みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

文化センター横の像たち その2

文化センター横の像は、前出の他もう1体あります。

これが一番特徴的かもしれませせん。
5段の人間ピラミッドです。

b0330744_16534539.jpg
伸 鉾田南中学校


なんか
とても苦しそうです。
風化具合がそのように見せているだけでしょうか?
b0330744_16534516.jpg

昨今、運動会で人間ピラミッド崩壊してけが人が出たというニュースがありましたね。
私が学生の頃もやった記憶はあるのですが、
そう高いものをやったわけじゃないですが、
正しい指導をする人はいませんでしたね。
私は体が大きいのでこういうのやると常に一番下でした。

b0330744_16534563.jpg

横から見たものはこんな感じです。

実際人間ピラミットやるとして
こんな組み方はしないですよね。

誰ですか?
像がブレーメンの音楽隊みたいね、と思っているのは・・・


b0330744_16544097.jpg

水戸市千波町 2014年11月
おまけにつづく

[PR]
by ta-tanchi | 2016-08-31 23:02 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

文化センター横の像たち その1

県民文化センター分館の文化センター側の入口近くに、
像が3体並んでおります。
歩いて通る人も少なく、車で通れば、
そういえば何かあるな~といった感じのものです。
b0330744_16534453.jpg

左側から見ていきましょう。
b0330744_16534447.jpg
協力 桜川中学校PTA
と作品横に書かれております。
タイトルは不明です。
もしかすると「協力」なのかもしれません。

台座に人をモチーフにしたタイル、
上部はYの字状の製作物が2体並んでます。

b0330744_16534496.jpg
真ん中は
仲よし きりん
古河第一小学校 作 です。
キリン3体には名前があります。
ガマちゃん、ウランちゃん、コガちゃんです。

ウランちゃんという名前からすると、この作品が出来たのは
東海に原子力発電所ができて間もないころではないかと推測しております。

どういう経緯でこれらが建っているでしょうか?

続く。


2014年11月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-08-28 21:30 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

ビストロ・ラ・セゾン(閉店)


今日はおいしい料理をいただいてまいりました。その話は後日!(^^)

ちょうど、PC見てると古い写真が出てきました。

独身の頃に顔を出していたお店です。
今アルコイリスさんが入っているところにあった、
ビストロ・ラ・セゾン。

銀杏坂に在ったお店が泉町に移ってきたんです。
ただいつ移ってきたのかは覚えていません。
b0330744_22113787.jpg
でも、
ちょうど2007年の今頃、ひっそりと閉店しました。
9年前なんですね。早いものです。
b0330744_22113846.jpg

実は最後のお客さんは私でした。
最後、顔出して、
ビールとお任せメニューで最後にエスカルゴが出ました。
写真がショボ携帯なのはご愛敬( ^^)
b0330744_22113847.jpg
シェフの方は、水戸で働く以前勤めていた東京のお店に戻りました。

その後、東京のお店も一度訪問しました。

水戸市泉町 2007年7月下旬、8月中旬



[PR]
by ta-tanchi | 2016-08-24 22:39 | グルメ | Comments(9)

水戸市民プール 解体中

以前に、東町体育館が解体されていたという記事を載せました。
そちらは解体されていることすら知りませんでした。
今回は市民プール。
こちらは知人が今解体作業中だよ~
って言ってたのでちらっと見てまいりました。
b0330744_10412674.jpg
プールの周りに囲いが出来て、そこに重機が入ってました。
特徴的な飛び込み台も無くなってしまうでしょう。
ってもうすでに解体されてしまっているかもしれません。

水戸市市民プールは、
昭和49年に茨城で開催された第29回国民体育大会の水泳の会場として
整備されました。

そして先の震災以降使用されなくなりました。
もうこれに代わるプールは作らないでしょうね。

私の子どもの時は、親に連れて行ってもらいましたが、
私が自分の子どもを連れていくとはできません。
b0330744_10412638.jpg
この入り口から入って、ロッカーで着替えてプールへ。
そんな思い出のある方はたくさんいるのではないでしょうか?

b0330744_10412660.jpg
中に入ることはできませんが、
手を伸ばしてプールを撮影しました。
b0330744_10412680.jpg
温水プールは残るようです。

ちなみに、2019年、あと3年後に第74回国民体育大会が茨城で開催されます。

水戸市青柳町 2016年8月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-08-21 23:10 | 現存しないもの | Comments(0)

無用の長物「駐車場案内システム」 その2

少し間は空きましたが、
空しかった駐車場案内システムの記事を1つ書きました。

みとぶらしていたら
その案内システムと連携していた駐車場にその痕跡を見つけました。

連携駐車場には、こんなマークがついていたんですね。

この駐車場の素敵なマークのデザイン料いくらぐらいっだんですかね(笑)。
b0330744_00503707.jpg
このシステムがどれだけ機能していたかはわからないですが、
このシステムに参加すると登録料とかなにやらが発生したのかな?
b0330744_00503781.jpg
水戸市五軒町 2016年4月



[PR]
by ta-tanchi | 2016-08-18 08:45 | 道路・鉄道 | Comments(0)

虚空蔵坂と鈴坂の先の廃道

梅戸橋架替工事が進んで前後の交差点の形態も
どんどん様相が変化しております。
いずれ撮り貯めたものを紹介できればとは思っております。

今回紹介するのは、
まだ梅香トンネルができる前の道です。
虚空蔵坂と鈴坂が合流して県道水戸神栖線に合流しておりました。
ちょうど 工 の字のようになってました。
工の字でいうと、上部分が水戸神栖線
下部分が虚空蔵坂と鈴坂というかんじです。

b0330744_22433413.jpg

水戸神栖線の合流地点は奇跡的に残っております。

b0330744_22435774.jpg

北側は、千波大橋に抜ける道の土盛、
左側のコンクリートは、桜川に伸びる暗渠ですので、
新梅戸橋ができてももしかするとこの空間は残るかもしれませんね。
b0330744_22592566.jpg
虚空蔵坂
b0330744_20171814.jpg
鈴坂は、梅香トンネル完成で道路が大きく捻じ曲げられてます。
コンクリート舗装で直進する方向に道路がありました。

水戸市梅香 2014年7月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-08-15 21:24 | 道路・鉄道 | Comments(0)

ワインデマミの先の神社

ワインデマミ。
泉町に店舗を構えておりましたが、
昨日でこちらの店舗から見川に移転となります。
千客万来、ますますのご繁栄を祈念いたします。
b0330744_01271778.jpg
店舗の奥には、神社があります。

たまにお店に行ったときに、こそっとチェックしておりました。
といってもワインデマミの神社ではありません。

お店が入っていた水晶ビルの屋敷神でしょうね。
b0330744_01181942.jpg
お正月はしっかりとしめ縄がまかれてますが、
普段は結構荒れた感じです。

水戸市泉町 2014年10月、2015年1月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-08-13 01:48 | 寺社 | Comments(0)

もみじ谷はどこまで続くのか その6

もみじ谷シリーズ最終回です。
もみじ谷に注ぐ水の流れを追って、アトラス付近までやってまいりました。
b0330744_02323466.jpg
アトラスと、アトラスの駐車場棟の間に水路の面影を・・・
感じませんが、進んでいきます。

b0330744_02323484.jpg
建物を過ぎると
すると

ありました!!
緑のフェンスの間に長く続く一筋の側溝蓋。
b0330744_02330385.jpg
もう水路というよりはただの溝です。
b0330744_02330468.jpg
この側溝蓋が水路跡です。

建物の境界を縫うように進むのがなんともいい感じです。

一部畑も残ってます。

かつては
畑横の小川だったんでしょうね~。
b0330744_02330460.jpg
畑地帯を抜けると、
b0330744_02330400.jpg
ブロック塀とブロック塀の間を行きます。

本当に細い!!

この路地裏感は、ちょっとゾクゾクしました。
b0330744_02330434.jpg

そして、
抜けました!
b0330744_02330411.jpg
b0330744_02331845.jpg
来た道を振り返ります。

この先は水路の痕跡がわかりませんでした。
もみじ谷の終点をこことしましょう。

水戸市見和 2016年1月




[PR]
by ta-tanchi | 2016-08-10 21:28 | 川・水路 | Comments(0)

もみじ谷はどこまで続くのか その5

もみじ谷の先の水路跡は、見川のカスミまで伸びて、
その先も探ることができました。
見和の暗渠を進みます。

暗渠は一度、2車線道路と交差ます。
b0330744_02313764.jpg

b0330744_02314835.jpg
2車線道路のちょうど緩い谷地形のちょうど谷になるところに暗渠があります。
水は低地を流れる、まさに小川があった名残ですね。

b0330744_02323463.jpg
警察官舎の間の暗渠を進みますが、県営見和アパートにぶつかると、暗渠はなくなります。
水路はアパートの南側にあたる民家とアパートの敷地の境界を流れていたと勝手に推測しております。
b0330744_02323442.jpg
私はアパートの北側を進みます。
独特の雰囲気の建物ですね。

b0330744_02323429.jpg
水路跡はこの辺りははっきりませんが、
アトラス前の4車線道路に出ます。

歯医者さんの敷地のちょうど駐車場のコンクリートのライン?
が水路跡ではと勝手に推測しております。

b0330744_02323482.jpg
b0330744_02323466.jpg
このあたりは全く痕跡がわかりませんね。
この後痕跡が現れますが、次回に続きます。

水戸市見和 2016年1月




[PR]
by ta-tanchi | 2016-08-07 11:31 | 川・水路 | Comments(0)

もみじ谷はどこまで続くのか その4

もみじ谷はどこまで続くのか 
というネタを以前3本連載しました。
間が空きましたが、今回はその続きです。

b0330744_00025234.jpg

b0330744_00033913.jpg


もみじ谷から、見川のカスミの前で水路跡が途切れていたと思っておりましたが、
Googleマップ眺めていると、続きがあることがわかりました。
ということで、前回とは訪問日は異なります。

b0330744_02303517.jpg

カスミの前で暗渠は途絶えたのですが、
カスミ前の道路下もしくは、ココスの右側の旧道に水路跡は眠っているようで、
見川一丁目南の交差点の雑貨屋さん前から、
水路跡の痕跡を追うことができます。
b0330744_02303575.jpg

ただの側溝ですけどね・・・
b0330744_02303534.jpg

赤塚方面、やや道路が登り勾配になる手前で
b0330744_02303513.jpg

水路跡は曲がります。
b0330744_02303539.jpg

民家と民家の間を暗渠として、
まっすぐ水路跡が続きます。

b0330744_02303586.jpg

民家の玄関がない道を進みます。
って暗渠ですからね。
こちらに入口があることはないのです。
b0330744_02313758.jpg

暗渠になったため、
蓋部分が隣の空き地よりレベルが高い位置になっているようです。

b0330744_02313764.jpg

いったん道路に出てさらにその先に暗渠は続きます。

ネタも続きます。

水戸市見川、見和 2016年1月








[PR]
by ta-tanchi | 2016-08-03 22:21 | 川・水路 | Comments(0)