みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

水戸神社

笠原不動尊のさらに上に上がります。
かなり寂しい感じの場所です。
b0330744_22583759.jpg


b0330744_22590331.jpg
またままた案内に向かってエアガンで撃たれた跡が
ひどいです。


b0330744_23015933.jpg

記念植樹の奥に、水戸神社。
水戸七社のうちの1つがこれです。

選ばれた神社にすべてが宮司がいて
境内も広く立派な神殿がある必要はないのかもしれませんが、
うら寂しい感じが強すぎます。

記念植樹する前は大きな社があったのでしょうか?
b0330744_22591708.jpg


b0330744_22593583.jpg

いつ記念植樹したのでしょうか?
どこにあるのかわかりません・・・。


b0330744_22595349.jpg

水戸神社の参道横にある
神社名の書かれた石が並んでいます。
ここに書かれている神社が水戸七社なのでしょうか?


水戸市笠原町 2014年7月


[PR]
by ta-tanchi | 2015-08-31 17:43 | 寺社 | Comments(0)

笠原不動尊(笠原水道)



笠原水道の裏には年季の入った石階段があります。
あまり整備されていない事もあり、
石のすり減りもあり滑りやすいです。
b0330744_22573482.jpg

上がっていくと右手に笠原不動尊があります。
手入れされていないので
屋根は崩れ、床もぬけ、正面の壁や扉も無い状態です。
b0330744_22575515.jpg
警告文が水戸警察署っていうのが良くわかりません。
b0330744_22580484.jpg
教育委員会の案内板がありますが、
BB弾か何かによってボコボコしているところがあります。
b0330744_22582730.jpg
説明文によると、クリカラ不動が安置されていて、
創建は江戸以前であるか明らかではないが、
現在のものは昭和になって付近の住人によって不動堂が再建されたとのことです。


b0330744_23000895.jpg
ただ、その後の管理がなされず、
裏側の屋根の崩壊は時間の問題のようです。

水戸市笠原町 2014年7月

つづく



[PR]
by ta-tanchi | 2015-08-27 08:16 | 寺社 | Comments(0)

笠原水道

笠原水道です。
ここは光圀(水戸黄門)が城下町(下市)の用水の便が悪いことを改善するために
1662年と翌1663年で総延長7キロの上水道施設(日本で18番目)
を設けた際の水源地です。

説明書きによると、
主導水管凝灰質砂岩を使い、支線は木樋、各戸へは竹樋を用い、
街道には公共用の井戸を設け、
550両、延べ2万5千人の人夫の大工事だったとのことです。

まずはコチラの概要を読んでね




b0330744_09531481.jpg
史跡 笠原水道

b0330744_22520262.jpg
はげた案内板があるのですが、
これがこの地域を散策するに当たり解りやすいので
是非綺麗にしてほしいと思います。

ところで旧笠原水道と書かれていますが
「旧」を付けている理由はあるのでしょうか?

b0330744_22522763.jpg
史跡 笠原水道 の石碑の横に岩の樋状のものがあるのですが、
これは遺構なのでしょうか?
それとも何かの石碑が倒れてそのままなのでしょうか?
ググっても良くわかりませんでした。


b0330744_22554063.jpg
1826年に建てられた「浴徳泉の碑」があります。
歴史を感じますね。
b0330744_22533351.jpg
浴徳泉の碑の奥に、進むと「竜頭共用栓」から水が出ております。
明治時代の改修時に下市地区に設置されたものを復元したものだそうです。
これは、水戸市水道低区配水塔にも同じものがありますね。
b0330744_22540737.jpg
説明書きが裏にあります。

この水はここの湧水を飲用水にしたものです。とのことです。
どういう事かというと塩素を注入した水道水ということです。

ポリタンクをたくさん持って湧水を組みに来る人がたくさんおりますが・・・。

b0330744_22544110.jpg
ということで、
裏には水を出したら元栓を閉めるように書かれております。
水栓を開き放しにして水資源を無駄にするのはやめましょう。

水戸市笠原町 2014年7月

次は 階段を上ります



[PR]
by ta-tanchi | 2015-08-25 19:34 | 公園 | Comments(0)

歴史館の主??

今日と明日、8月22日23日は歴史館祭りです。
ということで茨城県立歴史館ネタです。

先日、行くと休館日でした。
b0330744_07163070.jpg
が、館入り口前に何やらなんでました。
b0330744_07161997.jpg
埴輪です。
その埴輪・・・

b0330744_07174678.jpg
雨合羽着てました(笑)。
b0330744_07172081.jpg
でも頭は出てます。
b0330744_07184187.jpg
馬まで・・・

というのが今年の7月見られました。


先日再び歴史館に行ってみると、
b0330744_07470768.jpg
b0330744_07470187.jpg
歴史館祭りのためか、祭り仕様の法被を着てました(笑)(笑)。

企画展はEXPO85に関するものやってます。
b0330744_07464572.jpg
展示を見るともれなく万博グッズもらえます。
企画展、明日23日までです。

水戸市緑町 2015年7月8月




[PR]
by ta-tanchi | 2015-08-22 08:04 | 脱力系 | Comments(0)

茨城県庁 展望ロビー

1999年に水戸市三の丸から笠原に移転開庁した茨城県庁。
高いですね。大きいですね。

b0330744_23474998.jpg
水戸には巨大建造物が何個かありますがそのうちの1つです。
大きすぎて小説の内容とは全く関係ないですが
白い巨塔と悪ふざけで呼ばれたりしておりました。

そしたら本当にドラマの白い巨塔のロケに使われたという・・・。

さてその茨城県庁、
25階は展望ロビーとなっており、正面入り口から入ると、
展望台直通エレベーターがあって誰でも行くことができます。
b0330744_23382484.jpg

b0330744_23383193.jpg

b0330744_23383713.jpg
こんな感じで景色が広がります。
凄い景色がイイ!!という感じではないのですよね。

ということで大体いつ行っても混んでいたことはないのですが、
水戸の花火のときは、入れ替え制で見ることになるそうです。


喫茶コーナーもありますが(写真探したのですがないみたいです)、
県庁の仕事がない日は営業していないので
観光客相手にはここの展望ロビーは機能していないということなのでしょうか?

そのくせお土産グッズはそこに売っているという・・・。

b0330744_23394639.jpg


県内産の木でできたオブジェもあったりします。

水戸市笠原町 2014年4月 2014年6月 2012年4月


[PR]
by ta-tanchi | 2015-08-19 16:05 | 建物 | Comments(0)

極楽橋(水戸)

水戸から那珂湊へ向かう湊街道沿いに極楽という名のバス停があります。

b0330744_23291469.jpg
極楽。
国語辞典では、安楽でなんの心配もない状態や境遇。また、そういう場所。

対義語は地獄。

ま~、バス停周囲見る限り、普通のありふれた農村風景。
まさに極楽だぜ!って思う、風景でもないのです…。

写真に写っている信号のところには新川が流れ、
ここに極楽橋が架かってます。
川には亀がいました。デカくなったミドリガメ?
b0330744_23295580.jpg
で橋より一段低い横の側道に石碑を見つけました(驚)。


その名も極楽橋跡。橋はありますが・・・。
b0330744_23300220.jpg
石碑に、この極楽橋の由来が記載されてます。

から湊街道の新川にかけられた極楽橋はしばしば大水のために
流されて旅人を苦しめた。戦国時代の大水・享禄の頃(西暦一六世紀前半)
一人の廻国の僧が流されたこの橋の修復を発願しその寄附金募集のために
六地蔵寺の高僧恵範が作った勧進疏には大野郷極楽橋の名が見え
橋の長さ五間幅六尺であったことも記されている。


では、極楽という地名が付いた由来は、
昔,馬に乗っていた殿様の馬が急に進まなくなってしまい下馬し
歩いてきたところ、このあたりで馬に乗ることが出来、
「あ~,極楽,極楽」と言ったとか…
っていうことからのようです。


ただね、この川をさかのぼったところには
極楽とは反対の意味する場所があったんですよ…。
どうも、この殿様話だけが極楽の地名の由来ではないような気がします。



水戸市吉沼  2014年7月

[PR]
by ta-tanchi | 2015-08-15 17:26 | 道路・鉄道 | Comments(0)

Re MITO 47 ダニエル・ビュレンヌ フラッグプロジェクト「虹」

8月11日より、
南町3丁目商店街で
Re MITO 47ダニエル・ビュレンヌ フラッグプロジェクト「虹」
が始まったとのことで、
早速まちぶらついでに、見に行ってきました。
ただし夜です。

b0330744_07284050.jpg
「水戸地方の本日は、アーケードの中に虹がかかる異常気象です。」
とリミット水戸の案内には書かれております通り、
商店街ずーっとみていくと7色になっております。
b0330744_07504223.jpg


9時過ぎに行くと電気が消えてしまうので
夜はその前に行くことをお勧めします。

b0330744_07321242.jpg


b0330744_07305977.jpg


商店街をぐるっと見てみましたが、
道路の緩い勾配とかで見て一番絵になるのは最初の写真の撮影地点、
サンクス、カラオケ屋さんあたりから西方面を見たところが
綺麗に見えるように思いました。

b0330744_07281819.jpg


南町商店街は、50号に面して残る唯一のアーケードです。
屋根のある幸せ・・・。
維持管理、電飾等にお金がかかるかと思いますが、
本当にありがたいです。

水戸市南町 2015年8月



[PR]
by ta-tanchi | 2015-08-12 08:31 | イベント | Comments(0)

黄門さん おしゃべりパーク

一昨日の8月7日から55回黄門まつりが今日9日まで開かれております。
b0330744_09113653.jpg
7日、街中の隙間からみる花火

b0330744_09133682.jpg
8日昨日の京成前です。

今夏はその黄門様に関する話題になります。

太田街道の起点でもある南町角。
ライブハウスライトハウス前の道路整備の際に出来た三角地帯に
黄門さんおしゃべりパークがあります。
b0330744_22473533.jpg
ライブ前などは人が沢山ここにいますが、
普段はあまり黄門さん、通行人にかまってもらえることはないようです。

b0330744_22482502.jpg

黄門様は西山荘を向いているそうです。

おしゃべりパークという名前の通り、
黄門様像の横の葵の紋所の印籠にボタンがあり
押すとしゃべります。
季節ごとにおしゃべり内容が変わるので
各季節にボタンをポチッと押してみてください。

黄門様裏の花咲(花屋)のおじちゃんが
ここのお花の手入れをしてる姿をよく見かけます。


水戸市泉町 黄門まつり 2015年8月 水戸市南町 黄門様 2014年7月

[PR]
by ta-tanchi | 2015-08-09 09:17 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

納豆記念碑

2008年7月10日納豆の日(なっとうのひ)、
水戸駅南口の一角に納豆の碑(なっとうのひ)が出来ました。

b0330744_23433394.jpg
出来て間もなく納豆の粒が悪戯でぼこぼこに凹ませられてしまい、
痛々しい無残な姿になってしまいましたが、
出来て一年後、
納豆部分を小粒にして耐久性を上げたものを張りなおしております。
粒が小さくなって・・・、以下省略・・・。
b0330744_23435209.jpg
b0330744_23434061.jpg

水戸市宮町 2014年12月


[PR]
by ta-tanchi | 2015-08-06 06:59 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

七曲坂


b0330744_23200724.jpg
アーモンドケーキが美味しいシュールと
常陽銀行末広町支店との間の道を北上すると、
七曲坂があります。
b0330744_23212175.jpg
上市の台地のヘリまで来ると、車は入れない坂道となります。
それが誰が名づけたか七曲坂です。
b0330744_23213804.jpg
b0330744_23200121.jpg
坂の入口には展望スペースがあって手づくりベンチもあります。
まずまずの景色です。

b0330744_23205008.jpg
坂の途中に茨城高校のグランドなどがあります。
実際、幾重にも折れ曲がっているわけでもない七曲坂です。
b0330744_23205594.jpg
下まで降りてくると台地の崖から清水が湧いています。


水戸市松本町八幡町 2014年9月

[PR]
by ta-tanchi | 2015-08-04 06:29 | 道路・鉄道 | Comments(0)