みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:水戸 ( 251 ) タグの人気記事

細道ツアー その1 

細道ツアー。
タモリ俱楽部で細道ツアーで東京都北区の路地裏の細道を巡るという回を見て、
水戸にもあるよねえってことで・・・。


運転していて信号待ちで気になっていた路地を見てきました。
b0330744_22020513.jpg
国道50号線の西原。
押しボタン式の横断歩道の信号機横の電柱脇にその細道はあります。
b0330744_22020636.jpg
国道に面した細道。意識しないとその存在は判りません。
自分でもよく見つけたなあと・・・。

確認すると、国土地理院の地図でも表示される道です。
では、行ってみましょう。
b0330744_22020656.jpg
垣根は訪問時ちょっと前に刈られたようですが、
ちょっと放置すれば通るのもままならなくなりそうです。

進んでいくと・・・
b0330744_22020684.jpg
立派な門…。
ですがあまり使われていないようでした。
車はもちろん通れません。
b0330744_23230344.jpg
前の写真のマンホールを越えたところで振り返ったところです。
水戸市の市章が入ったマンホールでした。

b0330744_22023488.jpg
ずんずん進んでいくと、車の通れる路地となりました。


b0330744_22023542.jpg
また振り返ってみました。


水戸市西原 2016年7月




[PR]
by ta-tanchi | 2017-09-22 07:17 | 街秘境 | Comments(0)

忠魂碑(千波山)

千波山の交差点にある石碑群です。
信号待ちで存在を知っている人は多いと思います。
b0330744_00585295.jpg
左から緑岡村の日露戦争の戦没記念の碑
中央、右は 満州事変以降大東亜戦争戦没者の忠魂碑です。

2016年5月

[PR]
by ta-tanchi | 2017-09-20 07:04 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

偕楽園 萩のライトアップ

2年前の萩まつりのライトアップです。
閉園間際の8時50分くらいに入りましたが、警備員しかおりませんでした。
b0330744_03264321.jpg
2年前のものですので、ライトアップの仕方も変わっているかもしれません。

b0330744_03264423.jpg

b0330744_03264303.jpg
今日あたりは萩は見頃ですね!!


水戸市常磐町 2015年9月 

[PR]
by ta-tanchi | 2017-09-15 07:16 | 公園 | Comments(0)

笠原簡易水道

笠原簡易水道。
笠原水道とは全く別のものです。
簡易が付いているからではなく、場所も全く違う場所に存在しておりました。

笠原簡易水道はどこにあるかといいますと、
茨城大学裏にある笠原神社下で、この段丘面からの湧水を利用した水道です。
b0330744_00272186.jpg

湧水の一部は神池として水が出ております。
明治のころから生活用水として利用されていたようです。
飲んでみましたがおなかを壊すことはありませんでした。

笠原簡易水道としての歴史は浅く農村復興特別助成事業として昭和36年9月に竣工しました。
竣工時は民家37戸と公民館に配水、水田の用水としても利用されました。

施設は、貯水槽、濾過槽、滅菌装置を設置しました。
今でも施設跡が残っております。
b0330744_00272143.jpg
上の写真はこの簡易水道跡の写真の中央のものを近づいて撮影したものです。


昭和55年7月に、水戸市上水道に吸収合併されて役目は終わったようです。

そして簡易水道が出来た記念碑が残っております。
b0330744_00272113.jpg

水戸市文京 2017年2月


[PR]
by ta-tanchi | 2017-09-12 07:05 | 街秘境 | Comments(0)

旧6国、千波のサグを追う その2

前回の続きです。

マンションの進入路をくぐります。
そのあとも暗渠で続いているようですが、ちょっと追えませんので、
閉鎖した格安ガソリンスタンドの横の道を進みます。

b0330744_01001320.jpg

すると宅地の中に先ほどの水路跡、まっすぐな暗渠道路にぶつかります。
このあたりは、旧6号より下ってます。

b0330744_01001379.jpg

さらに下っていきますが、水路は道路の下にあるようです。
b0330744_01001440.jpg

緑岡中学校の横の道路の下に水路が眠っているようです。
ここは勾配があります。

b0330744_01203345.jpg
坂を下っていきます。
b0330744_01203428.jpg
最近道路が整備されたので、水路の痕跡がわかりませんが、
2011年のストリートビューでは左側の歩道部分が暗渠となってました。

突き当りの集合住宅のところに水路跡が残ります。
b0330744_01203412.jpg
駐車場の右側に続きます。
b0330744_01203445.jpg
駐車場の突き当りは施錠した門がありますがその下が暗渠。
b0330744_01205481.jpg
暗渠の先は、桜川に続く水門です。
b0330744_01205450.jpg
b0330744_01205446.jpg
ゴール。水路の名前は判りません。

水戸市見川町 2016年5月、2017年2月





[PR]
by ta-tanchi | 2017-09-08 07:22 | 川・水路 | Comments(0)

旧6国、千波のサグを追う その1

旧6号線、県道50号線。
千波町のマツダから日産プリンスの間にはサグがあります。
サグとは下り坂から上り坂にさしかかる凹部のことです。
緩い下り坂でクリーニング店になっているあたりが底です。

車で走っていると、渋滞ポイントだな~ぐらいで、
勾配を意識しないと感じない場所ですね。
b0330744_00585393.jpg
マツダ横の交差点から緩い下り坂。

b0330744_00593831.jpg
反対側日産プリンス側からみたところ。

写真でも勾配があるのがわかりにくいですよね。

b0330744_00590747.jpg
クリーニング屋と、今はやっていない?定食屋さんとの間がサグです。
手前のガードレール見てもらうと下って上っている感じわかりますよね?

そこに何があるかというと、水路の跡である暗渠があります。
水の流れによってできた地形だから低くなっているってポイントです。
サグあれば水の流れあり!!

b0330744_00590812.jpg
クリーニング屋さんの横が上流方向となります。
進んでみます。

話変わりますが、このクリーニング屋さんになる前は
ここにヒュンダイのディーラーがありましたね。

b0330744_00590871.jpg
クリーニング屋さんの裏に水路発見が続きます。
突き当たって曲がって

b0330744_00590867.jpg
駐車場と建物の間を進んでいるようです。
そのあとはどこに行くかはちょっとわかりません。


今度は旧6号を境に下流側を見ていきます。
b0330744_00593822.jpg
駐車場と民家の間を縫って水路が続きます。
b0330744_00593920.jpg
マンションの横から見るとこんな感じです。
b0330744_01001324.jpg
マンションへの取り付け道路下にもぐってしまいます。
b0330744_01001231.jpg
続く

水戸市千波町 2016年5月

[PR]
by ta-tanchi | 2017-09-05 07:50 | 川・水路 | Comments(0)

破壊と創造

破壊と創造
b0330744_00415004.jpg
凄いスローガンですね。

目に入ったときにウンン?
となりましたよ。

これがあるのは、ミトリカ という会社にあります。
ミトリ カ で区切ってしまいました。
そうではなく ミト リカです。
b0330744_00415141.jpg
というわけで、ミトリカってごめんなさい。知りませんでした。

元々、水戸理科ガラスという会社で、
検索すると、高品質のガラス・石英セルをはじめ
分析用光源のホロカソードランプ、重水素ランプ、理化学機器など、
様々な加工品、製品を社会に提供し続けております。

理化学機器などは、もしかすると世界的な研究機関でも使われているのかもしれません。
医療の発展や科学、工業の分野に貢献しているのかな?。
もしかするとノーベル賞を獲得できるような研究でも用いられているかもしれないよなあ~
と考えると、夢が広がっていきます。


スローガンも会社を知ると納得できました。

水戸のグローバルな企業です。

あ~知らないことだらけだ。

水戸市千波町  2017年8月





[PR]
by ta-tanchi | 2017-09-01 07:20 | 街秘境 | Comments(0)

顔面建築 その1

顔面建築とは何ぞや?
そんな言葉はありませんが、顔面に見える建物をそう呼んでみます。

顔面建築でググっても出ないので、顔に見える建物のマニア界では違う呼び名なのでしょう。
呼び方あったら教えてください。

b0330744_01081496.jpg
水戸証券の建物を梅香の原研住宅からふと撮影しました。
撮影していたら、何撮っているの?と声をかけられ、
言葉に詰まりましたが(笑)、あの建物が顔に見えたもので・・・
と説明したけど、わかっていただけたかはわかりません。

顔面建築は、
見つけた時のニヤリ感は、街歩きのご褒美です。

水戸市梅香 2016年12月


[PR]
by ta-tanchi | 2017-08-30 08:14 | 建物 | Comments(0)

歴史館の水飲み場

今週末は歴史館まつりがありますね。
そんなわけでブログの下書きのストックに埋もれていた記事を・・・。

歴史観の水飲み場です。Y字型です。
b0330744_20210096.jpg

車いすのマークがありますが、真ん中の水道に対してなのかな?
地面は車いすに対応しているようにはどうもねえ・・・。



b0330744_07175885.jpg
訪問時は大きなキノコが生えてました。

水戸市緑町 2015年7月

[PR]
by ta-tanchi | 2017-08-19 07:49 | 脱力系 | Comments(0)

下馬橋

下馬橋。
極楽橋の由来の伝説に由来する橋です。

昔、香取稲荷を前にして殿様の馬が急に進まなくなってしまい
下馬したというお話があるからです。
そして歩いてきたところ、極楽橋のあたりで馬に乗ることが出来、
「あ~,極楽,極楽」と言ったという話が極楽橋の由来に対しての下馬橋…。
ちょっと後出しじゃんけんぽいネーミングです。

まあ見てお通り、用水路に架けられた橋です。
車で走っていると、橋の感じは一切ありません。
b0330744_23422935.jpg
この用水路はいつの時代からあるのでしょうか?
用水路になる以前も小川があったのかもしれませんね。

お殿様が通ったとされる時代にどうだったかはわかりませんが、
まあこの辺で馬降りたということなのでしょう。


b0330744_23423004.jpg
橋から正面に香取稲荷神社があります。
こちらが参道になりますね。
まっすぐな道の突き当りに神社があるという光景はよく見ます。
後付け道路が横に伸びているという感じでね。

b0330744_23422920.jpg
反対側は田んぼです。
手前のガードレールが下馬橋になります。

ちなみに、この道は那珂川沿いを進む、今の県道174号小泉水戸線の旧道になります。
なのでこちらが本来の街道筋になります。

これにて地獄極楽ウォーキング、了?。


水戸市東大野 2016年8月

[PR]
by ta-tanchi | 2017-08-15 08:27 | 道路・鉄道 | Comments(0)