みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:水戸 ( 276 ) タグの人気記事

県民文化センター入口の銀杏が見ごろです

県民文化センター入口の銀杏並木が見頃です。
ここってあまり写真撮る人見かけたことありません。
b0330744_21270985.jpg

歴史館や旧県庁の銀杏に比べ、ここは水辺が近いからなのでしょうか?
色つきが他より早いです。

反対側の歩道。逆光。
b0330744_21275306.jpg
2014年11月  水戸市千波町

ちなみに歴史館は11月15日初めてライトアップするとのこと。
カメラマンが多数出没するでしょう。

でも待ってください。

ここの夜の紅葉は街灯に照らされて綺麗です。

誰もいない夜の銀杏並木独り占めできます。
b0330744_21311244.jpg
2012年11月

b0330744_21291940.jpg
2013年11月

すべて安いコンデジで撮影です。

[PR]
by ta-tanchi | 2014-11-06 19:44 | 公園 | Comments(0)

水戸光圀公 銅像 その2

前回大工町の水戸光圀公を紹介しました。
市民会館に水戸黄門御一行の像があります。
ありましたが正しいかな?
市民会館は今解体工事が始まっていますね。
b0330744_23553629.jpg
駅前のメジャー黄門様像とポーズが同じなのですが、同時に造られたのでしょうか?

b0330744_23555497.jpg
水戸城の御三階櫓の模型があります。
こちらももしかすると、駅近くの像に関係しているのでしょうか?

水戸市中央 2008年12月

おまけ。控えおろう~。印籠持っていませんけどね。
b0330744_23563060.jpg
隣の裸婦像に声をかけているようにも見える格さん?

 



[PR]
by ta-tanchi | 2014-10-25 19:20 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

水害の記憶を記したもの

台風が来ると、土石流が起きたり、川が氾濫したりします。
水戸でも昭和61年8月に那珂川が氾濫して大惨事になりました。
丁度私は中学生。同級生も何人か被害にあって板のを覚えております。

さてその水害の記録が五軒小学校下の道路の電柱に記されております。
b0330744_19553824.jpg


赤い線まで水位が上がったとのことだ。

b0330744_19554532.jpg

ずいぶんな高さです。
この水害のために那珂川の堤防が整備されていくことになります。

2014年4月 水戸市金町

[PR]
by ta-tanchi | 2014-10-13 16:16 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

曝井(さらしい)

郷土かるたで出てくる曝井。
行ってみました。
が、かるたの絵とは大きく異なった印象です。
b0330744_15303322.jpg
「万葉曝井の森」として整備され東屋もあります。
万葉と名前が付くのは曝井が万葉集に歌が詠まれているからです。
「三栗の中(那賀)に向へる曝井の絶えず通はむ彼所に妻もが」
みつくりの なかにむかえる さらしいの
たえずかよわむ そこにつまもが
b0330744_15304193.jpg
竹藪と木々に覆われ日が当たらないけどジメジメした感じがしないのは
整備されているからだけではないように感じました。

実際万葉集が出たころの時とは違うでしょうけど、独特な雰囲気。
b0330744_15314701.jpg
湧水は静かに出ていました。
b0330744_15433902.jpg

b0330744_15432520.jpg
曝井の石碑が3つありますが、古いものは下のものです。
b0330744_15323203.jpg
駐車場がないので、ここにくつろぎに行くには、まちぶらが適しております。

水戸市愛宕町 2014年5月訪問


[PR]
by ta-tanchi | 2014-10-07 20:36 | 公園 | Comments(0)

瀧坂(滝坂)

瀧坂(滝坂)は、愛宕神社がある愛宕山古墳の堀の跡を利用した坂です。

自然の地形を利用しているのかと思っておりましたが、そうなんだそうです。
途中に曝井があります。
b0330744_15291504.jpg

古い地図を見ると、
この道はもともと大宮方面に向かう街道筋だったようです。
現在は下りの一方通行です。
街道筋の時、曝井周辺は賑わいがあったのでしょうか?

b0330744_15284200.jpg
下の道から曝井へは車は曲がれませんが案内はあります。
角地は瀧坂茶屋というのがあったようですがいつまで営業していたのでしょうかね?
b0330744_15285360.jpg
水戸市愛宕町 2014年5月
次は曝井に続きます。


[PR]
by ta-tanchi | 2014-10-05 19:00 | 道路・鉄道 | Comments(0)

茨城県測量原標

茨城県庁の南側の緑地内に、茨城県測量原標があります。
この測量原標は茨城県内基準点水準点の原標となるもので
地球上の位置を表す緯度・経度及び東京湾平均海面からの標高を表示しております。
b0330744_00334114.jpg
東経 140度26分49秒
北緯  36度20分24秒
標高31.02m 

でしたが・・・

b0330744_00120493.jpg
 

検索すると
東日本大震災による地殻変動を受け、
県内の測量基準となる県庁内の原標が東に1mずれ、20cm沈んでいたのとことです。


2013.5.30改正
30.83m
が付け加えられておりました。
b0330744_00122077.jpg
b0330744_00120936.jpg
水戸市笠原 2011年7月 2014年6月

[PR]
by ta-tanchi | 2014-10-01 22:16 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

この先白鳥注意

千波湖南岸の自動車道路に、
今年の7月末か8月初旬だか忘れましたが、
「この先白鳥注意」
「白鳥横断注意」
という動物警戒標識が立っているのに気が付きました。
b0330744_07325405.jpg
b0330744_07324955.jpg
(ここで白鳥が横断するわけではないです)

b0330744_07323770.jpg
奥に見える白鳥が横断するわけでもございません。

何時ぞやの市長ブログよりまとめると、
白鳥がしばしば道路を横断したり、道路上にうずくまったりして、
危ないから何とかしてほしいと言う要望を受けていました。
白鳥に「おとなしくしてなさい!」と言ったところで、
言う事を聞くわけがありません。
そこで、要望を逆手に取り、
写真のように「白鳥横断注意」の看板を設置してみました。
白鳥が道路を横断しているときは、優しく見守ってください。

とのことです。
ん~、盛った文章(笑)ですね。

とにかくあの道をスピード出して走ることは良くないです。
白鳥も、もちろんそうですが、
子どもが灌木の隙間から出てきたり、大人も出てきたりしますからね。

動物警戒標識が付いたことで、
千波湖には、白鳥がいますよ!。
そしてここは水辺のいいところですよ!
っていうのが分かってもらえる道路になったかと思います。

ちなみに夜撮影するとこんな感じです。
b0330744_07334153.jpg
b0330744_07335037.jpg
水戸市千波町  2014年8月

[PR]
by ta-tanchi | 2014-09-25 19:04 | 道路・鉄道 | Comments(0)

吐玉泉 3代目っぽいの

吐玉泉は偕楽園の清水がわき出ているところです。
現在の泉石は4代目の寒水石です。

3代目の吐玉泉を再現したという寒水石。
3代目がここにあるわけではないですよ。
b0330744_22335396.jpg
3代目はこんな形していたかはあまり覚えていませんが、
雰囲気が似ているのでしょう。きっと。

これは、偕楽園ではなく、
亀じるし本店の入口にあります。

昭和52年に3代目の吐玉泉に似た石が真弓山より偶然産出されたので、
亀じるしが引き取り、平成11年にこの地に設置したとのことです。
b0330744_22332582.jpg

裏側も
b0330744_22341174.jpg
亀じるしは、もともと南町角、ちょうど今南町自由広場になっているところにありました。
水戸の菓子屋の老舗です。
といっても、私が知っているのは、ユニーの1階にあったことだけしか覚えておりません。

残念ながら街中では、駅まで行かないと亀じるしのいろいろなものは買えません。



水戸市見川  2014年9月



[PR]
by ta-tanchi | 2014-09-23 19:43 | 公園 | Comments(0)

吐玉泉 2代目

現在偕楽園にある吐玉泉の泉石は4代目。

偕楽園公園センター内にひっそりと2代目の吐玉泉の泉石が存在していることは
ほとんど知られていません。
私も最近知りましたので行ってみました。

で、その偕楽園公園センターってどこよ?
ってな人も多いと思います。

護国神社前です。
b0330744_22160183.jpg
吐玉泉の2代目の泉石、
何処にあるのか探してみました。

あった・・・
建物の裏にね。
b0330744_22160977.jpg
が・・・

b0330744_22162057.jpg
割れているし、なんだか無理やり補修した跡があります。

移動してる際に破損してしまったようにも見えるのですが・・・

元々は上の写真の正面に展示してあったとのことでしたが、
建物の裏にひっそりと置かれています。
いや放置されているといったほうが、正しい表現かもしれません。

その前は、好文亭の北側の庭に置かれていたとのことです。

水戸市見川  2014年7月




[PR]
by ta-tanchi | 2014-09-22 19:52 | 公園 | Comments(0)

吐玉泉 現行4代目

偕楽園の吐玉泉の泉石は4代目です。
常陸太田市真弓山産の大理石、別名寒水石
b0330744_22131091.jpg
b0330744_22145603.jpg

b0330744_22140989.jpg
補修しているところが気になりますが、補修する意味があったのかは疑問です。

ペットボトルを多量に持ってきて汲んでいるいる方がおりました。
飲用ではないので塩素が入っていないと表記されております。

子どもの頃は、これの前の泉石でしたが、柄杓が置いてあって飲めるようになっておりました。

b0330744_22133553.jpg
その横に鬱蒼と生える太郎杉。

水戸市常磐町  2014年8月





[PR]
by ta-tanchi | 2014-09-21 19:36 | 公園 | Comments(2)