みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:水戸 ( 243 ) タグの人気記事

お堀の桜ライトアップ(2017)

昨日は寒い春の雨でしたね。
雨が降るのがわかっておりましたのでその前日の9時過ぎに、
三の丸庁舎のお堀の桜ライトアップを見てまいりました。

車で通ることはあっても、マジマジ見に行くのは久しぶりとなりました。

b0330744_00184733.jpg
この時間でもそれなりに人がおりましたよ。
ほぼ満開に近くなりましたね。とてもとても綺麗です。

b0330744_00080528.jpg
b0330744_00080496.jpg
ライトアップの光源がこの形になってからは初めての訪問です。
なので以前より白っぽいですね。
b0330744_00072809.jpg
b0330744_00072802.jpg
前回の千波湖でのショボコンデジ撮影に対し、
今回はデジイチ持っていきましたが、手持ち撮影です。

b0330744_00072878.jpg
市役所臨時庁舎側の桜はいい雰囲気ですが、
こちらには人がほとんどおりませんでした。

b0330744_00085850.jpg
警察署側は人が多いです。

桜を見に来て撮影している人の傾向がありました!
それはですね、
男性は静かにスマホで桜を黙々と撮影しているのに対し、
女性は、一人で来ているようでも、
「わ~綺麗!!」「すてきだわ~」「やっぱり桜は良いわよね~」
とか声を出してスマホ撮影していました!!。

微笑ましい~。
b0330744_00453200.jpg

気温が上がらず、週末でも桜は楽しめそうですね。

水戸市三の丸 2017年4月10日 


[PR]
by ta-tanchi | 2017-04-12 00:48 | イベント | Comments(0)

千波湖畔の桜ライトアップ(2017)

昨日の夜、千波湖の桜のライトアップを見てきました。
b0330744_07392492.jpg
今まで使っていたフジ安コンデジが壊れた
(撮影機能ではなく、タフボディーうたうボディーが壊れた)ので、
2年前くらいにオークションで落として使っていなかった
パナソニック安コンデジを持っての撮影です。

b0330744_07391689.jpg
手ぶれしてしまうので、
カメラを置ける場所での固定撮影をしました。

b0330744_07391785.jpg
オートのホワイトバランスも赤が強いのか
LEDの光源に対してこういう発色のかはわかりませんが、
実際はもっと白い感じです。

b0330744_07391789.jpg
花もそうです。ちょっとピンクすぎますね(笑)。

b0330744_07391712.jpg
人はそれなりに出ておりましたが、
ちょうど撮影時には人がはけていたのでパチリ。
光源の違いなのかなあ~?白っぽく撮影できました(笑)。
b0330744_07392809.jpg
千波大橋の上からパチリ。荒れ荒れの画像です。
このあと10時になり突然ライトアップは終わるのでした。

昨年との比較になりますが、
ライトの置き方が変わった場所もあり、
やや明るさが減少したようにも感じました。
が、桜が綺麗なことは変わりません。

水戸市千波町 2017年4月7日




[PR]
by ta-tanchi | 2017-04-08 08:53 | イベント | Comments(0)

鷲神社

旧6号、サントル千波の先を進むと
左手に鷲神社が見えます。
しだれ桜が目を引きます。
ずっと気になっていたので、見に行きました。
b0330744_23274841.jpg
綺麗です。
b0330744_23274938.jpg
自転車で通りかかる人たちも立ち止まって見ていきます。

以前は鬱蒼とした木々の中に参道続いていたようでしたが、
伐採され、正直趣がなくなってしまいました。
b0330744_23274939.jpg
鳥居をくぐると摂社の三峰神社と素鵞神社、神輿がならび、その先に社殿があります。
b0330744_23275026.jpg
社殿は、年季が入った建物ではありません。

b0330744_23275885.jpg
その所以、鷲神社について、社殿の右側の石碑に記載されておりました。

千波湖岸高台に鷲下の地名が現存する、
(高台だけど鷲下?、どのあたりなのかな?)
平安時代後期すでに拂沢(払沢)集落があり、鷲神社はその住民の氏神として創建されたであろう、
徳川光圀の城下整備策によってこの集落の住民は笠原への移住を命ぜられ、神社も移った、
開墾地は拂沢新田と命名された、
烈公徳川斉昭のときに、千波村に合併されかつての地はその中の富澤坪十一軒坪と称された、
鷲神社は明治三年本神社は千波村の鎮守子安神社境内に遷されたが、
鷲神社氏子による復社請願が承認され明治十四年現在地に遷座されることとなった、
その後明治三十八年三月笠原官林に発した大火により社殿は類焼、
昭和二年社殿を改築、
その後七十余年を経て社殿修理の時期を迎え、
新県庁?の用地買収補償を主財源とし本殿拝殿等の工を竣えた、(平成11年?)

といったような内容です。
b0330744_23274959.jpg
ちなみに訪問時、県庁周囲の桜はまだ2分咲きでした。

水戸市千波町 2017年4月


[PR]
by ta-tanchi | 2017-04-07 00:32 | 寺社 | Comments(0)

日吉神社(千波町)

千波小学校の南側に、日吉神社があります。

ここは大きな桜の木があります。
b0330744_23243718.jpg
ちょっと訪問時は天候が悪かったのですが、雰囲気だけでも・・・

b0330744_23243860.jpg
晴れていればもっと素敵なんでしょうね。
b0330744_23243663.jpg
神社前の千波小学校の桜もきれいです。
桜の花舞い上がる坂道です。
b0330744_00530769.jpg

水戸市千波町 2016年4月

[PR]
by ta-tanchi | 2017-04-05 00:54 | 寺社 | Comments(0)

第3常磐陸橋

第3常磐陸橋は、赤塚駅から水戸駅方面にある最初の跨線橋の名称です。

名前がなかなかわからなかったのですが、最近知ることが出来ました。
b0330744_07530506.jpg
写真は、赤塚駅東側の踏切から見た第3常磐陸橋です。
特急電車の上のところですよ。


踏切のすぐ近くの歩道橋で、
車も自転車も通ることができないわけで、正直どのくらい必要性があるのか?
という気もします。
どのくらいの利用者がいるのでしょうか?


この橋は、もう50年以上前に造られた橋です1964年に完成しました。

人伝の話となりますが、
それまでは、遮断機もなく車が1台通れるか位の小さな踏み切りがあったようです。
昭和30年から40年初め頃にかけては旧市内の人口増加により、
旧水戸市と旧見和村、旧赤塚村、旧河和田村、旧見川村がそれぞれ合併を行い、
新たに水戸市のベットタウン構想を目的に、今の水戸市見和に、御殿山団地や市営見和団地が、
また今の水戸市河和田に、市営河和田団地などがそれぞれ造成されました。

そんな時期に踏み切りで急行列車(SL?)と自動車の衝突事故があって、
当時としては珍しくテレビ報道もされた大きな事故があったそうです。
当時から同じような場所に線路を越境するためのガス管が通っていて(現在は使用されていません)、
衝突事故の影響を考慮し、そのガス管に隣接するように踏み切りから陸橋へとすぐに替わったそうです。

それでは見ていきましょう。
b0330744_07520885.jpg
南側の階段です。左側の銀色の配管がガスなのでしょうか?
b0330744_07520970.jpg
錆びるままペンキも塗られることもない欄干と
年季の入ったコンクリートのコントラストで、うら寂しさを増幅させております。
b0330744_07520909.jpg
跨線橋の上はこんな感じで舗装されております。

b0330744_07530497.jpg
赤塚方面、電車がすれ違っているあたりが水戸街道踏切です。

b0330744_07530456.jpg
水戸方面、緩やかな下り勾配になっております。
b0330744_07530481.jpg
渡り切って北側の階段になります。


ちょうどこの北側のこ線橋に続く道をまっすぐ行くと、飯綱神社に突き当たります。
ということは、この道路は神社の参道ですね。
そうなると常磐線ができる前からある道路だったと考察します。


b0330744_07530525.jpg

またまた南側に戻ると、空き地の一角に、大正時代のものですが庚申塔があります。

水戸市姫子、東赤塚 2016年10月


[PR]
by ta-tanchi | 2017-04-01 22:45 | 道路・鉄道 | Comments(0)

いさ美 の 海鮮丼

水戸芸術館の西側にある海鮮問屋「いさ美」
水曜名物の海鮮丼を食べに行ってきました。
b0330744_11155918.jpg
水曜日のランチは、海鮮丼のみの提供ですが、
価格がなんと680円。
いつもは880円?でしたっけ?

そのため水曜日は、このあたりの飲食店のランチの売り上げが落ちるという伝説もあるとか…

b0330744_11155823.jpg

11時半くらいに入店すると、もうすでに半数くらいの席が埋まっておりました。

b0330744_11160020.jpg

席に座り、間もなく大きな丼に入った海鮮丼がテーブルに運ばれてきました。
b0330744_11155928.jpg
一応コーヒー1杯無料です。

水戸市五軒町  2016年10月





[PR]
by ta-tanchi | 2017-03-29 06:45 | グルメ | Comments(0)

灯油

車で通るたびにいつも気になっていた
ガソリンスタンドの灯油価格案内板の絵を
間近で見てきました。
b0330744_00152508.jpg
灯油だけでは暖かいわけではありませんが、
本当に見ていて、灯油ストーブで暖まりたいなあ~
っていう絵ですよね。

素晴らしい。

仮に木炭、薪って書かれてこの絵ではこうはいきません(笑)。

ちなみにタイヤやドラム缶もいい味出しております。
b0330744_00152437.jpg
でも私は以前のが好きです。

2017年2月 水戸市千波町






[PR]
by ta-tanchi | 2017-03-24 08:54 | 脱力系 | Comments(0)

吉田神社その3

社務所から随神門を抜けるとそこに拝殿があります。
随神門の写真撮り忘れてしまいました。
門には邪悪なものが本殿に入り込まないように二神の像があります。
b0330744_19510707.jpg
鈴(ガラガラ)がぶら下がり、
b0330744_23042612.jpg
その奥に、常陸 第三宮 の扁額あります。
b0330744_23042726.jpg
水瓶の奥は神楽殿だそうです。
b0330744_23042800.jpg
裏に回ると本殿があります。
b0330744_23044917.jpg
特に蘊蓄はありませんのでさらりと紹介だけです( ^^)

随神門の写真撮り忘れてしまいましたが、二神が撮影しておりました。
b0330744_20184949.jpg

b0330744_20185078.jpg
水戸市宮内町 2014年9月 つづく

[PR]
by ta-tanchi | 2017-03-20 07:42 | 寺社 | Comments(0)

吉田神社その2 朝日三角山遺蹟、吉田天満宮


参道を上がってすぐ左手には
朝日三角山遺蹟があります。
b0330744_23023085.jpg

ここに日本武尊御遺蹟の石碑が中央にあります。
b0330744_23025644.jpg
すぐそばに、吉田神社と朝日山という案内石碑があります。

日本武尊は、東征のとき舟で那珂川をさかのぼって、この地に上陸し
三角山で宿営したと伝わっている。翌朝、すがすがしい朝日の昇るのを
ご覧になったので、三角山は朝日山とも呼ばれ、聖地とされてきた。
その聖蹟に日本武尊をまつったのが吉田神社であり、 常陸第三の宮として
人びとから厚く信仰されている

と書かれております。

ほかにも「吉田神社並朝日三角山由緒の碑」があり、
コチラは小さな字で由緒をぎっしり書かれててあります。
ここでは省略しますね。

境内は開けた広場(駐車場)があり、社務所があります。
b0330744_23033064.jpg
社務所の向かいには、吉田天満宮があります。
b0330744_23034632.jpg
b0330744_23035377.jpg
水戸の天満宮はこういった感じのが多い気がします。

b0330744_19514164.jpg

水戸市宮内町 2014年9月 


[PR]
by ta-tanchi | 2017-03-17 07:02 | 寺社 | Comments(0)

水戸路上観察学会総会

3月11日に、「藤森照信展―自然を生かした建築と路上観察」が始まり、
その関連企画として水戸路上観察学会総会が行われました。
本当だったら、その前に藤森照信展を見てから望みたかったのですが、
ギリギリまで仕事しての総会参加となりました。
b0330744_00105269.jpg

パネリスト(路上観察学会員)に、
松田哲夫(事務局長、編集者・筑摩書房顧問・元「王様のブランチ」コメンテーター)、
藤森照信(建築家・建築史家)、
林丈二(著述家・イラストレーター・明治文化研究家)、
南伸坊(イラストレーター)、
一木努(歯科医師)
敬称略)が、
自分たちの路上観察した写真を見て評議し、
そのあとは、私も途中参加したワークショップ参加者の写真を評議して楽しく時間が過ぎました。
ただ、タイトルと写真という点の笑い取りになってしまっている感じも否めなく、
純粋なる路上観察という視点からは、ちょっとずれているんでは?と個人的には思いましたが、
いろいろな考えがあると思いますので、まあそれはそれで良しです。

それは応募するのに、写真にタイトルをつけなくてはならず、
それに苦労したからなのかもしれません。
写真を後で見直すと、構図とかこれで本当に良かったのかな?
まあいいです・・・(笑)
私の作品は、水戸市内のどこかに展示されるようですよ。



そのあとは会場を移動し、レセプションパーティーが行われました。
チャイナテラスチャイナドレスさんの料理でした。

b0330744_00105341.jpg
b0330744_00553747.jpg
美味しい料理を頂きました。
b0330744_00553789.jpg

b0330744_00105313.jpg
レセプションでは、「路上観察入門」にパネラーのサインを頂くことが出来ました。
ありがとうございました。
b0330744_00105323.jpg
行けなかった藤森照信展は後日行きますね。

水戸市五軒町 2017年3月




[PR]
by ta-tanchi | 2017-03-13 01:23 | イベント | Comments(2)