みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:笠原水道 ( 9 ) タグの人気記事

笠原水道のその後 明治時代から終焉まで

時代は江戸から明治へ。
明治になても江戸と同様に笠原水道の維持管理は町人によって行われていたようです。

明治19年に笠原水道を管理する水利土功会というのが出来て、水戸の市制が明治22年に施行されて、水利土功会は市長管理下へ。水道岩樋修理、井戸新設願などの記録が残っていますが、水利土功会の活動全般はよくわかっていないようです。
また、江戸時代は道路を利用して井戸(笠原水道)が設置したのですが、これば道路利用の規則に反するようで、許可が必要だったが、出していなかったので、特別に道路に井戸据置を許可してほしいと県に届け出をし、さらに、井戸には堅牢な蓋を付け、井戸際は清潔にすること、往来の支障なきようするという届け出をだしました。そして備前堀を跨ぐ銅樋に柵、橋上に屋根を付けました。

またこのころは笠原水道では、盗水の被害もあり、記録が残っております。
毎年区間を決めて岩樋の泥土は木の根などを清掃修理して、水流の回復を下にもかかわらず、水量が減少し、飲用にも事欠くようになったので調べてみると、岩樋の上蓋をはがし、溝の中に石が入れられたり、岩土井に穴をあけ、明治になって開墾された新田に引水されていたのでした。見回りをしていてもこういうことが起きていたようです。

水質と水量の維持は、270年も過ぎた施設の保持は応急処置とはいかず、また笠原水道末端部では水量が不足することもしばしば起こるようになりました。水質も悪化していたし、防火には不十分だったようです。

水質の悪化として始末が悪いのが伝染病です。
下市では、夏になると赤痢は腸チフスが発生するのですが、明治22年6月には大流行しました。
竈神社の祭礼日に水道上流でチフス患者の汚物を洗ったことによって急速に広まったようです。

下市では死亡者や伝染病関係者の患者数の増加が他地域よりも多いことがわかり、住民たちから直ちに笠原水道の改良工事を願ったのでした。
b0330744_00295893.jpg
明治30年、水道に対して十分な機能を果たしていない水利土功会を解散させ、水道区会として組織の整備をし直しました。
明治42年から43年にかけて、水量を確保するための水源工事、水の浄化を図る沈殿池を兼ねた配水池工事、漏水が少ない導水管工事などの全面的な大規模な改修工事が行われました。
水源は第1、2、3(3だけ福沢)と増やし、導水管は大部分は常滑産土管で低地は鋳鉄管、配水池は白梅にコンクリート製で作られました。
これによって従来の岩樋の笠原水道の役割は終了し廃止処分となりましたが、水源以外の岩樋への湧水があり、防火用水として維持管理を続けていきます。

そして昭和7年、那珂川を水源都市水戸市街地全体を給水区域とする近代水道の完成によって、笠原水道は幕を閉じました。




[PR]
by ta-tanchi | 2017-02-09 08:27 | 川・水路 | Comments(2)

笠原水道が出来たら・・・

笠原水道は1663年に完成しました。

完成しましたよ!めでたしめでたし、という話で普通は終わりです。

いつまで使われていたかという話、あまり知られておりません。
ちなみに笠原水道は昭和7年、水戸市の近代水道の完成によって使命を終えました。

笠原水道というインフラ設備が出来ればそれを維持管理していかなくてはなりません。
それはいつの時代でも一緒です。

水道の経費は受益者負担で、臨時の大修理は別途徴収となりますが、保管金を貸し付けて利を収め、水道の管理にあたる町役人は、町年寄、下町名主、町人から専任の水番を置いて水道の保全にあたりました。

現存する資料では完成して20年後1683年(天和3年)にはじめて修理の記録があり、そこから毎年のように費用と労力と必要としたようです。

1802~3年、享和の大修理が行われました。
完成から100年以上経っているわけです。それまでの手入れが必ずしも良くできていたわけではなく、水道管に樹木の根がはいりこんで破損や漏水、そこから泥水の流入で水質悪化、水路をふさぐなどで、断水があったりしたようです。
そのため、仕様替を含み、幹線で1707間、支線を含め9000間の水道修理を藤柄町の佐兵衛を中心に行いました。
佐兵衛は、渡りの水道職人(水戸藩には技術者がいない)は威張って仕事しない、農村からの人夫は町が珍しくて徘徊してしまい仕事しないのが、過去の工事でわかっていたので、子々孫々に残る大事業であるので身元確かで実貞な者を集めて行ったとのことです。
取換岩1707枚、根太工1708肩、杭17080本、置土17080肩という試算だったようです。
b0330744_00025803.jpg

笠原水道の維持管理は補修との戦いであったようです。

明治の話はまたの機会に。





[PR]
by ta-tanchi | 2017-02-06 08:52 | 川・水路 | Comments(0)

笠原水道 概要


笠原水道に関して、ウェブ上の公共系では残念ながら簡単すぎることしか載っていません。

b0330744_00165951.jpg

「水戸の歴史」という学校で配られている?教育委員会発行の読本の中には、簡単すぎず難しすぎず載っていますので、ここにほぼ丸写しですが、載せておきます。

笠原水道

千波湖の東側の低地を埋め立てて下町ができると、やがて町人が住み着くようになりました。
下町は、低地のため良い水には恵まれなかったので、吉田の2か所のため池から水を引いてました。
雨が降れば、水が濁って飲料水にはなりませんでした。

第二代藩主の徳川光圀は、問題解決のため町奉行の望月恒隆(もちづきつねたか)に相談し、数学や天文、地理に詳しい平賀保秀(ひらがやすひで)に地質を調べ計画を立てるように命じました。森林台地のふもとに、絶えずきれいな水が沢山出ている笠原を水源地に決めました。また、笠原から下町までの様子を調べ、笠原の湧水を千波湖の南岸沿い引くのが一番良いと望月恒隆に報告しました。

恒隆は、永田茂衛門(ながたもえもん)の子勘衛門(かんえもん)に任せて計画を実行しました。勘衛門は、湖の岸に提灯を立て、その提灯が水面に映る様子を見て(と書かれておりますが、どうなんでしょう?水面に映る様子ではなく、提灯同士の高さを見たのでは?)土地の高さを測りました。

水道は、笠原水源地から逆川に沿って千波湖に出て、岸に沿って吉田神社の崖下を通り、備前堀を越えて、本町に出て、細谷(城東)まで届いています。
b0330744_00025803.jpg
樋の材料には、岩や木、竹なども使っていますが、備前堀を超えるところだけは銅を使っています。岩は千波湖の対岸の備前町、天王町の崖下から切り出して船で運びました。岩を切り出した跡が洞穴のようになって、今も残っています。

岩樋のつなぎ目には粘土を使い、水路は地中に通すなど、当時、他藩では見られなかったような技術を用いました。町内には、水ダメを作り、旅人も自由に飲めるようにしました。この水道を作るために、554両というお金をかけ、延べ25014人の人々が働き、1年半という短い工期で完成しました。できた後は、水道を使う町人たちがお金を出し合って修理したり、当番を決めて捕手をしました。それからずっと長い間、生活のために多くの人々に利用されました。

今でも笠原水源地のそばに、「浴得泉」の碑が建っています。これは、この水道を作ったいわれを書いてあります。光圀の素晴らしい業績を後世まで伝えようと、8代藩主徳川斉脩(なりのぶ)の時代に建てられたものです。

写真は、水戸の水道史(第一巻)より掲載しました。







[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-27 00:34 | 川・水路 | Comments(0)

笠原水道の岩樋(真正)

笠原水道水源地から逆川に沿って300mくらい行ったことろに、
笠原水道の発掘調査で出てきた、
凝灰岩泥岩の岩樋が展示されております。
b0330744_00013776.jpg

全体像はこんな感じで、風化しないように屋根がついております。
b0330744_00010587.jpg
上からは自分の目線では見えませんのでカメラを高く上げて撮影してみました。
b0330744_00010545.jpg
本物の岩樋の脇には、復元された岩樋がありますが、
前回出したものとは異なりますよね。
ただこれも異なるような気もします(笑)。
b0330744_00013720.jpg
平成16年に行われた発掘時の写真が案内板にあります。
b0330744_00013696.jpg
この発掘された岩樋の裏の水路に、
なんと、当時のままの岩樋が残っているのでした。
ビックリですね。
b0330744_00014345.jpg
ブログ記事作るにあたって、笠原水道で検索しても、
水戸市のオフィシャルなページの説明不足ぶりにはがっかりなのでした。

井戸ライフさんのページが詳しく書かれております。

水戸市千波町  2015年12月 2016年1月





[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-25 00:35 | 川・水路 | Comments(0)

笠原水道の史実と異なる岩樋

笠原水道の水源地の駐車場のそばには、
笠原水道の岩樋を再現したものが2つあります。
b0330744_12430714.jpg
なぜ二つもあるのは謎ですが、
一つは水の流れる施設として作ったんでしょうね。
ただし、水が流れているのは見たこともありません。
ここから水を流すと、飲料水と勘違いする人がいるからでしょうか?

b0330744_12430767.jpg

ただ、この岩樋なのですが、
なんだか見た感じが笠原水道を作ったとされる岩の組成とは大きく異なっているようにに見えます。
千波湖北岸の採石跡にある凝灰質泥岩(水戸層)ではなく、
火成岩か何かで全く違うものでしょう。
b0330744_12430866.jpg

せっかく作るのであれば、その辺の史実に合わせないのはどうしてなんでしょうかね。
この遺構再現であれば街並みの史実とは全く異なる歴史的景観を模したコンクリート白壁や豪華な門とは別ですよね。

痕跡だけ見ていたほうが、
歴史ロマンは頭で想像、妄想できます。

2017年1月 水戸市笠原町




ちなみに、水戸城の二の丸の道路の排水溝の遺構も凝灰質泥岩でしょうか?

b0330744_10174903.jpg

b0330744_10163576.jpg








[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-23 13:16 | 川・水路 | Comments(0)

アナ その2

釜神のアパート下の崖地は、
東日本大震災後表層が崩れました。

それによって表面をコンクリートと石か何かで埋めてあった穴が露出しました。
b0330744_00323110.jpg

泥岩層の上の柔らかい層がごそっとね・・・。
b0330744_00323102.jpg

近くの穴はこんな風に埋められたままで残ってます。
b0330744_00323210.jpg

その奥に続くアパートの裏の崖も地震で大きく崩れ、工事をしてあります。
b0330744_00323230.jpg

その左横にも大き目な穴があります。崩れた下にもあったかもしれません。
b0330744_00323260.jpg


右側にも小さい穴と大きな穴があります。
b0330744_15414574.jpg

笠原水道を作った際に岩樋の石を採掘する際に穴を掘ったとされてます。
ただどうしてわざわざ穴にしたのでしょうね?

がっつり下の部分を削ったら
地震で起きたがけ崩れのようになってしまうからなのでしょうかね?
b0330744_15414594.jpg

水戸市 2016年4月

関連記事はこちら






[PR]
by ta-tanchi | 2016-11-01 07:52 | 街秘境 | Comments(0)

ヒカリモの洞穴

備前町の常磐線沿いには横穴が開いてます。
これは、笠原水道を敷設する際に岩樋を作るために石を切り出した跡と言われております。
b0330744_21420934.jpg

線路沿いにあるので、近寄ることもできません。
この写真は道路工事の切り替えで仮道ができてそこから撮影したものです。
この手前の2つの洞窟は内部でつながっていてY字型になっています。
水戸市のページを見て知りました。
一度でいいからヒカリモが光っている姿を見てみたいですね。

水戸郷土かるた でも 「ヒカリモを守ろう天然記念物」ってありますね。
ただこれは「ひ」じゃなく「を」なんですよね~。

b0330744_21431646.jpg
どういうわけか一つの穴には柵があります。

以前紹介した吉田初三郎の水戸の鳥瞰図でも描かれているのが興味深いところです。
b0330744_00085396.jpg

水戸市備前町 2015年12月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-02-05 08:03 | 街秘境 | Comments(0)

笠原水道

笠原水道です。
ここは光圀(水戸黄門)が城下町(下市)の用水の便が悪いことを改善するために
1662年と翌1663年で総延長7キロの上水道施設(日本で18番目)
を設けた際の水源地です。

説明書きによると、
主導水管凝灰質砂岩を使い、支線は木樋、各戸へは竹樋を用い、
街道には公共用の井戸を設け、
550両、延べ2万5千人の人夫の大工事だったとのことです。

まずはコチラの概要を読んでね




b0330744_09531481.jpg
史跡 笠原水道

b0330744_22520262.jpg
はげた案内板があるのですが、
これがこの地域を散策するに当たり解りやすいので
是非綺麗にしてほしいと思います。

ところで旧笠原水道と書かれていますが
「旧」を付けている理由はあるのでしょうか?

b0330744_22522763.jpg
史跡 笠原水道 の石碑の横に岩の樋状のものがあるのですが、
これは遺構なのでしょうか?
それとも何かの石碑が倒れてそのままなのでしょうか?
ググっても良くわかりませんでした。


b0330744_22554063.jpg
1826年に建てられた「浴徳泉の碑」があります。
歴史を感じますね。
b0330744_22533351.jpg
浴徳泉の碑の奥に、進むと「竜頭共用栓」から水が出ております。
明治時代の改修時に下市地区に設置されたものを復元したものだそうです。
これは、水戸市水道低区配水塔にも同じものがありますね。
b0330744_22540737.jpg
説明書きが裏にあります。

この水はここの湧水を飲用水にしたものです。とのことです。
どういう事かというと塩素を注入した水道水ということです。

ポリタンクをたくさん持って湧水を組みに来る人がたくさんおりますが・・・。

b0330744_22544110.jpg
ということで、
裏には水を出したら元栓を閉めるように書かれております。
水栓を開き放しにして水資源を無駄にするのはやめましょう。

水戸市笠原町 2014年7月

次は 階段を上ります



[PR]
by ta-tanchi | 2015-08-25 19:34 | 公園 | Comments(0)

逆川児童公園の謎

今日は梅雨明けしました。暑い日が続きますね。

さて、今回は、逆川児童公園。
聞いたことない???。
逆川緑地の間違いなのでは???
前回紹介した船付稲荷神社の下にあります。
そういえばバス停は坂を上ったところは舟付坂上と書かれているね。
船と舟。違うけど同じ用に使われていたのでしょう。

でこの逆川児童公園、
子どもが遊んでいるとは思えない公園です。
b0330744_22035139.jpg
ま、ありきたりの草臥れた公園です。
通り過ぎようとしたときに、
案内板を見つけました。
b0330744_22040705.jpg
「笠原水道」
説明読んでも、どうしてここにこの案内板があるのかが解らない。
謎です。
ここで何か遺構が見つかったとかだったら、そう書いてほしいし、
そうじゃなかったら、いったい何のために…。
だってふつう笠原水道知りたくてここには来ないでしょ???

b0330744_22035930.jpg
ちなみに、正面の道路は市役所の正面に当たります。

水戸市千波町 2014年7月

[PR]
by ta-tanchi | 2014-07-22 20:43 | 公園 | Comments(0)