みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

タグ:水戸上市 ( 167 ) タグの人気記事

高橋パン屋のシャッターアート

いつのころかは忘れましたが、
高橋パン屋さんのシャッターに煙草に関する絵が描かれました。

最初は正直ぐろいなあ~と思ってましたが、
見慣れました(笑)。
今は景色に溶け込んでおります。
b0330744_11555594.jpg
パン屋を名乗るくらいですから昔はパンが売られておりましたが、
いつの頃かパンも作らなくなりました。

ここ3年くらいはシャッターも開くこともなくなりました。
自動販売機だけが稼働しているようです。
b0330744_11555404.jpg
昔少年ジャンプと買ったりした記憶はありますが、
コンビニが立ち並ぶ今、
雑誌はこのような個人商店にはもう並ぶことはないでしょう。

水戸市泉町 2016年10月 


[PR]
by ta-tanchi | 2017-08-26 08:32 | 街秘境 | Comments(0)

泉町広小路と柳 その3 柳の木が植樹されたのだが・・・

約一年前に 泉町広小路の柳の木が伐採された記事を書きました。

その後、市長と話す機会があって柳のことについてお話ししました。

後ほど市から返答がり、道路を管轄する国交省は
伐採した段階で代わりの柳の植樹が冬に決まっているとのことでした。

今年の2月の初旬かな?気が付くと柳の小木が植樹されておりました。
b0330744_08561615.jpg
春が来て夏が来て、葉が茂るのだろうと思ってみていたのですが、
ちょろちょろと葉が出て青々と茂ることもなく、
7月の段階で残念ながら殆ど葉っぱは枯れてしまってます。
b0330744_10192098.jpg
ん~残念です。
b0330744_10192132.jpg
青々と茂った柳が泉町に戻るのでしょうか?

水戸市泉町 2017年2月7月







[PR]
by ta-tanchi | 2017-08-23 07:09 | 旧町名 | Comments(0)

大手門建設の仮設歩道 その後

大手橋の仮設歩道の階段強度が弱くて踏み抜きそうだってネタを、
階段が出来て早々に載せました。

先日行ってみると、階段部分はコンクリートになってました。
b0330744_00304548.jpg
滑らず、硬いし、安全になりました。
最初から強度を上げた状態で作ればよかったのにね。
b0330744_00304694.jpg
8月20日現在の大手門の予定地です。
b0330744_00304541.jpg
弘道館側には、ようやく高校生用の自転車置き場が出来てました。
階段を持ち上げて通っていましたからね。

ただ、ここから一高や三高までは距離があります。
どのくらいの利用者がいるのかな?
b0330744_00304686.jpg
水戸市三の丸 2017年8月






[PR]
by ta-tanchi | 2017-08-21 07:06 | 道路・鉄道 | Comments(0)

大手門建設の仮設歩道ほか

前回は、大手門建設のため、
大手橋が通行止めになったよという話
を書きました。
b0330744_23262136.jpg
今回はその続きです。
大手門を作る場所は囲いが出来ております。

道がふさがれる前の仮設歩道だけのもの、
b0330744_23255185.jpg

そして、その前の大手門発掘時の写真です。
b0330744_10160608.jpg
ちょうどこの場所に大手門を作るわけです。
城下町特有の枡形をもう俯瞰することはできなくなってしまいました。

さて、このたび出来た木道を通ってみます。
水戸二中、茨大の付属幼稚園と付属小学校、水戸三高、水戸一高への通学路ですね。
b0330744_23290638.jpg

歩いていくと・・・
??

階段の木が弱くて結構たわみます。
階段の裏の梁が中央付近に1本のみで強度に難があります。
このままだと、だれか踏み抜くのではと心配です。
この階段、31年秋まで約2年ちょっと使うわけですから、
このままの状態でいいのでしょうか?

構造設計は大丈夫なのでしょうか?
家庭レベルでもこういう感じで作ってもらっても
施工業者にクレーム入れますよ。


壊れてからでは遅いです、
早いうちに手を打ってほしいです

階段に使われている木材も安材な感じなので、
2年持たないなんてことはありませんよね?

上るとこんな感じです。
b0330744_23290744.jpg
上からも大手門になるところを俯瞰したところです。
この角度からの景色は新鮮です。
b0330744_23290759.jpg
反対側。

b0330744_23290712.jpg
土塁が続きます。これ二中山脈ですよね。
徳川以前からある土塁なんでしょうか?

仮設歩道からみるこの風景はグッときましたよ。
普段は見れないわけですからね。
大手門が出来ると、ここに土塀が出来るようです。
大手門は百歩譲っても、土塀はいらないと感じました。

期間限定の説明案内板がほしいと感じました。
ただ仮設歩道で往来がある中立ち止まるのは良くないか・・・。

こういう、城郭の遺構があるだけで十分ではないでしょうか?
それだけで魅力だと思いますよ。
眠っているものも説明があったりするだけでいいよね。

突然わけのわからない贋物の門とか作っちゃって
夏になるとライトアップに群がる虫によって汚らしく見える、

なんだかずれてません??

話は戻ります。
b0330744_23290787.jpg
水戸二中と付属小学校前へ。

早速歩道の掘り返しが行われておりました。
b0330744_23355749.jpg
何のために?と思ってましたが、
道路が通り抜けできなくなるので、
ここに回転場を作るみたいです

そしてその先、
発掘調査そして歩道の拡幅、電線の地下埋設工事してました。
b0330744_23355809.jpg
ほじくり返した地面だってそんなに時間たっていないですよね。


市民会館で騒いでいる方々は、こちらに対しては寛容なんですね。
まあ全くの別問題ですけど。

水戸市三の丸 2017年5月6月 2015年9月 








[PR]
by ta-tanchi | 2017-06-16 08:31 | 道路・鉄道 | Comments(0)

大手橋の車両通行止

平成29年6月1日から、
水戸城大手門復元整備工事着工に伴い、
大手橋から水戸二中と付属小学校校門間が車両通行止めとなりました。

b0330744_23280470.jpg
工期は平成31年9月9日までです。結構かかりますね。
b0330744_23262032.jpg
イメージ写真で行くとこんな風になるようです。
b0330744_07050485.jpg

大手門に関しては
まあ、正直いるのか、いらないのかと言われれば、
車両通行止めとなると不便になるなあと思う次第です。

でも、どっちでもいいです。

それから三の丸ホテル裏に駅から見えるように、二の丸角櫓も作っちゃうんだって。
茨城国体までに完成させる模様。

歴史的景観を作れば人が来るという発想なんでしょうけど、
本物の弘道館があればほかのものなんて
ジオングの足のようなもののような気も・・・。

「あんなの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ。」

b0330744_23262078.jpg
橋を渡ると、こんな感じです。
b0330744_23262136.jpg
大手橋を作る道路は囲いができております。
そしてその横に歩行者通路ができてました。


ここの向かいの大手橋の上には、
自転車は通行できませんと書かれているのに
自転車置き場??なの?
b0330744_23262181.jpg
と思ったら、
ベビーカー置き場ですって。
???
付属幼稚園向けにでしょうか?
真意はわかりません。

歩行者通路の様子は次回へ続きます。

水戸市三の丸 2017年6月






[PR]
by ta-tanchi | 2017-06-14 08:49 | 道路・鉄道 | Comments(0)

神崎寺には石仏めぐりの道があった模様

天王町の神崎寺は古くからあるお寺です。
b0330744_14053425.jpg
今回紹介するのは、お寺入って右側に進んだところにある
石仏群です。
b0330744_14053449.jpg
石仏群の先には西の谷の斜面に続く道の痕跡があります。
b0330744_14053684.jpg
そして少し離れたところにも、道の跡が・・・。
b0330744_14053571.jpg
2月で、草木の枯れた季節でもちょっと進める感じはしません。
b0330744_14053562.jpg

この道は、以前石仏めぐりの回遊路として整備されていたようです。
八十八ヶ所巡りを模しているとも(未確認)・・・

西の谷から神崎寺側の斜面を見ると、
ところどころに石仏があるのが確認できます。
b0330744_14302116.jpg

こんななにも無さそうなところを目を凝らすと
b0330744_14302147.jpg
石仏があります。
b0330744_14302163.jpg

下の写真は、以前紹介した石仏です。
ブログ初期に西の谷のかくれた石仏 という記事を載せたものも
神崎寺の石仏めぐりの小径上にあったもののようです。

なんとなくの想像ですが、
この小径は、神崎寺から西の谷に降りるための古道を利用しているのかもしれません。
b0330744_14245792.jpg

早起きをして、情報を仕入れ、この道の存在を知ったわけですが、
こういう埋もれたネタってきっとマチナカにはまだまだあると思うのです。

残念ながら石仏めぐりの小径は整備されることは無いのかな?


水戸市天王町 2015年9月 2016年2月


[PR]
by ta-tanchi | 2017-05-27 07:19 | 寺社 | Comments(0)

千人供養

b0330744_18364769.jpg
大正7年8月5日建造された地蔵菩薩です。
神崎寺の住職だった方が、鳥見町の芸子さんで複雑な事情から、
この地で命を絶った人がいてそれを供養しているのがこのお地蔵さんらしいです。
ただ、どうして千人供養なのでしょうか?

震災後は倒れてしまっておりましたが、
現在は修復がなされております。
b0330744_18365546.jpg
西の谷の隅、
線路沿いの道にあります。

水戸市天王町 2014年8月


[PR]
by ta-tanchi | 2017-05-23 07:18 | 石仏、道標 | Comments(0)

備前町の中央の道路はなぜ広いのか?

備前町の中通りの道幅は周辺の生活道路に比べると太いのです。

水戸に古くから家がある方に聞いたのですが、
はり天王さまがリバティーヌのあたりにあり、
そこに向かう参道だったので備前町の他の道より道幅が広いとのことのようです。
この「天神社跡」が「天王町」という地名の由来になった、
牛頭天王を祀った神社があった場所です。

徳川斉昭によって、上河内の素鵞神社に遷されて現在に至っております。
神社がなくても名残で周囲の町内会、
上金町?、下金町?、鉄炮町、泉町が当番でお祭りを引き継いでおります。
ちなみに天王町はお祭りには参加していないようです。
そこが謎ですよね。
b0330744_00503729.jpg
2車線に歩道もしっかりとあります。

それに面する道路東側の写真ですが、
歩道と路上駐車の許されない一方通行の道です。
西側の道路は写真はありませんが、歩道がない一方通行です。
b0330744_00503762.jpg
写真はありませんが、リバティーヌといえばデザートの焼きリンゴですね。
しばらく行っていないな~。
b0330744_19300168.jpg

水戸市備前町 2015年10月

[PR]
by ta-tanchi | 2017-05-09 13:33 | 街秘境 | Comments(0)

残っていた水戸電話局分室の建物跡

震災から6年が経ちます。
津波やそのほかのことで亡くなられた方のご冥福を祈ります。
もう6年、まだ6年。思い出しますね。

この地震で水戸の街中に残っていた
昭和20年8月2日にあった水戸空襲で焼失した
水戸電話局分室の建物跡の壁が崩れてしまいました。
b0330744_00031179.jpg

これに関する記事はかなり前に書きました。

b0330744_00290736.jpg
現在はコンクリートとなり、
水戸電話局分室の建物跡なんて無いのだろうと思っていたんです。

が、
駐車場ゲートのあるスロープと隣の建物の間を見ると
レンガの建物遺構を見つけました。

b0330744_00294702.jpg

コチラはしばらくはこのまま残ると思われます。
b0330744_00294840.jpg
積み方が荒いようにも見えるので、
もしかするとこの塀を作るとき空襲によって落ちていたレンガを積んだのかもしれません。

煉瓦を一部取り込んで、その上に大谷石の塀が造られ、
震災後に壊れた大谷石の部分にアルミ格子が追加されたようです。
b0330744_00294839.jpg
傾斜路に沿う斜めに積んであるレンガ、
これが戦前からの遺構であれば、ここはもともと傾斜路だったのかな?

b0330744_00290736.jpg
そんなこととは全く関係なく、ダイエー跡はマンション建設が続いております。

水戸市南町 2016年12月 一枚目だけ2011年3月


[PR]
by ta-tanchi | 2017-03-11 07:54 | 街秘境 | Comments(0)

街中に残るトロッコ軌道跡?

茨城食糧会館。
戦後高度成長期前くらいに建ったかんじですね。
築60年経っているくらいでしょうか?
b0330744_17535584.jpg
入口の
意匠が昭和デザインで素敵です。
b0330744_17540535.jpg
その建物の横に、軌道を発見しました。
b0330744_17535586.jpg
建物手前はコンクリートで埋められておりますが、
軌道ですよねえ。
手押しトロッコ????
b0330744_17540540.jpg
道路から奥に伸びていたようですが、
重い食糧?を奥に運ぶためのものだったのでしょうか?
b0330744_17540593.jpg
かつてはこのシャッターの中に続いていたのかな?
埋められて何かの設備が置かれてしまって
シャッターも開けることはできませんね。

水戸市大町 2016年3月

[PR]
by ta-tanchi | 2017-03-03 07:50 | 街秘境 | Comments(0)