みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

銷魂橋

銷魂と書いて「たまげ」と読みます。
読めません。ふつうは「しょうこん」って読みますよね。
橋の名前としては変わってますね。
b0330744_08505511.jpg
銷魂橋の石碑には、
徳川光圀が水戸を去る人々が、この橋で別れを惜しんでいたので
1690年に名を七軒町橋から銷魂橋と改め、
三宝荒神(竃神社)を赤沼から移して樹木を植え
水茶屋など尾を置いた。
笠原水道はこの備前堀を橋と並べて銅樋で渡した

と書かれています。

石碑には高札場とも書かれているので、人々の往来も多かったのでしょう。

b0330744_08502978.jpg
橋の下流側にも石碑が2つあります。
江戸街道起点 
水戸街道といったほうがわかりやすいような気もしますが、
水戸の付近では江戸に通ずる道なので江戸街道と呼んだのでしょう。

この橋は、出会いと別れの橋だったなんて、
ロマンチック(笑)ですね。
今、ここは待ち合わせスポットに・・・。
なんてことには残念ながらなりそうにありません。


この橋より向こうは、
水戸の市街じゃないというイメージだったんでしょうかね。
b0330744_08533774.jpg
そしてもう一つの石碑は「村社竃神社」
です。
b0330744_08510362.jpg

水戸市本町 2014年8月



[PR]
by ta-tanchi | 2015-05-09 13:39 | 道路・鉄道 | Comments(0)