みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ブラタモリ 水戸 巡った場所 速報版



2017年1月28日、ブラタモリ水戸が放映されました。

「水戸黄門は、なぜ人気があるのか?」というテーマです。
b0330744_23273477.jpg

詳しい話は置いといて、とりあえず巡った場所で手持ちの写真や既出の記事を載せます。


水戸駅からは始まったブラタモリ。
徳川御三家の城跡をということで、
まずは、水戸三高横の坂を上がっていって、
水戸城の一の丸と二の丸の間の、水郡線の通っている堀を見ました。
b0330744_07422107.jpg
そして本城橋を渡って水戸一高へ。
天守閣もなく、石垣もない城跡を見るわけです。

水戸藩は江戸との往復、家臣を両方に抱えたため借金だらけだよという話。
そこにある薬医門を見ます。これは佐竹時代からのものを有効活用したという話。

借金だらけなのでどうしたのかというようなことで話は進みます。

b0330744_21471456.jpg
土塁もね。
b0330744_21471473.jpg



そして街中へ。
自然にあった谷を生かした紀州堀

b0330744_21563248.jpg



その堀のあった東側の縁?出会った道を進み、芸術館を見ながら
台地の北側の高尾坂へ。写真撮影済みなのですがちょっと見つかりません。
河岸段丘ね~みたいな話をして、

そして光圀が水戸の町人のために行った事業である、笠原水道を見に行きます。

b0330744_22533351.jpg
笠原水道の水を飲んでまろやかですね~みたいなやり取りのあと、
ここから笠原水道が続いていた湿地帯の木道を進みます。
湿地帯を進む水道はどうしたのかという話になります。
b0330744_22513414.jpg
唯一のその遺構が見える地点へ行きます。
b0330744_00014345.jpg

展示されている笠原水道の石をみて、
崖下から染み出る水も有効に活用するため
暗渠内の岩樋に入るような隙間があったことを確認します。
b0330744_00013776.jpg


そしてこの岩はどこから来たのかを巡ります。
常磐線沿いの崖地帯へ。
私はここでのロケをしているのを車から目撃しました。
b0330744_21431646.jpg
凝灰岩泥岩を使ったという話をしてました。
軽くて運びやすいかったという点ね。
笠原水道は270年間も機能したんですよ。


そして今度は光圀が没後140年後に出来た、弘道館へ。
弘道館は江戸時代の最大の藩校でした。

弘道館の門が開くのは年に4回なのは知りませんでしたが、
開いている写真を。
b0330744_23151165.jpg
大日本史の編纂を始めた話。
そして水戸藩士が全国を巡ったという話。
それが光圀が全国的に知られ人気になったというようなくだりを和気あいあいと・・・

尊攘のかけ塾は紹介されず、402巻大日本史の拓本、斉昭の弘道館記碑拓本を見たりします。
b0330744_23151185.jpg
梅の名所の偕楽園へ向かいます。
ここも教育と深く結びついた施設としての紹介です。

観光客が入る東門ではなく、表門から入るのです。
b0330744_22590077.jpg
そして竹林の景観を見て、梅しかイメージないです、
そしてこんなところがあるのかというような話をしながら進みます。
b0330744_22241487.jpg


好文亭の話は一つも出ず梅林のあたりへ行くと、
偕楽園は、教育の一環として
斉昭公の「一張一弛」という考えのもとに作られた寄って言うような話を。
弘道館が一張ならば偕楽園が一弛になるってことね。

陰と陽の話も。

そして、仙奕台付近へ。
偕楽園には庭園の池がないという話で、
自然の千波湖が眺められるのでその必要なんてないよねっていう話。

弘道館と偕楽園は、光圀の精神を受け継いでいるです。

で終わるんです。
b0330744_23063705.jpg
エンドロール最後に、仙奕台に将棋の駒を置いてあったのが印象的です。
b0330744_23002755.jpg
エンドロール後に
藁苞納豆を食べて終わりです。

抜けているところもありますし、話の筋もちょっと違うのでは?
というところもあるかもしれませんがそこはお許しを。

最後に、現代ていうと、水戸黄門ってタモリさんだよね。
人気もあって全国漫遊してますもん(笑)。




[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-29 01:02 | イベント | Comments(0)

笠原水道 概要


笠原水道に関して、ウェブ上の公共系では残念ながら簡単すぎることしか載っていません。

b0330744_00165951.jpg

「水戸の歴史」という学校で配られている?教育委員会発行の読本の中には、簡単すぎず難しすぎず載っていますので、ここにほぼ丸写しですが、載せておきます。

笠原水道

千波湖の東側の低地を埋め立てて下町ができると、やがて町人が住み着くようになりました。
下町は、低地のため良い水には恵まれなかったので、吉田の2か所のため池から水を引いてました。
雨が降れば、水が濁って飲料水にはなりませんでした。

第二代藩主の徳川光圀は、問題解決のため町奉行の望月恒隆(もちづきつねたか)に相談し、数学や天文、地理に詳しい平賀保秀(ひらがやすひで)に地質を調べ計画を立てるように命じました。森林台地のふもとに、絶えずきれいな水が沢山出ている笠原を水源地に決めました。また、笠原から下町までの様子を調べ、笠原の湧水を千波湖の南岸沿い引くのが一番良いと望月恒隆に報告しました。

恒隆は、永田茂衛門(ながたもえもん)の子勘衛門(かんえもん)に任せて計画を実行しました。勘衛門は、湖の岸に提灯を立て、その提灯が水面に映る様子を見て(と書かれておりますが、どうなんでしょう?水面に映る様子ではなく、提灯同士の高さを見たのでは?)土地の高さを測りました。

水道は、笠原水源地から逆川に沿って千波湖に出て、岸に沿って吉田神社の崖下を通り、備前堀を越えて、本町に出て、細谷(城東)まで届いています。
b0330744_00025803.jpg
樋の材料には、岩や木、竹なども使っていますが、備前堀を超えるところだけは銅を使っています。岩は千波湖の対岸の備前町、天王町の崖下から切り出して船で運びました。岩を切り出した跡が洞穴のようになって、今も残っています。

岩樋のつなぎ目には粘土を使い、水路は地中に通すなど、当時、他藩では見られなかったような技術を用いました。町内には、水ダメを作り、旅人も自由に飲めるようにしました。この水道を作るために、554両というお金をかけ、延べ25014人の人々が働き、1年半という短い工期で完成しました。できた後は、水道を使う町人たちがお金を出し合って修理したり、当番を決めて捕手をしました。それからずっと長い間、生活のために多くの人々に利用されました。

今でも笠原水源地のそばに、「浴得泉」の碑が建っています。これは、この水道を作ったいわれを書いてあります。光圀の素晴らしい業績を後世まで伝えようと、8代藩主徳川斉脩(なりのぶ)の時代に建てられたものです。

写真は、水戸の水道史(第一巻)より掲載しました。







[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-27 00:34 | 川・水路 | Comments(0)

笠原水道の岩樋(真正)

笠原水道水源地から逆川に沿って300mくらい行ったことろに、
笠原水道の発掘調査で出てきた、
凝灰岩泥岩の岩樋が展示されております。
b0330744_00013776.jpg

全体像はこんな感じで、風化しないように屋根がついております。
b0330744_00010587.jpg
上からは自分の目線では見えませんのでカメラを高く上げて撮影してみました。
b0330744_00010545.jpg
本物の岩樋の脇には、復元された岩樋がありますが、
前回出したものとは異なりますよね。
ただこれも異なるような気もします(笑)。
b0330744_00013720.jpg
平成16年に行われた発掘時の写真が案内板にあります。
b0330744_00013696.jpg
この発掘された岩樋の裏の水路に、
なんと、当時のままの岩樋が残っているのでした。
ビックリですね。
b0330744_00014345.jpg
ブログ記事作るにあたって、笠原水道で検索しても、
水戸市のオフィシャルなページの説明不足ぶりにはがっかりなのでした。

井戸ライフさんのページが詳しく書かれております。

水戸市千波町  2015年12月 2016年1月





[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-25 00:35 | 川・水路 | Comments(0)

笠原水道の史実と異なる岩樋

笠原水道の水源地の駐車場のそばには、
笠原水道の岩樋を再現したものが2つあります。
b0330744_12430714.jpg
なぜ二つもあるのは謎ですが、
一つは水の流れる施設として作ったんでしょうね。
ただし、水が流れているのは見たこともありません。
ここから水を流すと、飲料水と勘違いする人がいるからでしょうか?

b0330744_12430767.jpg

ただ、この岩樋なのですが、
なんだか見た感じが笠原水道を作ったとされる岩の組成とは大きく異なっているようにに見えます。
千波湖北岸の採石跡にある凝灰質泥岩(水戸層)ではなく、
火成岩か何かで全く違うものでしょう。
b0330744_12430866.jpg

せっかく作るのであれば、その辺の史実に合わせないのはどうしてなんでしょうかね。
この遺構再現であれば街並みの史実とは全く異なる歴史的景観を模したコンクリート白壁や豪華な門とは別ですよね。

痕跡だけ見ていたほうが、
歴史ロマンは頭で想像、妄想できます。

2017年1月 水戸市笠原町




ちなみに、水戸城の二の丸の道路の排水溝の遺構も凝灰質泥岩でしょうか?

b0330744_10174903.jpg

b0330744_10163576.jpg








[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-23 13:16 | 川・水路 | Comments(0)

千波公園西の谷 の案内板

街の中心部に近いのに、
残念ながら人があまり行かない西の谷に案内板が出来ました。
水戸商工会議所創立120周年事業の一環で作られたようです。
b0330744_00102730.jpg

京成の裏にあるものの写真ですが、
街中からの千波湖、偕楽園への回遊性を意識しているように感じられます。

b0330744_00101110.jpg

備前町側から西の谷の入り口にもできました。
かつてあった小さい案内板は、写真奥のものです。

ずいぶん雰囲気が変わりましたが、
設置の際、除草していないので、
景色に溶け込んでしまってます。
b0330744_00102795.jpg


ここを入っていくと、自然の地形を生かした堀底と街との高低差を感じることのできる階段があります。
b0330744_00544158.jpg
常磐町側、偕楽園側にも設置されました。
以前のが手前の石碑なので、西の谷の入り口が
かなり解り難かったです。
b0330744_00105665.jpg
以前よりわかりやすくなりました!!。

そして
西の谷の真ん中あたりの東屋横に案内もできました。
b0330744_23585877.jpg
ただこの解説、正直よくわからんのよね~

と書きつつ、今までよりも西の谷の存在を知ってもらえると感じました。

新しくできたものに対してなので
もし追加できるのであれば、
偕楽園に抜けれるとか、市街地(京成デパート)に抜けれます
というコメントがあったなら
水戸市内の回遊性が上がったと思うのですが・・・。

仮に市民会館ができるのであればその時には直してね。

水戸市天王町他 2016年10月


[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-19 23:34 | 公園 | Comments(0)

耐震補強工事済

まさかこういう展開とは・・・

耐震補強工事中
耐震補強工事済へ。
元ネタは下のリンクからどうぞ。
b0330744_23121578.jpg
一文字だけ変更して、この状態で長い時間おかれておりましたが、
現在はこれも撤去されました。

後ろの吉田松陰の碑もこれで日の目が当たる状態に戻りました。

水戸市南町 2016年11月





[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-16 17:45 | 脱力系 | Comments(0)

ブラタモリ「水戸」放送日が決まりました


ブラタモリが水戸に来るという話は昨年内々に聞いておりました。
タモリさん、いつ頃水戸に来るのかな~と思って過ごしておりました。

そして12月にタモリさん目撃情報、
私はヒカリモの洞窟のあたりに人だかりがあり
それっぽいロケをしているのを遠目に目撃していたのでした。
b0330744_23273477.jpg

ブラタモリ #61 水戸 ~水戸黄門は なぜ人気があるのか?~
2017年1月28日(土)午後7時30分~8時15分
放送予定です

巡った場所を勝手に推測です。

水戸駅から一高からの自然の地形を利用した堀跡~大日本史~街中の堀の空堀の高低差、
偕楽園では何を見たのでしょうか?
そして下市の街の発展として笠原水道について、備前町の常磐線沿いのヒカリモの洞窟

という感じでどうでしょう?
なぜ人気があるのか?という点をどのように紹介するのか楽しみですね。

追記 放映後に行った場所を載せました。




以下コピペ

ブラタモリ、茨城県の水戸へ!水戸と言えば、梅の名所・偕楽園に水戸納豆、そしてなんといってもテレビドラマでもおなじみ「水戸黄門」。しかし黄門様こと徳川光圀公はいったい何をした人で、どうして全国にその名を知られるようになったのでしょうか?知られざる黄門様の真実の姿を、タモリさんが水戸の町をブラブラしながら解き明かします。まずは水戸城へ向かったタモリさん。名古屋、和歌山とならぶ徳川御三家のお城のはずなのに、天守もなければ石垣もないのはなぜ?そこには、とんでもない苦労が隠されていた!?「あるものを有効活用」が水戸藩の精神!・・・っていったいどういうこと?黄門様が、水戸の町づくりのために引いたのはなんと、石の水道。その奇想天外な仕掛けにタモリさんもビックリ!さらにその石の産地を探してやってきたのは、町のど真ん中、電車が行きかう線路沿い!?黄門様の偉業、全402巻の歴史書「大日本史」と、黄門様人気の意外な関係とは?さらに日本三名園の一つ・偕楽園は、実は教育施設だった!?梅を楽しむ観光客も知らない、黄門様の思いを受け継ぐ不思議な仕掛けとは?

[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-14 00:06 | イベント | Comments(0)

臨時停留所 南町二丁目

前日「(仮)銀杏坂」の記事を書きました。

それとはちょっと異なりますが、似たようなネタを続けます。
南町二丁目のバス停のお話です。

(仮)南町二丁目ではなく、臨時停留所 南町二丁目
となっていたときが少しの間ですがありました。
b0330744_22315628.jpg
南町二丁目バス停前にあった岩崎ビルが解体され、そこにコンビニが出来、
駐車場の進入路がバス停となってしまいます。
b0330744_22315655.jpg
そのためバス停を移動させる必要が生じ、移転工事中のほんの一時だけ
一番上のバス停が使われました。
b0330744_22315719.jpg
ベンチと点字ブロックが道路に向かっているところが臨時停留所となった元々の南町二丁目のバス停です。
そこにあった屋根付と、バス停そのものを移転しました。
b0330744_22315712.jpg
移転先は東側に20mくらいでしょうか?

新調したわけでなく、移転させたので落書きがそのままです。

水戸市南町 2015年12月



[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-12 08:19 | 道路・鉄道 | Comments(0)

(仮)銀杏坂

(仮)銀杏坂 というバス停。
水戸ご当地アイドル(仮)に倣って銀杏坂(仮)でもよかったような…( ^^)
b0330744_23194448.jpg
なんで(仮)なのかというと、ここにあった屋根付きバス停が壊れたかららしいです。
で代わりのバス停が急きょ準備されているといったところなのですが、
(仮)ってわざわざつけなくてもいいのでは?

水戸市三の丸 2016年10月




[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-11 08:55 | 道路・鉄道 | Comments(0)

危険

犬が危険なわけではありません。
b0330744_01264456.jpg

危険なのは、廃ビルの外壁です。
b0330744_01264487.jpg
あの街中の外壁剥離の建物の裏側はこんな感じで
危険な状態で放置されてます。

水戸市南町 2016年6月




[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-09 08:55 | 建物 | Comments(0)