みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

滝下橋の由来ってなんだろう? 

滝下橋。
市道見川116号、桜川に架かる橋です。
市道番号言われても・・・どこだかわからないですよねえ。
桜山から見川神社前を通って小吹に向かう道の桜川に架かる橋の名前です。
この記事書きかけで、信号待ちで市内のバス見てたら
どこ行きかは忘れましたが、バスの経由地に滝下橋と書いてあるのありますね。
メジャーな場所なのかな?
b0330744_23254062.jpg

b0330744_00285103.jpg

桜川は河川改修が行われて、川幅も広く大水になったときの遊水地が広がっております。

下の写真は、下流方向で水量が増えたら流れ込むようになっております。
写真はパノラマ合成です。

b0330744_23271621.jpg

この一帯は桜川緑地と呼ぶようです。

上流側は河川改修でまっすぐ伸びております。
ちなみに千波湖からここまでは歩道(自転車道)が整備されております。
高校生がイヤホンをしながら自転車を結構飛ばして通るので、
ちょっと危ない感じがあります。
b0330744_23250908.jpg

というところにある橋の名前の由来が分かりません。
滝下橋
滝なんて近くにないようですし・・・
昔は滝があったのでしょうか?
それとも滝が近くにあって私が知らないだけなのかな?

と、書きかけでしばらく下書きとして置いときました。

先日、その滝と思われるものがわかりました。

つづく


水戸市見川 2016年4月


[PR]
# by ta-tanchi | 2017-10-01 07:03 | 道路・鉄道 | Comments(0)

赤い頭巾と前掛けの石仏群


赤頭巾に赤の前掛け、

全部首のないお地蔵様なのかな?
b0330744_22013569.jpg

と撮影時には思っていましたが、
水戸の石仏という本を見ると、右より子安観音が2基、地蔵尊、馬頭観音と記載されてました。
石仏ではないものにも頭巾が被っているようです。

知らないとなんだろう?
ですね。

お供えもしてあって大切にされているようですね。


b0330744_22020501.jpg

閉店してしまった西原のミニストップ。
すぐ近くに出来たセブンイレブンは駐車場入りにくく感じるのは気のせいでしょうか?

そんなミニストップ跡の向かいに石仏群があります。

水戸市西原 2016年7月

[PR]
# by ta-tanchi | 2017-09-27 07:48 | 石仏、道標 | Comments(2)

細道ツアー その1 

細道ツアー。
タモリ俱楽部で細道ツアーで東京都北区の路地裏の細道を巡るという回を見て、
水戸にもあるよねえってことで・・・。


運転していて信号待ちで気になっていた路地を見てきました。
b0330744_22020513.jpg
国道50号線の西原。
押しボタン式の横断歩道の信号機横の電柱脇にその細道はあります。
b0330744_22020636.jpg
国道に面した細道。意識しないとその存在は判りません。
自分でもよく見つけたなあと・・・。

確認すると、国土地理院の地図でも表示される道です。
では、行ってみましょう。
b0330744_22020656.jpg
垣根は訪問時ちょっと前に刈られたようですが、
ちょっと放置すれば通るのもままならなくなりそうです。

進んでいくと・・・
b0330744_22020684.jpg
立派な門…。
ですがあまり使われていないようでした。
車はもちろん通れません。
b0330744_23230344.jpg
前の写真のマンホールを越えたところで振り返ったところです。
水戸市の市章が入ったマンホールでした。

b0330744_22023488.jpg
ずんずん進んでいくと、車の通れる路地となりました。


b0330744_22023542.jpg
また振り返ってみました。


水戸市西原 2016年7月




[PR]
# by ta-tanchi | 2017-09-22 07:17 | 街秘境 | Comments(0)

忠魂碑(千波山)

千波山の交差点にある石碑群です。
信号待ちで存在を知っている人は多いと思います。
b0330744_00585295.jpg
左から緑岡村の日露戦争の戦没記念の碑
中央、右は 満州事変以降大東亜戦争戦没者の忠魂碑です。

2016年5月

[PR]
# by ta-tanchi | 2017-09-20 07:04 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

大場村道路元票

大場村道路元票

大場村は昭和30年まで存在し、その後常澄村になりそして平成4年に水戸市になりました。
b0330744_08282379.jpg
道路元標(どうろげんぴょう)とは道路の起終点を示す標識です。
ですので、大場村時代は、ここを基準に街道や枝道の距離を測定したようですよ。

b0330744_08285333.jpg

今は草叢にぽつっと残っているのですが、
これは大場村役場があったところにあったようです。
その後農協の支所となりその後にも建物は転用されたようです。

b0330744_08290783.jpg

建物の入口の左側にあるのが道路元票です。

しばらく前に通ったら、この建物は存在せず、太陽光発電のパネルを設置しておりました。


水戸市大場 2011年8月

[PR]
# by ta-tanchi | 2017-09-18 09:10 | 道路・鉄道 | Comments(0)

偕楽園 萩のライトアップ

2年前の萩まつりのライトアップです。
閉園間際の8時50分くらいに入りましたが、警備員しかおりませんでした。
b0330744_03264321.jpg
2年前のものですので、ライトアップの仕方も変わっているかもしれません。

b0330744_03264423.jpg

b0330744_03264303.jpg
今日あたりは萩は見頃ですね!!


水戸市常磐町 2015年9月 

[PR]
# by ta-tanchi | 2017-09-15 07:16 | 公園 | Comments(0)

笠原簡易水道

笠原簡易水道。
笠原水道とは全く別のものです。
簡易が付いているからではなく、場所も全く違う場所に存在しておりました。

笠原簡易水道はどこにあるかといいますと、
茨城大学裏にある笠原神社下で、この段丘面からの湧水を利用した水道です。
b0330744_00272186.jpg

湧水の一部は神池として水が出ております。
明治のころから生活用水として利用されていたようです。
飲んでみましたがおなかを壊すことはありませんでした。

笠原簡易水道としての歴史は浅く農村復興特別助成事業として昭和36年9月に竣工しました。
竣工時は民家37戸と公民館に配水、水田の用水としても利用されました。

施設は、貯水槽、濾過槽、滅菌装置を設置しました。
今でも施設跡が残っております。
b0330744_00272143.jpg
上の写真はこの簡易水道跡の写真の中央のものを近づいて撮影したものです。


昭和55年7月に、水戸市上水道に吸収合併されて役目は終わったようです。

そして簡易水道が出来た記念碑が残っております。
b0330744_00272113.jpg

水戸市文京 2017年2月


[PR]
# by ta-tanchi | 2017-09-12 07:05 | 街秘境 | Comments(0)