みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

正岡子規の句碑 (梅香)

その大坂町の通りだったの南側の突き当りには、
マンションが現在建っており、
その入り口に正岡子規の句碑があります。
b0330744_00245296.jpg
「この家を 鴨ものぞくや 仙波沼」

これは、子規の友人の菊池謙二郎の実家が水戸のこの地にあったから詠まれた句です。
子規が水戸にやってきたのだが、会えずじまいという結果となってしまいました。


b0330744_00245183.jpg
ところでこの句碑は、マンションで建てたのかな?
だとしたら、そのセンスはすごいですよね・・・

ちなみに、このマンションの敷地はかつて公立学校共済組合の宿泊所「ときわ荘」がありました。

b0330744_00262773.jpg
マンション内には入れないので、
近くの路地から千波湖を眺めてみました。

千波湖結構凍っていて、こういうのって久しぶりですよね。

水戸市梅香 2018年1月、2016年8月




[PR]
by ta-tanchi | 2018-02-01 07:54 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)