みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

那珂駅

那珂駅。
水郡線、常磐線、そんな駅名は聞いたことがありませんね。
b0330744_00473540.jpg
でもコレ・・・那珂って駅名版がありますよ。

隣の駅はというと・・・

久慈駅。え?そんな駅も聞いたことありませんね。
恋瀬駅。ん?そんな駅も聞いたことありませんね。

でこれ何処にあるのかというと・・・
水戸駅の東側にあります。
右中央のプレハブに掲げられているのが那珂駅です。
b0330744_00472691.jpg
その線路を走るのは…左にある青いラインのカワイイ小さい車両です。

これはJRの水戸総合訓練センターの訓練線にある駅と車両です。

線路ごしに肉眼では駅名がはっきりしなかったのですが、
カメラで撮影して拡大したらわかった次第です。
駅名も那珂って那珂市ではなく那珂川ですね。
そして下り方向にある次の大きな川は久慈川、
上り方面にある次の大きな川は恋瀬川。
それらが駅名の由来なんでしょうね。

b0330744_00360282.jpg
訓練線には踏切や信号もあります。

夏休みには小学生の訓練センター体験ツアーがあるようですが
大人は体験できないようです。

撮影していたら本当の列車がやってまいりました。


b0330744_00351578.jpg
次に続きます。

水戸市三の丸 2015年8月 

[PR]
by ta-tanchi | 2015-12-26 07:06 | 街秘境 | Comments(2)

胡桃下稲荷神社(小吹)

小吹神社近くに胡桃下稲荷神社はあります。
何度となく通っている道にあるのですが、
Googlemap見るまでは全く気が付きませんでした。
mapでも拡大してこないと出ません。
b0330744_00460884.jpg
道路正面に見えるのが小吹神社の鳥居です。

写真左側の赤い鳥居が
胡桃下稲荷神社です。
前見て車運転していても気にしなければ完全スルーです。
b0330744_00462588.jpg

胡桃下稲荷(くるみがしたいなり)は、笠間稲荷の別名です。
その辺りの稲荷信仰から名付けられたのでしょうか?

赤い鳥居には新年になって間近で行ったので、
新しいしめ縄が飾られておりました。

細い民家の路地を進むような参道奥に祠があります。
b0330744_00464471.jpg
社殿が二つありますが、ちょっと寂しげです。

水戸市小吹町 2015年1月

[PR]
by ta-tanchi | 2015-12-22 23:40 | 寺社 | Comments(0)

台渡里廃寺跡(台渡里八幡神社)

水戸市渡里の国道123号、
渡里郵便局の前の交差点を川下へ降りる方向に走ると、左手が開けております。
ここには台渡里八幡神社があります。
b0330744_15395482.jpg
台渡里八幡神社はかつての台渡里廃寺跡でもあります。

台渡里寺は
発掘調査で出土品からこの地に白鳳時代(7世紀後半から8世紀前半)に造営されたが、
後の火災で焼失したのち、この地より南側の現在住宅地内に
建て替え始めたそうです。
ただし、造園されたものの10世紀初頭には停止した可能性があるそうです。

b0330744_15400570.jpg
鳥居は北向きに立っており、参道は曲がってます。

b0330744_15404169.jpg
神社はこのあたりの地面より一段高いのですが、
これはここにあった廃寺の塔址だそうです。


b0330744_15404947.jpg
階段を上がり進むと大きくはない社があります。


b0330744_15411948.jpg
これが台渡里八幡神社です。
社の横の塀が特徴的ですが、
意味があるのでしょうか?


b0330744_15413184.jpg
神社の左手奥には台渡里天満宮があります。
こちらには石碑があって鳥居もあります。

その手前側には鳥居のない摂社があります。
b0330744_15412688.jpg
古●?
立て看板は宮司による注意書きで
摂社に関するものではないみたいです。

大工町交番の横の映画館パンテオンの横にあった祠をこちらに移したという話を聞いたことがあるので
もしかするとこの祠なのかもしれません。

もしこれを読まれた方で、経緯を知っていることがあれば教えていただけるとありがたいです。

b0330744_15424479.jpg
神社前の太い道路には立て看板で台渡里廃寺の説明があります。
台渡里廃寺に関しては県のホームページに書かれております。

水戸市渡里 2014年7月


[PR]
by ta-tanchi | 2015-12-19 07:35 | 寺社 | Comments(0)

水戸街中のお城 井熊

「水戸の梅」で有名なお菓子屋さん井熊総本家。
明治23年に創業です。
b0330744_23240674.jpg
お店前を通るとアーケードがあって店舗の上の部分が見えませんが、
反対側の歩道から見ると、
城郭風です。

最近イートインが出来ました。

2014年9月


[PR]
by ta-tanchi | 2015-12-15 08:23 | 街秘境 | Comments(0)

どっちに行っても高速乗れます


どっち行っても高速乗れる案内は珍しいのでは?
その道路も
ヘキサの県道50号と、おにぎりの国道50号。
どっちも50です。

茨城町東じゃなく水戸の地名が入っているとさらにネタとしては最高なのですが・・・(笑)
b0330744_23200880.jpg
写真が中央に位置しないのはご愛嬌(笑)。

ちなみに、ここから東京方面に向かおうとするならば、
私はここに出ていない茨城町西I.Cを利用するでしょうけど。

水戸市千波町 2015年8月

[PR]
by ta-tanchi | 2015-12-12 09:58 | 道路・鉄道 | Comments(0)

金魚坂

裡鳥見町(天王町)と元山町との間にある坂が金魚坂です。
再開発によって2車線道路ですが、その前は天王町方面から一方通行の道でした。
再開発により、道路の勾配も改善されております。
昔の面影は無くなってしまいました。
b0330744_23144526.jpg
金魚坂。
その名の通り、ここには金魚屋さんの小平があるから命名されたようです。
子どもの頃は金魚やメダカを買いに来ました。
また
買うわけでもなく、遊びに行きました。

大正に西の谷の一部、青川がつくった谷を埋め立てて造られ道路で
大正10年には、ここで鯉金魚の養殖場が出来たそうです。


b0330744_23144633.jpg
ちなみに金魚屋の奥のモジャモジャの付いた建物は
30数年前私が小学生の時からの廃墟です。

b0330744_23144661.jpg
子どもの頃、養殖池があったところは
現在は駐車場となっております。


水戸市天王町 2014年8月



[PR]
by ta-tanchi | 2015-12-09 06:29 | 道路・鉄道 | Comments(4)

淡島神社(水戸市米沢町)

ステーキハウス アメリカ屋の裏あたりに、ひっそりと淡島神社があります。
b0330744_10361891.jpg
淡島神は、女性に関しての霊験のある神とされて、江戸時代に
婦人病治癒や、安産、子授は、裁縫、人形に関して祈願する神社が全国に広まったようです。

別雷皇の淡島神社は針供養がありますね。


b0330744_10362796.jpg
社殿には、2012年に水戸市立博物館で行われた特別展
「春らんまん 雛の宴Ⅱ」 の蔡の説明が貼られております。

b0330744_10375167.jpg
江戸の淡島信仰と水戸の淡島神社 という内容です。

この淡島神社は、和歌山県の淡嶋神社の末社として水戸では唯一の登録があるとのこと。
お宮の中には江戸時代に奉納された絵馬、男根を表したと思われる木片があることが
かかれております。
他にもこの神社に関することがかかれておりますので、
興味のある方は訪問されてみては如何でしょうか?
b0330744_10381676.jpg
大切に、綺麗に管理されております。

水戸市米沢町 2014年11月

[PR]
by ta-tanchi | 2015-12-06 00:02 | 寺社 | Comments(0)

ハナミズキ広場 その10 崖下の水辺と木道

ハナミズキ広場の西側の崖との境には水辺があります。
そして木道が設置されております。
いつごろに整備したのでしょうか?
b0330744_23113960.jpg
b0330744_23120563.jpg
ただね、その木道は、
利用できない状態に・・・
b0330744_23115533.jpg
元々、この分岐の先は何処へ?

木道抜けてますし・・・

b0330744_23121226.jpg
木が生い茂り木道を塞いでおります。
渡らせないために、あえて木を伐らないのかもしれません。

木道の利用方法を考えました。
水辺に落ちた大きなボールトル以外に使い道がないような気が・・・

正直なところ、木道なんていらないですよね・・・
そして水辺を進むと


ハナミズキ広場の奥に進むと、藤棚があります。
b0330744_09303057.jpg
写真の通り・・・
寂しい感じが強く、正直近づきたくない感じでなんです・・・
どうしてなんでしょう・・・

その脇にはデカい、読みにくい石碑があります。
裏には昭和50年しほさゐ門人建之 と書かれてました。
どういった趣旨で造られたのでしょうか?
b0330744_09302377.jpg
そして

石碑の裏には、
涼しげな音を立てている滝もあるんです。

せせらぎ広場も隣接してますので、
そちらの施設になるのかもしれません。
b0330744_09300190.jpg
え?こんな滝があるんだ!
子どものときからあったっけかな?

千波かるたの解説では
逆川緑地の湧水をここまで配管して流していると記載されております。

なので滝があると言っても、これは人工の滝です。

なので夜は流れていないかもです。

ハナミズキ広場シリーズ、ひとまず終了です。
お付き合いありがとうございました。

水戸市千波町 2015年6月




[PR]
by ta-tanchi | 2015-12-02 23:10 | 公園 | Comments(0)