みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

大杉山揚水場

那珂川の水郡線鉄橋のすぐそばに大杉山揚水場があります。
取水口からポンプで揚水し、現在は暗渠となって桜川の柳堤水門そばの
那珂川第一ポンプ場に導水しております。

この大杉山揚水場は大正12年(1923年)度?から利用されているようです。

導水路については、次回から連載していきます。
b0330744_02035159.jpg
当時の千波湖の水田潅概用水が備前堀下流域で足りず、
用水問題の解決には那珂川からの揚水が必要で、
その費用の獲得のためには千波湖の干拓が必要だ、という認識が水利関係者の間ではあり、
いろいろなことがあって千波湖の干拓が行われたようです。詳しくはこちらを参照

b0330744_02035115.jpg
揚水ポンプ場そばの導水路には濁った水が漂ってました。
b0330744_02035135.jpg
記念碑があります。
ちょっと読む気にはなりませんので、
内容はわかりませんが、
きっと揚水場ができた記念とかでしょうね。

b0330744_02035148.jpg
水利使用標識です。原研の工業用水として利用しているようです。
b0330744_02035136.jpg

b0330744_02035155.jpg

b0330744_02035100.jpg
用地の道路に面したところにある石柱があります。
これは揚水場が開業した当時のものではないでしょうか?


揚水しているのを見たことがないのですし、
水利の問題はわかりませんが、
引き潮の時(このあたりは汽水域となるため)
ここから常に揚水していれば、
桜川を常に堰止める必要もなく、
アオコの発生を抑えられると思うのですが・・・

水戸市三の丸 2015年2月




[PR]
by ta-tanchi | 2016-09-29 22:04 | 川・水路 | Comments(2)

長雨上がりの西の谷の湿地帯

西の谷の湿地帯は、やはり湿地帯でした。
何のことだかわかりませんね・・・。

水戸はここ1週間長雨でした。久しぶりに晴れた朝に、西の谷に行ってきました。

すると、いつもは水が枯れている、もしくはわずな水の量が、
周辺の土地の保水量が上限に達したためなのか、
ただ単に排水路がなく水がたまったのかわかりませんが、
水が随分と溜まっておりました。

このような姿は初めて見ました。雨が降るといつもこうなのでしょうか?
b0330744_22274072.jpg
偕楽園側の湿地です。
いつもは木道の下に水はありません。

進んでいくと、あらあら・・・
b0330744_22274158.jpg
水没しておりました。
歩いていくと、木道で休んでいたウシガエルがドンドン水に飛び込んでいく姿が印象的でした。

駐車場に面した柳の木も水没してます。
b0330744_22274110.jpg
ラクウショウ?の木の下も水没して水面に映りこむ木々が綺麗でした。
b0330744_22291768.jpg
向こうの石階段に至る木道もご覧のとおり。
水面に映りこんだ植物で、ただ単に雑草の追われただけじゃないという風に見えますね(笑)。
b0330744_22274266.jpg
東側の湿地もご覧のとおりです。こちらのほうは、普段も水がありますね。
b0330744_22274173.jpg
元来、この西の谷は、青川が千波湖に注いでいた入口の湿地だったところですから、
これが本来に近い姿なのかもしれません。

水戸市天王町  2016年9月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-09-26 00:16 | 公園 | Comments(0)

水戸駅北口の時計

この写真撮るまで知りませんでした。
b0330744_00503744.jpg
からくり時計だったんですね。

水戸市宮町 2015年10月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-09-24 17:50 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

ル・ポワロン (水戸)

ル・ポワロンは、2011年に泉町にできたフレンチレストランです。
b0330744_23464403.jpg
泉町の町家をリフォームしたお店です。
私が子供のころはここは畳屋さんでした。

町家の通路を進んだところにお店はあります。
b0330744_23464537.jpg
初めて訪問したのは、2012年5月でした。
訪問したときは、古民家ゆえの屋根の修繕中でした。
片手に入る程度しか訪問はしておりませんが、
先月になりますが、久しぶりに訪問しました。

b0330744_23464583.jpg
前菜のキッシュ

b0330744_23465801.jpg
メインのお肉料理
b0330744_23465886.jpg

そしてデザート
b0330744_23465974.jpg
どれも大変おいしかったです。

こういうと失礼かと思いますが、
確実に進化している感じがしました。

これは先日訪問時のものです。


以下のお料理は初めて訪問した時のものです。
b0330744_23511012.jpg
前菜

b0330744_23511161.jpg
メインです

b0330744_23511143.jpg
そしてデザート


家庭的な感じが素敵なお店です。
b0330744_23465850.jpg
b0330744_23465781.jpg

水戸市泉町 2012年5月、2016年8月

[PR]
by ta-tanchi | 2016-09-20 08:25 | グルメ | Comments(2)

釜神町の由縁が残っていた?

釜神町の話は以前に書きました。

戦前までは釜神町の由来となった竃神社が
この写真付近の宅地内にあったそうで、
疫病退散霊験をもち、幼児の病気をよく治すと言われ信仰されていたとのことです。
b0330744_14353090.jpg
現在は集合住宅となっております。

よく見ると・・・
祠が!!
b0330744_14353094.jpg
戦前の物ではないでしょうけど、
しっかりと守られているようですね。

水戸市備前町 2015年8月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-09-18 11:32 | 旧町名 | Comments(0)

水浜電車跡 一高下から東柵町 

現在の一高下の国道51号線は、
水戸市内では水浜電車として親しまれていた茨城交通水浜線の路盤跡を利用しております。
今回はその遺構を巡りました。
b0330744_23505458.jpg
そして常磐線を跨ぐと、線路はカーブで曲がり高度を下げ、
常磐線といったん並走してまた直角に曲がり東柵町の停留所に行っていたようです。
上記昭和9年の地図では一高は水戸中学になってます。

国道51号線で常磐線を跨いだところから東柵町方向を見てみると、
高架橋の袂から駐車場を囲むようにググッと道路が ) 状に伸びてますね。
ここが線路の跡で、ちょうど線路も高架から地面に行っていたようです。
b0330744_23513554.jpg

道路の終点となっている五本松踏切から先が常磐線と並走した区間となります。
b0330744_23515039.jpg
線路があった名残ははっきりとわかりません。
水浜電車の用地は民家になってしまっているのか?
常磐線の用地になってしまったのか?
どうなんでしょう?

中央に写っている線路のあたりに水浜電車の線路があったようです。
大洗鹿島線の線路を敷設に伴い,
水戸駅からの入換え用の線路が水浜線の後に敷設されたそうです。

b0330744_23515173.jpg
先に進んでみました。
東柵町駅付近の常磐線並走からの直角カーブ地点。
わかりにくいですが、
フェンスがカーブを描いていました。

b0330744_23515270.jpg
カーブのフェンス
ミラーの支柱とアスファルトの雑草の間が路盤だったくらいの幅です。
マンホールのあるコンクリートと緑色に塗られたコンクリートも種類が違いました。

b0330744_00235478.jpg
カーブを曲がった先に正面に水門橋が見えます。

その手前の幅の広い交差点、ちょうど「止まれ」と書かれたあたりからが
東柵町駅でした。

b0330744_23553839.jpg
左の建物の前が駅です。
交換施設もあったため、交差点が広いですね。
手前の道は旧国道?の交通の妨げにならないようになっていたことがわかりますね。
ちなみに「 RM LIBRARY 63茨城交通水浜線 」内の
29ページの写真と同一カットです。

b0330744_17233309.jpg
昭和36年の国土地理院の空中写真です。



水戸市柵町  2016年9月

[PR]
by ta-tanchi | 2016-09-12 08:24 | 道路・鉄道 | Comments(0)

田んぼアート 2016

昨年水戸でも、本格的な田んぼアートが始まりました。
去年の様子はこちら
今年で3回目となります。
b0330744_23343316.jpg
雨降りの後にふらっと行ってまいりました。

b0330744_23343390.jpg
昨年のものよりも凝ったデザインとなっております。
弘道館が日本遺産になったのでそれが描かれております。

台風が来たり大雨が続いたので手前側の稲が倒れてました。


10月2日に稲刈りイベントがあるようですよ。

水戸市川又町 2016年9月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-09-08 23:43 | イベント | Comments(0)

泉町広小路と柳 その2 柳の木が伐採された

以前に泉町広小路と柳 という記事を載せました。
b0330744_23414173.jpg
市立博物館の企画展「みとノスタルジア」の図録より
大正10年の泉町通り、泉町広小路です。

柳の木が泉町広小路のシンボルなのです。

2014年の柳の木です。
2代目の木ですが、泉町広小路のシンボルとして引き継がれております。
b0330744_06392397.jpg
それが1年後の2015年の7月
あれ?
b0330744_23412107.jpg
全然違います。
なんだか元気がなくなって幹も緑色してます。
b0330744_23412237.jpg
病気になってしまったようです。
2016年には、葉が生えることもなく
枯れ木になってしまいました。

どうなるのかな~と思って過ごしてましたが、
今年の7月?に柳の木はなくなってしまいました。
b0330744_23493925.jpg
シンボルの柳の木が枯れてしまい残念なことになってます。


水戸市泉町 2016年7月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-09-06 08:24 | 旧町名 | Comments(0)

文化センター横の像たち その3

夜の人間ピラミッドは不気味です。
b0330744_16534465.jpg
それだけです。

ピラミッド前のもみじのライトアップがあるのが救いでした。
b0330744_16534323.jpg
夜は本当に不気味な感じがするんですよ・・・。
旧五軒小でいえば、鳥かご近くのラクダの像が夜中歩いているレベル・・・。
なんだそれ(笑)

水戸市千波町 2014年11月

[PR]
by ta-tanchi | 2016-09-03 07:03 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)