人気ブログランキング |

みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

正岡子規の句碑 偕楽園

懐かしい写真から。
2004年当時のデジカメで撮影したものです。
フレッシュひたちの後ろにある梅林は偕楽園の南崖です。
b0330744_19544122.jpg
崖急に 梅ことごとく 斜めなり

正岡子規が明治22年4月5日に偕楽園を訪れた際に
南崖の梅の印象を後年に詠んだものです。

なので、来た時に詠んだわけでもなく、
かつ梅がほぼ終わったころの訪問で、
満開の梅の花を見たわけではないのでしょう。

梅の生え方が、
印象深かったのでしょうね。
私なんか、いつもに慣れてしまってそんなところに目がいかないです。


梅が咲き誇っていたら、もしかしたら
斜めに生えていることなんて目がいかなかったかもしれませんね。
b0330744_19553767.jpg
残念ながら石碑の風化が激しくて何が書いてあるのか分かりません。
b0330744_23513539.jpg
崖に咲き誇る梅。

水戸市常磐町 2004年3月 2018年3月

水戸には、ちなみにもう一つ正岡子規の句碑があります。



by ta-tanchi | 2018-03-21 07:51 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)