みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

街の中の石灰華段

水戸にも自然の造形美、
あの石灰華段があります。

石灰華っていわれてもピンときませんかね?
じゃ、トラバーチン。
ん~余計にわからないですかね?。


石灰華段ってどんなの?ってこんなのです。
b0330744_22191731.jpg
(wikiの世界遺産のヒエラポリス-パムッカレ から写真を借用)
何となくわかりましたか?

こんなの水戸にあるわけないじゃないか・・・。

いやいや、あります。
b0330744_19473472.jpg
ほらね?

自家製ドローン???で撮影しました。

写真じゃ大きさがわかりません??
では実物を
今度見に行ってみてください。



何処にあるのかというと、
b0330744_19462122.jpg

水戸芸術館の南西の階段です。
どういうわけかいつもジメジメしているイメージです。
b0330744_19474822.jpg
階段の白いところは、
雨水によって反応した石灰化物が沈殿しています。

ま~、スケール小さいです。
最初に載せた写真とは大違いですが、
これって
ミニミニ石灰華段ですよね?
b0330744_19460694.jpg

芸術館も完成して20年以上経ちます。
もうすぐ25周年だそうです。

その年月が作ったと思うとロマンを感じます(嘘)。
何十年たってもそう大きさ変わらないかもしれませんが、
ちょっと気持ち悪くも見えます(笑)

水戸市五軒町  2014年7月


[PR]
by ta-tanchi | 2015-01-22 00:39 | 街秘境 | Comments(0)