みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧

穴とら屋

先日、久しぶりに街中ランチすべく、当てもなく街中へ。

穴とら屋さんにもランチやっている看板が出ていたので入ってみました。
以前は夜に鴨鍋食べに何度か来たのですが、もう7年くらいは入っていません。
b0330744_23432446.jpg
町家造りの細い路地を入っていきます。

ちなみに奥には、庭と離れと屋敷神が祀られております。
b0330744_23431848.jpg

b0330744_23432459.jpg
常陸牛すじ肉入り煮込み膳を頂きました。

ランチに満足して

会計すると、そこには張り紙が・・・
b0330744_23431864.jpg
6月上旬で閉店だそうです。
ちょっとびっくりな展開です。

b0330744_23431832.jpg
入ったことはありませんが立ち飲みスペース。
b0330744_23431814.jpg
b0330744_23431806.jpg
閉店までもう少しです。

水戸市泉町  2016年5月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-05-31 23:57 | グルメ | Comments(2)

一高下の水郡線の擁壁は何を語る?

水郡線をまたぐ、本城橋がかかっている場所は、かつて土盛をされた道路でした

水郡線と言うよりは、明治23年、那珂川の水運を利用するべく那珂川駅に向かって出来た水戸鉄道
が、その土盛にトンネルを掘ったようです。

後に、トンネル通行に支障をきたすため、
昭和4年の陸軍大演習を機に盛土を崩し、本城橋がかけられたとのことです。

橋を架けるべく、山を切り崩して橋梁工事している写真は見たことはありますが、
トンネルそのものの写真を見たことはありません。
b0330744_07422107.jpg
線路のあるところは、水戸城の堀がそこまで深かったわけではなく、鉄道を通す際に掘り下げられ、
トンネルで抜けて那珂川駅へ結ばれたと推測しております。
橋の下のコンクリートの擁壁に対し、コンクリートの前後は石積みの擁壁です。
旧橋時代でもすでにコンクリート部分は存在してました。

もしかすると、
石積みの擁壁もそんなに古そうには見えないですけども、
石積のところまでは切通しで、
コンクリートのところが盛土部分のトンネルだった部位なのかもしれません。
ただそれだと土盛が急すぎるかもなんですがね。

b0330744_07423022.jpg
三高側は、擁壁は橋の随分手前にあるだけです。
おそらく、この部分は堀の堤だった部分だったのでしょう。
だから切り崩して、線路を作る際、擁壁が必要だったのではないでしょうか?
一高側も対になってここには擁壁あります。
b0330744_21171123.jpg
擁壁と擁壁の間が堀、擁壁部分が堀の堤、
そんな考えでどうでしょう?
堀深すぎるか・・・

水戸市三の丸  2013年5月、2016年3月

[PR]
by ta-tanchi | 2016-05-27 08:20 | 道路・鉄道 | Comments(0)

本城橋 

水戸二中、水戸三高と水戸一高を結ぶ橋は、本城橋と呼ばれております。
2002年に架け替えられる前までは、トラス橋が架かってました。
b0330744_11244600.jpg
ネットからの情報だと、昭和4年に竣工したもので、
そのトラスは北海道で架けられた橋を転用したものと言うことが書かれております。

昭和4年。この年は、水戸を中心とした陸軍大演習が行われました。
天皇行幸が水戸にあったのに合わせて橋は作られたようです。

b0330744_11252425.jpg
一高側に渡ったところに旧橋の親柱が保存されております。

水戸市三の丸 2016年5月



[PR]
by ta-tanchi | 2016-05-24 07:03 | 道路・鉄道 | Comments(0)

光る白壁塀

タイトル通りです。見ての通り、光る白壁塀です。
先日(3月)、歴史的景観整備として完成した水戸三高の白壁塀です。

これに関して検索して最初に出るのは茨城新聞ですが、
はっきり言って茨城新聞のウェブサイトほど見づらく、
ウェブの意味がない新聞社のサイトは見たことがありません。
(新聞配達されているので、普段はウェブのサイトは見ません)

すいません横道にそれました。
b0330744_07485527.jpg
ば~ん。
白壁塀というよりは光る塀ですよ。

なんていうのかな?うまい言葉が出ませんが
ちょっと下品に見えてしまいます。
この光る塀、調和がとれているとは言えないような・・・
b0330744_07490091.jpg

照度計算してこうなったのか、予算が出てこうしたのかわかりません。
もっと明るくしてほしい歩道がたくさんあるのになあ~というのが実感です。

b0330744_07485584.jpg

そもそも歴史的景観にする必要はあるのかという問題は置いておいても、
これはやりすぎですよね~。

ちなみに付属小側、二中側はこんな感じです。
b0330744_07484152.jpg
水戸市三の丸 2015年5月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-05-20 08:17 | 建物 | Comments(2)

花崗岩?の側溝蓋

偕楽園駅近くにある
個性的な雑貨屋さんTONERIKOも入っている古い集合住宅。
b0330744_23594056.jpg
この建物に面する道路の側溝蓋は、コンクリートではありません・。
b0330744_23591087.jpg
花崗岩、稲田石かな?
ここだけこんなふうになってますけど、謎です。

他にもコンクリートじゃない側溝蓋ってあるのかなあ?

水戸市常磐町 2014年11月



[PR]
by ta-tanchi | 2016-05-19 07:50 | 道路・鉄道 | Comments(0)

水高道路

かつて上水戸に茨城交通の駅があって、
現在はストッカーになっています。
そこから赤塚方面に向かったところに
記念碑があります。
b0330744_06441775.jpg
何の記念碑かと言うと
水高道路の記念碑。

記念碑自体には「水高道路」と言う名前はありませんが、
参考にした常磐村ストーリーズ と言う冊子にその名前があります。
この近辺ではそう呼んでいるのでしょうか?

上水戸駅から水戸高校へ結ぶ道、
長さ百八十九間、幅三間五分 (1間ー1.818m)
昭和5年3月10日起工で26日竣工という突貫工事?
でできたようです。
b0330744_06445339.jpg
現在上水戸駅はストッカーになってます。
水高道路は、途中にみそぴーの宮田卯之商店や、石渡産婦人科がある、
ストッカー南西側からまっすぐ伸びる道のことを言っているようですよ。
b0330744_06443774.jpg
突き当りの右側に水戸高校がありました。
b0330744_06444717.jpg
こんな道に歴史ありなんですが、
しっかりとした道路ですね。

水戸市上水戸 2016年1月

[PR]
by ta-tanchi | 2016-05-14 01:32 | 道路・鉄道 | Comments(2)

向学立志の像

暁鐘のそばには、旧制水戸高校関連の像があります。
b0330744_15165566.jpg
その名は「向学立志の像」。

マントに高下駄の質実な旧制水戸高等学校生と立像で、
右手にコンサイスの辞書と文科理科を象徴する二冊の本を抱え
向学立志の精神を表現したものです。
台座銘文にみられるとおり、後世の若人に限りない前進の願いを込めて、
平成元年十月 同校開校七十年祭を記念し、同窓会によって建てられたものです。

という説明書きがあります。
b0330744_15170923.jpg


b0330744_15161769.jpg
像の正面は偕楽園の日本庭園です。

晩鐘同様、旧制水戸高校のモニュメントが偕楽園にあるのか・・・
やっぱり異質に感じてしまうのです。
茨城県、そのときの時代の背景なんでしょうか?。

水戸市常磐町 2014年8月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-05-11 20:34 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

暁鐘(旧制水戸高等学校)

 偕楽園の西門近くの日本庭園の一角に
旧制水戸高等学校の寄宿舎の暁鐘寮の
「暁鐘(ぎょうしょう)」という鐘があります。

当時のものではなく、戦争で金属の献納でなくなってしまったものを
同窓会が再び作って偕楽園の西の庭園部分に昭和54年に
開校60周年記念として復元したものです。
b0330744_15155235.jpg

小学生の時にこの暁鐘が出来たころは周りの木々もまだそう大きくなく、
目立っておりましたが、前ほど目に飛び込んできません。

ところで何故、旧制水戸高校のモニュメントが
偕楽園にあるのかがわかりません。

水戸市常磐町 2014年8月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-05-09 18:01 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

水戸大神楽神社

水戸で唯一アーバンシティーを感じることが出来る
千波大橋下から梅香トンネル方向を見たところです。
これは以前も紹介しました。
b0330744_01013207.jpg

久しぶりに通ると、何やら今までなかった建物が山側に出来ております。
それとも自分が気が付かなかっただけなのかな?

b0330744_01021255.jpg
b0330744_01022277.jpg
神社です。
その名を水戸大神楽神社。
b0330744_01001829.jpg
すぐそばに、「柳貴家 勝蔵」の看板が立っている勝蔵会館があります。
大神楽という名前に納得の神社です。


2015年12月 水戸市梅香


[PR]
by ta-tanchi | 2016-05-05 09:55 | 寺社 | Comments(0)

泉町、お前もか・・・

前回、南町の垂れ幕についてなんだかな~
って書きました。

4月になって気付いたのですが、
泉町も似たような垂れ幕が掲げられておりました。
b0330744_13165804.jpg
デザイン的にはこちらのほうがすっきりしておりますが、
竿の大きさの半分でアンバランスです。
b0330744_07161197.jpg
垂れ幕って水戸の商店会主導なの?

うる覚えですがトモスみとが出来たときも
垂れ幕あった気がしますが・・・。

トモスみと・・・と同じ道・・・
いやなんでもないです・・・

下の写真は垂れ幕の境目です。
角のフジカメラがなくなってました。
b0330744_07002107.jpg
新聞紙面を飾りました住民投票

市民会館を再考しましょう、までならわかるのですが、
白紙撤廃までと言うのがわかりません。
それもそれで気持ちが悪い・・・です。

はい・・・

水戸市泉町 2016年4月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-05-02 08:11 | 道路・鉄道 | Comments(2)