みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:水戸黄門 ( 8 ) タグの人気記事

ブラタモリ 水戸 巡った場所 速報版



2017年1月28日、ブラタモリ水戸が放映されました。

「水戸黄門は、なぜ人気があるのか?」というテーマです。
b0330744_23273477.jpg

詳しい話は置いといて、とりあえず巡った場所で手持ちの写真や既出の記事を載せます。


水戸駅からは始まったブラタモリ。
徳川御三家の城跡をということで、
まずは、水戸三高横の坂を上がっていって、
水戸城の一の丸と二の丸の間の、水郡線の通っている堀を見ました。
b0330744_07422107.jpg
そして本城橋を渡って水戸一高へ。
天守閣もなく、石垣もない城跡を見るわけです。

水戸藩は江戸との往復、家臣を両方に抱えたため借金だらけだよという話。
そこにある薬医門を見ます。これは佐竹時代からのものを有効活用したという話。

借金だらけなのでどうしたのかというようなことで話は進みます。

b0330744_21471456.jpg
土塁もね。
b0330744_21471473.jpg



そして街中へ。
自然にあった谷を生かした紀州堀

b0330744_21563248.jpg



その堀のあった東側の縁?出会った道を進み、芸術館を見ながら
台地の北側の高尾坂へ。写真撮影済みなのですがちょっと見つかりません。
河岸段丘ね~みたいな話をして、

そして光圀が水戸の町人のために行った事業である、笠原水道を見に行きます。

b0330744_22533351.jpg
笠原水道の水を飲んでまろやかですね~みたいなやり取りのあと、
ここから笠原水道が続いていた湿地帯の木道を進みます。
湿地帯を進む水道はどうしたのかという話になります。
b0330744_22513414.jpg
唯一のその遺構が見える地点へ行きます。
b0330744_00014345.jpg

展示されている笠原水道の石をみて、
崖下から染み出る水も有効に活用するため
暗渠内の岩樋に入るような隙間があったことを確認します。
b0330744_00013776.jpg


そしてこの岩はどこから来たのかを巡ります。
常磐線沿いの崖地帯へ。
私はここでのロケをしているのを車から目撃しました。
b0330744_21431646.jpg
凝灰岩泥岩を使ったという話をしてました。
軽くて運びやすいかったという点ね。
笠原水道は270年間も機能したんですよ。


そして今度は光圀が没後140年後に出来た、弘道館へ。
弘道館は江戸時代の最大の藩校でした。

弘道館の門が開くのは年に4回なのは知りませんでしたが、
開いている写真を。
b0330744_23151165.jpg
大日本史の編纂を始めた話。
そして水戸藩士が全国を巡ったという話。
それが光圀が全国的に知られ人気になったというようなくだりを和気あいあいと・・・

尊攘のかけ塾は紹介されず、402巻大日本史の拓本、斉昭の弘道館記碑拓本を見たりします。
b0330744_23151185.jpg
梅の名所の偕楽園へ向かいます。
ここも教育と深く結びついた施設としての紹介です。

観光客が入る東門ではなく、表門から入るのです。
b0330744_22590077.jpg
そして竹林の景観を見て、梅しかイメージないです、
そしてこんなところがあるのかというような話をしながら進みます。
b0330744_22241487.jpg


好文亭の話は一つも出ず梅林のあたりへ行くと、
偕楽園は、教育の一環として
斉昭公の「一張一弛」という考えのもとに作られた寄って言うような話を。
弘道館が一張ならば偕楽園が一弛になるってことね。

陰と陽の話も。

そして、仙奕台付近へ。
偕楽園には庭園の池がないという話で、
自然の千波湖が眺められるのでその必要なんてないよねっていう話。

弘道館と偕楽園は、光圀の精神を受け継いでいるです。

で終わるんです。
b0330744_23063705.jpg
エンドロール最後に、仙奕台に将棋の駒を置いてあったのが印象的です。
b0330744_23002755.jpg
エンドロール後に
藁苞納豆を食べて終わりです。

抜けているところもありますし、話の筋もちょっと違うのでは?
というところもあるかもしれませんがそこはお許しを。

最後に、現代ていうと、水戸黄門ってタモリさんだよね。
人気もあって全国漫遊してますもん(笑)。




[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-29 01:02 | イベント | Comments(0)

笠原水道 概要


笠原水道に関して、ウェブ上の公共系では残念ながら簡単すぎることしか載っていません。

b0330744_00165951.jpg

「水戸の歴史」という学校で配られている?教育委員会発行の読本の中には、簡単すぎず難しすぎず載っていますので、ここにほぼ丸写しですが、載せておきます。

笠原水道

千波湖の東側の低地を埋め立てて下町ができると、やがて町人が住み着くようになりました。
下町は、低地のため良い水には恵まれなかったので、吉田の2か所のため池から水を引いてました。
雨が降れば、水が濁って飲料水にはなりませんでした。

第二代藩主の徳川光圀は、問題解決のため町奉行の望月恒隆(もちづきつねたか)に相談し、数学や天文、地理に詳しい平賀保秀(ひらがやすひで)に地質を調べ計画を立てるように命じました。森林台地のふもとに、絶えずきれいな水が沢山出ている笠原を水源地に決めました。また、笠原から下町までの様子を調べ、笠原の湧水を千波湖の南岸沿い引くのが一番良いと望月恒隆に報告しました。

恒隆は、永田茂衛門(ながたもえもん)の子勘衛門(かんえもん)に任せて計画を実行しました。勘衛門は、湖の岸に提灯を立て、その提灯が水面に映る様子を見て(と書かれておりますが、どうなんでしょう?水面に映る様子ではなく、提灯同士の高さを見たのでは?)土地の高さを測りました。

水道は、笠原水源地から逆川に沿って千波湖に出て、岸に沿って吉田神社の崖下を通り、備前堀を越えて、本町に出て、細谷(城東)まで届いています。
b0330744_00025803.jpg
樋の材料には、岩や木、竹なども使っていますが、備前堀を超えるところだけは銅を使っています。岩は千波湖の対岸の備前町、天王町の崖下から切り出して船で運びました。岩を切り出した跡が洞穴のようになって、今も残っています。

岩樋のつなぎ目には粘土を使い、水路は地中に通すなど、当時、他藩では見られなかったような技術を用いました。町内には、水ダメを作り、旅人も自由に飲めるようにしました。この水道を作るために、554両というお金をかけ、延べ25014人の人々が働き、1年半という短い工期で完成しました。できた後は、水道を使う町人たちがお金を出し合って修理したり、当番を決めて捕手をしました。それからずっと長い間、生活のために多くの人々に利用されました。

今でも笠原水源地のそばに、「浴得泉」の碑が建っています。これは、この水道を作ったいわれを書いてあります。光圀の素晴らしい業績を後世まで伝えようと、8代藩主徳川斉脩(なりのぶ)の時代に建てられたものです。

写真は、水戸の水道史(第一巻)より掲載しました。







[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-27 00:34 | 川・水路 | Comments(0)

ブラタモリ「水戸」放送日が決まりました


ブラタモリが水戸に来るという話は昨年内々に聞いておりました。
タモリさん、いつ頃水戸に来るのかな~と思って過ごしておりました。

そして12月にタモリさん目撃情報、
私はヒカリモの洞窟のあたりに人だかりがあり
それっぽいロケをしているのを遠目に目撃していたのでした。
b0330744_23273477.jpg

ブラタモリ #61 水戸 ~水戸黄門は なぜ人気があるのか?~
2017年1月28日(土)午後7時30分~8時15分
放送予定です

巡った場所を勝手に推測です。

水戸駅から一高からの自然の地形を利用した堀跡~大日本史~街中の堀の空堀の高低差、
偕楽園では何を見たのでしょうか?
そして下市の街の発展として笠原水道について、備前町の常磐線沿いのヒカリモの洞窟

という感じでどうでしょう?
なぜ人気があるのか?という点をどのように紹介するのか楽しみですね。

追記 放映後に行った場所を載せました。




以下コピペ

ブラタモリ、茨城県の水戸へ!水戸と言えば、梅の名所・偕楽園に水戸納豆、そしてなんといってもテレビドラマでもおなじみ「水戸黄門」。しかし黄門様こと徳川光圀公はいったい何をした人で、どうして全国にその名を知られるようになったのでしょうか?知られざる黄門様の真実の姿を、タモリさんが水戸の町をブラブラしながら解き明かします。まずは水戸城へ向かったタモリさん。名古屋、和歌山とならぶ徳川御三家のお城のはずなのに、天守もなければ石垣もないのはなぜ?そこには、とんでもない苦労が隠されていた!?「あるものを有効活用」が水戸藩の精神!・・・っていったいどういうこと?黄門様が、水戸の町づくりのために引いたのはなんと、石の水道。その奇想天外な仕掛けにタモリさんもビックリ!さらにその石の産地を探してやってきたのは、町のど真ん中、電車が行きかう線路沿い!?黄門様の偉業、全402巻の歴史書「大日本史」と、黄門様人気の意外な関係とは?さらに日本三名園の一つ・偕楽園は、実は教育施設だった!?梅を楽しむ観光客も知らない、黄門様の思いを受け継ぐ不思議な仕掛けとは?

[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-14 00:06 | イベント | Comments(0)

笠原水道

笠原水道です。
ここは光圀(水戸黄門)が城下町(下市)の用水の便が悪いことを改善するために
1662年と翌1663年で総延長7キロの上水道施設(日本で18番目)
を設けた際の水源地です。

説明書きによると、
主導水管凝灰質砂岩を使い、支線は木樋、各戸へは竹樋を用い、
街道には公共用の井戸を設け、
550両、延べ2万5千人の人夫の大工事だったとのことです。

まずはコチラの概要を読んでね




b0330744_09531481.jpg
史跡 笠原水道

b0330744_22520262.jpg
はげた案内板があるのですが、
これがこの地域を散策するに当たり解りやすいので
是非綺麗にしてほしいと思います。

ところで旧笠原水道と書かれていますが
「旧」を付けている理由はあるのでしょうか?

b0330744_22522763.jpg
史跡 笠原水道 の石碑の横に岩の樋状のものがあるのですが、
これは遺構なのでしょうか?
それとも何かの石碑が倒れてそのままなのでしょうか?
ググっても良くわかりませんでした。


b0330744_22554063.jpg
1826年に建てられた「浴徳泉の碑」があります。
歴史を感じますね。
b0330744_22533351.jpg
浴徳泉の碑の奥に、進むと「竜頭共用栓」から水が出ております。
明治時代の改修時に下市地区に設置されたものを復元したものだそうです。
これは、水戸市水道低区配水塔にも同じものがありますね。
b0330744_22540737.jpg
説明書きが裏にあります。

この水はここの湧水を飲用水にしたものです。とのことです。
どういう事かというと塩素を注入した水道水ということです。

ポリタンクをたくさん持って湧水を組みに来る人がたくさんおりますが・・・。

b0330744_22544110.jpg
ということで、
裏には水を出したら元栓を閉めるように書かれております。
水栓を開き放しにして水資源を無駄にするのはやめましょう。

水戸市笠原町 2014年7月

次は 階段を上ります



[PR]
by ta-tanchi | 2015-08-25 19:34 | 公園 | Comments(0)

黄門さん おしゃべりパーク

一昨日の8月7日から55回黄門まつりが今日9日まで開かれております。
b0330744_09113653.jpg
7日、街中の隙間からみる花火

b0330744_09133682.jpg
8日昨日の京成前です。

今夏はその黄門様に関する話題になります。

太田街道の起点でもある南町角。
ライブハウスライトハウス前の道路整備の際に出来た三角地帯に
黄門さんおしゃべりパークがあります。
b0330744_22473533.jpg
ライブ前などは人が沢山ここにいますが、
普段はあまり黄門さん、通行人にかまってもらえることはないようです。

b0330744_22482502.jpg

黄門様は西山荘を向いているそうです。

おしゃべりパークという名前の通り、
黄門様像の横の葵の紋所の印籠にボタンがあり
押すとしゃべります。
季節ごとにおしゃべり内容が変わるので
各季節にボタンをポチッと押してみてください。

黄門様裏の花咲(花屋)のおじちゃんが
ここのお花の手入れをしてる姿をよく見かけます。


水戸市泉町 黄門まつり 2015年8月 水戸市南町 黄門様 2014年7月

[PR]
by ta-tanchi | 2015-08-09 09:17 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

義公祠堂(水戸黄門神社)

義公誕生の地は、義公祠堂としてまつられています。
義公は光圀のことです。だから
別名を水戸黄門神社ともいいます。
b0330744_16434293.jpg
家老の三木兵仁兵衛邸で生まれた光圀。
ここに屋敷があったってことなのでしょう。

b0330744_16445026.jpg
夜でも街灯に照らされて明るいです。

水戸市三の丸 2014年6月






[PR]
by ta-tanchi | 2014-11-26 21:11 | 寺社 | Comments(0)

水戸光圀公 銅像 その2

前回大工町の水戸光圀公を紹介しました。
市民会館に水戸黄門御一行の像があります。
ありましたが正しいかな?
市民会館は今解体工事が始まっていますね。
b0330744_23553629.jpg
駅前のメジャー黄門様像とポーズが同じなのですが、同時に造られたのでしょうか?

b0330744_23555497.jpg
水戸城の御三階櫓の模型があります。
こちらももしかすると、駅近くの像に関係しているのでしょうか?

水戸市中央 2008年12月

おまけ。控えおろう~。印籠持っていませんけどね。
b0330744_23563060.jpg
隣の裸婦像に声をかけているようにも見える格さん?

 



[PR]
by ta-tanchi | 2014-10-25 19:20 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

徳川光圀公 銅像 その1

徳川光圀公。
誰でも知っている水戸黄門です。
水戸市内には何体か黄門様の銅像があります。
b0330744_21572833.jpg
今回紹介するのは、たぶん一番マイナーで、
観光客もこれをバックに写真撮影はしないであろう大工町交番前にある銅像です。
ま~、言ってみればマニア向け?玄人向けな銅像です。

ただ、もしかすると、
夜は酔っ払い客相手に管を巻かれたり、記念撮影されているのかもしれません。
b0330744_21573299.jpg
水戸の街を見てどう思っていますか?黄門様。

水戸市大工町 2014年8月訪問


[PR]
by ta-tanchi | 2014-10-23 19:38 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)