みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:水戸 ( 243 ) タグの人気記事

赤沼牢屋敷付近の河川跡 (十軒町樋菅)

桜川に面する十軒町樋菅と書かれた水門。

ここと対面の樋菅の水門から続く樋菅は、かつての桜川の流れです。
現在はそこに直角に交わっている形で河川改修が行われたのです。
b0330744_07135659.jpg
水門の後ろの地面を見ると、駐車している車もあったりするので、
ハッキリとはわかりにくいかもしれませんが、
河川を埋めて一部が暗渠として残った旧桜川(馬場川)の痕跡が判ります。

b0330744_07135644.jpg


b0330744_07155370.jpg
土手(堤防)の上に樋菅の水門、そしてそこから延びるコンクリートの暗渠。舗装路を横断します。

b0330744_07135654.jpg
道路の先はコンクリートではなく土の下に暗渠が眠っているのでしょう。
この先にあるものは…

b0330744_07150334.jpg
赤沼牢屋敷跡の由来の記です。

その後ろに伸びる空間は、
意識しないとわかりませんね。
赤沼牢屋敷横の馬場川の痕跡なんです。

b0330744_07471545.jpg
川の流れはここで変わり、この道路がその跡のようです。

続く

水戸市東台 2016年12月




[PR]
by ta-tanchi | 2017-06-05 07:53 | 川・水路 | Comments(0)

水戸市空き缶等のポイ捨て防止に関する条例

水戸市空き缶等のポイ捨て防止に関する条例
があるのを今日、水戸駅バス停裏で知りました。
b0330744_09094951.jpg
緑に塗られているところが美観保全重点区域(ポイ捨て禁止区域)なんだってさ。
知りませんでしたよ。
違反すると、3万円以下の罰金に処されるんだって。

私は知りませんでした。私だけなのかな?
みなさん知ってましたか?

もっと啓蒙活動が必要だと思います。

ところでこの地図、県庁が三の丸にあったりしているので、この条例は随分と前からあるんですね。

ってことで検索してみました。
ホームページ上にはこれが見つかりましたが、
ただダウンロードしてみるとか、
JPEGの画像を展開してみないといけないという、
非常に事務的に扱われているのが残念です。

もっと知られていていい条例ではないでしょうか?
少なくとも、上の写真の内容くらいはわかるように載せて、詳しくはこちらを参照~
とかしませんか?


というより、路上喫煙禁止条例がないのが残念ですよね。

ポイ捨て禁止というより、路上喫煙禁止にしてぽい捨てをさせないこと、
受動喫煙も防止となっていいいよね~。
この条例が出来ないところを見ると
ま、大声上げて反対するつまらん議員がいるのでしょう・・・

隣の宇都宮市にはありますよ。
水戸市 2017年6月



[PR]
by ta-tanchi | 2017-06-03 09:36 | その他 | Comments(0)

銚子屋のバナナミルク

南町の商店街にある果物屋さんの「銚子屋果実店」。
現在まちなかに残る唯一の果物屋さんになってしまいました(京成は除く)。
b0330744_08531389.jpg
果物が並ぶ店内の一角に、果物ジュースコーナーがあります。

b0330744_08531464.jpg
いろいろなジュースがありますよ。
その中でもバナナミルクは100円です。
ずっと前から100円のままです。

ほかにもいろいろなジュースがありますよ。
b0330744_08531413.jpg
銚子屋さんでジュースが飲めるのを知っている人って意外に少ないと思います。

水戸市南町 2016年8月

[PR]
by ta-tanchi | 2017-05-19 17:57 | グルメ | Comments(0)

第一石川踏切跡


常磐線の岡田踏切第三常磐陸橋との間には、かつて踏切がありました。
その名は第一石川踏切。

現在近くに跨線橋がありますので、それが完成して役目を終えたのでしょう。

東赤塚側からの訪問でず。
近づいていくと線路の向こう側にも道が見えますね。
b0330744_11483440.jpg
遺構は残っているのでしょうか?
フェンスのちょうど踏切があったであろう場所に保線用の出入り口が見えます。
この辺りがきっと踏切の入り口ですね。

線路際まで来ると、向こう側に石の車止めがあるのが見えました。
ただし線路の左右には踏切の道路部分はありませんね。
手前側は判りにくいですが、枕木を使った階段になってます。

岡田踏切同様、自動車は渡れず、
自転車や歩行者のための踏切だったみたいですね。
b0330744_11483527.jpg
そんな中、「第一石岡JB」と書かれた近くの線路内の箱状の物がありました。
JBは、何の略なのでしょうか?
b0330744_11483555.jpg
そのまま線路は渡れませんので、ぐるっと回って反対側(姫子側)を見に行きます。

路地を入っていきます。
ここに踏切があった感じには見えませんね。
b0330744_11514239.jpg
線路際までやってくると、踏切の面影を強く感じますね。

b0330744_11514319.jpg
反対側は前出のように枕木の階段です。
もともとこうだったとは思えず姫子側同様、車止めがあったのでしょう。

b0330744_11513373.jpg
この忘れ去られた踏切跡は、いつぐらいに廃止されたのでしょうか?
私が知る限り1996年のゼンリン地図には記載されているのを確認しております。

水戸市東赤塚 姫子 2016年10月





[PR]
by ta-tanchi | 2017-05-16 18:10 | 道路・鉄道 | Comments(0)

岡田踏切(常磐線)

水戸駅(偕楽園駅)と赤塚駅の間には、3か所に踏切があります。
古くは、偕楽園や桜山、常磐大学の所などにもありましたが、廃止されております。

今回紹介する岡田踏切は、残った踏切の一つです。
東赤塚アパート側から訪問しました。
b0330744_01270736.jpg
アパートを過ぎると、常磐線が見えました。

道幅見てもらった通りの状態で、
自動車の通行はできる幅はありませんので、
自動車は通れません。

2輪でもスピードが落として通るように、柵があります。
b0330744_01270755.jpg
写真を撮っていると、すぐまた踏切が鳴ります。

ときわ66号がやってきました。
こんな感じです。


列車が通過していよいよ渡ります。

b0330744_01270836.jpg
年季の入った柵ですね。
b0330744_01270983.jpg
水戸駅方向は緩い下り坂。
b0330744_01270912.jpg
赤塚方向は緩い上り坂です。

撮影中自転車の往来がありました。
そうこうしていると、また踏切が鳴りだしました。
今度は渡り切った側からの列車通過を見てみましょう。


b0330744_01271260.jpg

味のある踏切ですね・・・。

この岡田踏切は、廃止される可能性が高いです。
というのは都市計画道路がこの踏切の真上で
常磐線を橋梁でクロスする予定だからです。

赤塚方向の写真の左側の法面方向から
上の写真の右側の空き地にわたって道路が伸びます。

b0330744_01271850.jpg
道を進んで振り返ったところ。
b0330744_01271808.jpg
県道177号赤塚馬口労線、昔の笠間街道に出ます。
ちょうどこの辺りにあるJRバスのバス停名は「岡田」です。
今の地名は姫子ですが、岡田は旧地名なんでしょう。

 水戸市東赤塚、姫子 2016年7月

[PR]
by ta-tanchi | 2017-05-04 12:37 | 道路・鉄道 | Comments(0)

GWの偕楽園はツツジが綺麗です・・・が(2017)

偕楽園につつじを見に行きました。
すると、鯉のぼりが…。
b0330744_23420337.jpg
正直う~ん、要らないんじゃ???というのが最初の感想。

東門から入って好文亭がババババ~ン!って見えて開放感があるのですが、
不自然な感じがどうも自分的には受け入れられません。
なんだかな~。
見慣れていないからそう思うのでしょうか?
b0330744_00132260.jpg
参考として2015年のものを張っておきます。


好文亭側から見るとこんな感じです。
b0330744_23420497.jpg
なんなんだよ~って思っていたのですが、
アジア系の団体が朝早く来てこのこいのぼりの前ですごい勢いで
写真撮ってましたので、
グローバルな視点から見るとアリなのかもしれません・・・。

水戸的な保守的な考えなのかとハッとさせられました。

ただね、この写真を載せるのに書きながら、
違和感がどうしても付きまとってしまうのですよ。
それは、緋鯉の黒いのが一番上にないからなのかもしれませんし、
カラフルなこいのぼりがランダムに並んでいないからなのかもしれません。


b0330744_23420473.jpg
鯉のぼりを過ぎるとつつじが綺麗です。


ただね、芝生に凄い虫が大量発生してました。
b0330744_23421042.jpg
コガネムシが多量発生~ってことでトラップが仕掛けてありましたが、
ほとんど役になっていない感じでした。

b0330744_23420375.jpg
黒い点々が虫。およよ~。
天気がいいので芝生にレジャーシート広げてお弁当!!
っていうのは残念ながらちょっと無理そうです。

水戸市常磐町 2017年4月

おまけ
b0330744_23420200.jpg
併せて千波湖にも足を延ばしたのですが、好文カフェにもこいのぼりが泳いでます。
が、以前はもっとたくさんのこいのぼりが出ていたんですよ。



以下の写真は2015年のものです。こちらに用意したこいのぼりを偕楽園に転用したのかな?
b0330744_23481236.jpg
窓に映った鯉のぼりを撮影したんですね。
b0330744_23481124.jpg
個人的にはこれは迫力があって素敵でしたよ~。


[PR]
by ta-tanchi | 2017-04-30 00:20 | 公園 | Comments(0)

飯綱神社(いづなじんじゃ)

前出の第3常磐陸橋の先を進むと、正面に飯綱神社の鳥居が見えます。

b0330744_22023363.jpg
突き当りではなく、道路は神社を迂回して続いております。
神社に続く道って、
こんな感じのところは多く見かけますね。

b0330744_22023335.jpg
今でこそ飯綱神社には大木があります。
この辺りが住宅地になる前はきっとこんな大木が沢山茂っていたのでしょう。

b0330744_22023475.jpg
飯綱神社は、赤塚村の鎮守でした。

もともとは八幡宮でしたが、
光圀の八幡改めのため無くなりましたが、
元禄9年、飯綱権現(いづなごんげん)を祭る社として復活しました。


b0330744_22024843.jpg
稲荷神社と素鵞神社もあります。

b0330744_22024800.jpg
水戸市東赤塚  2016年10月 




[PR]
by ta-tanchi | 2017-04-27 09:54 | 寺社 | Comments(0)

藤森照信展 自然を生かした建築と路上観察

3月11日から水戸芸術館から始まった藤森照信展を3月に見に行ってきました。
レセプションパーティー時に、藤森さんが写真撮影全面オッケーです。拡散してください、みたいなことを
とおっしゃっておりましたのでバチバチと撮影しました。
b0330744_13363814.jpg
まずは、藤森さんが監修した多治見市モザイクタイルミュージアムに関する展示があります。
そこに展示してあるモザイクタイル張りの車が目を引きます。
b0330744_13363822.jpg
ただタイルが貼っているのではなく、いろいろな情景が作られているのでした。
b0330744_13363919.jpg
b0330744_13363927.jpg

b0330744_13363983.jpg
b0330744_13365374.jpg
建築模型は実際の目線で見るとよいみたいな話もレセプションでされておりましたので、
東京計画2107は、情景に実際いることを想定した目線での撮影です。

b0330744_13365419.jpg
そして「たねや」の展示です。
「たねや」は近江八幡のお菓子屋さんです。
藤森さんが設計した ラ コリーナ近江八幡 に関する展示内容です。
b0330744_13365483.jpg

苔の山もあります。
b0330744_13383802.jpg
ラ コリーナ の写真を見て、これが日本にあるものなのか?とビックリ。
実際に行ってみたいですね
b0330744_13383941.jpg

いろいろな建物の屋根の種類も展示です。
b0330744_13383989.jpg
そして、藤森さんが水戸の街の路上観察で見つけた
東照宮に残る安神車からインスピレーションを得て造られた茶室
が展示されております。
b0330744_13372474.jpg
b0330744_13372470.jpg
展示された後はどうなるんでしょう?

今回、展示ととともに「たねや」のお菓子も販売されております。
たねやのお菓子は渋谷で売っていて結構いい値段するんですよね~
水ようかんおいしいです。
b0330744_13383955.jpg
ワークショップスペースでは
高校生ウィーク2017としてカフェがあります。
4月9日まででしたが5月までやるようです。

b0330744_13372495.jpg
窓際には茶室の模型があります。

ここで、たねやのお菓子とお茶を頂きました。
b0330744_13383940.jpg

正直芸術館の展示は、当たりはずれがあるのよね~。
それは、自分の興味、趣向によるものが大きいでしょうけど、
こういう展示ばかりだと楽しいな~。

水戸市五軒町 2017年3月





[PR]
by ta-tanchi | 2017-04-24 00:05 | イベント | Comments(0)

閉店


いつもこのお店の前はとっていたのですが、
先日、このお店の前を通ると、物件が変わり、
なんだか派手なアジア系の看板が出たお店になっておりました。
b0330744_08455809.jpg
これ昨年の夏に、
「閉店」という文字の緩さというのかバランスの悪さが気になって撮影したのですよね。

ただ単に本日は閉店しましたという意味だったのだろうと思っていたのですが、
もうその時にはお店自体がやっていなかったのでしょうか?

書きながら思ったのですが、雑草の伸び方みていると結構前には閉めていたのかも。
b0330744_08455820.jpg
水戸市 2016年7月


[PR]
by ta-tanchi | 2017-04-21 07:04 | 脱力系 | Comments(0)

茨大前営業所で見つけた車輪とレール

茨城交通茨大前営業所から初めてバスに乗りました。
バスを待っているときに、ふと目の前の門扉に目が行きました。
ん?

車輪じゃん。

b0330744_21372616.jpg
これって、鉄道用の車輪じゃないの?
ここはかつて駅だった場所。
アリかもしれません!


そして門扉のレール見ると・・・

b0330744_21375539.jpg
鉄道用のレールですよね???

レールは廃品利用しているのでしょうね。
b0330744_21380395.jpg

門扉の反対側に行くと、車止めもありました。
門扉をしばらく動かした形跡がなく土に埋もれているレールです。

水浜電車なり、茨城交通茨城線か何かに使われていた車両の車輪と考えたいのですが、
軌間が狭すぎますよね?

どこかからナーローゲージの車輪持ってきたって考えたほうが妥当ですよね。

b0330744_21375634.jpg
ちょうどバスが入ってきたので大きさはこんな感じです。

営業所内では、イベントがあって、
子どもの頃よく走っていた古いバス(左)も見ることが出来ました。

特にバスマニアではないですけど、
利用者としての愛着がありますね。
b0330744_21372506.jpg
バス沢山です。はい。
b0330744_21372547.jpg
車庫だから、当たり前か(笑)。

水戸市袴塚 2017年4月


[PR]
by ta-tanchi | 2017-04-17 00:41 | 道路・鉄道 | Comments(0)