くといいますが、
維持管理費がかかるのでそれをずっと引きずっていくことを考えれば、
県外からの外貨を獲得するというのは良いことなのでしょう。
ただ、入場料を徴収するための施設を作ったり、
人件費に費やされてしまうのであればいいことではないと思います。
観梅(梅まつり)に押し寄せる人を捌けるのでしょうか?

個人的には有料化について、
入口がいくつかあり、そんな徴収する施設なんか作る場所すらないので
考えたことはありませんでした。

ただ前々から思っていたこととして、
好文亭の入場料が200円と格安なので、
こちらを値上げすればと思ってました。

書きながら思ったのは、大体県外海外からくる人間は好文亭行くし・・・
今回の件を踏まえ、500円くらいにすればいいのでは?
入場料とするの300円を上乗せした形でしょ?
如何でしょうか?

また、観梅日の駐車場料金は普通車500円ですが、
土日は1000円でもいいと思います。

収入も上がるし、
この金が惜しい!という人がいれば、もっと安い市内のコインパーキング使うでしょう?
そうすればそこで市内回遊、
公共の乗り物を利用促進、
幾分の渋滞改善につながるようにも思うのですが?

b0330744_13441935.jpg
写真は梅まつりの時期の朝のごみ。
早朝カラスが散らかすのでしょうけど、

変な箱もの作っても喜ぶ観光客がどれほどなのかわかりませんが、
この辺りにもお金を割いてほしいところです。

b0330744_13441927.jpg

水戸市常磐町 2017年2月3月

by ta-tanchi | 2019-02-13 07:53 | 公園 | Comments(0)