みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ブログ開設のわけ

ブログ開設1年が経ちます。
これを含め191本目の記事です。

このブログを開設した理由、
水戸の市街地の再開発事業や、
コンパクトシティー構想で本当にそれで街が良くなるのか?街の魅力が上がるのか?
ということが発端です。

再開発すれば水戸の市街地に人が集まるとか、
ものすごく安易に考えていないのか?

その際、どうしてこういうことを思いつくのか?
浅い考えの素があって漠然と計画しているのではないのか?
本当に街中の開発が将来にわたって考えられたことで、
それが正しいことなのか?・・・

泉町南側の京成デパートの再開発で、人が集まるとあれだけ煽って
本当に期待した結果になっているのでしょうか?
京成には駐車場がありそこには人が集まりますが、
近隣の商店には集まっているのでしょうか?

大工町の再開発、時間かかりました。
皆さんも知っている通りその結果は・・・
時間がかかりすぎたことが原因ではないですよね・・・。

今度は市民会館ですか・・・


震災で被災した市民会館。
それを市の土地の一切ない民間地にあえて持ってこようという意図。
芸術館の隣に市民会館の大ホール。
そして沢山の会議室。

市の発想、なんだかわからなくなってきました。
市長の独断だとは思いませんが、
再開発で食べているコンサルタントの入れ知恵があったと考えるのが
普通でしょう。

市民あっての市民会館ではないのではないのか?
少なくとも私の周りの街中の人間は要らないよね。って意見多いです。
そういう声は市長に届くことはないのでしょう。

水戸の街中の人の利用をあまり想定しないからという返答になるでしょう。
b0330744_07540048.jpg
再開発をする以上、よりよいものを作ってほしいですよね。
見に来る人間、会場を使用する人間ともに使い勝手の良いもので、
かつデザインに優れ、水戸芸術館と調和のとれたもの
難しいですね。
京成なんかに合わせる必要はありませんよ。

再開発するならば、もっと街中の交通インフラを何とかするほうが先のような気がします。
無駄にたくさん走っているバス、駐車場、交通マナー、自転車駐輪場などなど…。

人が集まらない街中。
魅力ないのか水戸の街は!!

自分自身、再開発とかそういうことに触れることで水戸のこと知らないな~。
って感じるようになりました。

その際、水戸の魅力って何だ?ってことです。
水戸の街中に住んでいながら、
水戸のこと知らないことだらけです。

街の中、もっと知らない人いっぱいいますよね。
ということで水戸の街ネタを紹介し、
水戸の街の事を少しでも感じてもらえたらなあと。
少しでも水戸の小ネタが普段の話のネタになってもらえれば、
水戸の街中にも目が行くのでは?
と考えております。

水戸の人もあまり知らないこと、知らない場所、
水戸の街中いろいろな再発見して、
これからも水戸の魅力を見つけて紹介していきたいと思います。

ただ、このブログの内容のようなことが魅力だ!とは言いません。
b0330744_00431701.jpg
写真は京成のレストランから見た泉町1丁目の市民会館の予定地を見たところ。
泉町1丁目は、街のど真ん中でも緑があるのです。
2015年6月

[PR]
by ta-tanchi | 2015-06-30 08:21 | その他 | Comments(2)

東原の踏切からの道 赤塚方向

前回の続きになります。
東原の常磐線踏切を超えたところに跨線橋を渡って行ってみます。

b0330744_07541938.jpg

南側から踏切跡を見たところです。


b0330744_07543908.jpg



南側の踏切跡の入り口は車が止まってました。
b0330744_07542813.jpg



こんなところに水準点。ちなみに19.9mです。

b0330744_07544552.jpg



ここから赤塚方向に真直ぐ、昔からの道が伸びております。

b0330744_07551762.jpg



スポーツセンター入り口から、常磐線の踏切までの旧道とは異なり、
こちらの道路は広めです。

b0330744_07552751.jpg



踏切廃止後に架け替えられた沢渡川の橋梁は、
道の規模に反して幅員広いです。
切り捨てられた部分の道ですよね、
こんなに広くする必要あったのかしら?

b0330744_07555315.jpg


沢渡川の上流方向、常磐線の築堤が見えます。

b0330744_07560686.jpg


現在、市内と赤塚を結ぶ旧街道部分県道177号にでます。

b0330744_07561454.jpg


反対方向から来た道を見ると、
現在の道がグワンと右カーブしているのに対し、
踏切跡に続く元からあった道が真直ぐ伸びているがわかりますね。


水戸市緑町、東原、見和、姫子 2014年7月


[PR]
by ta-tanchi | 2015-06-26 08:34 | 道路・鉄道 | Comments(0)

兵部坂

前回紹介もした、スポーツセンター入り口の交差点で分かれた国道50号の旧道
自由ヶ丘付近で県道177号赤塚馬口労線と交差します。
この交差点から先は、現在常磐線にぶつかって行き止まりとなりますが、
進んでみます。
b0330744_07524405.jpg

この進んだ道は坂になっており、兵部坂と呼ばれていたようです。
「水戸の坂道」では兵部(びょうぶ)坂の由来は、
進行方向の坂の右側付近に水戸藩重臣上杉兵部の屋敷があったから
となってます。
水戸の城下でもないこんなところに屋敷があったんですかね?
出城みたいなものでしょうか?

さて、この坂、住人しか使わない坂になってます。
b0330744_07525154.jpg

そして常磐線にぶつかって行き止まりです。
b0330744_18450645.jpg
かつてはここに踏切がありましたが、
現在はすぐ近くに東原跨線橋が完成してから踏切は廃止されたようです。

b0330744_07535230.jpg

柵の向こう側も舗装されてます。


踏切に代わる道、東原跨線橋は昭和49年1月に完成です。
b0330744_07540343.jpg


丁度電車が通過しているあたりが踏切の場所です。
b0330744_07541938.jpg

水戸市自由が丘 見和 2014年7月 

踏切で渡っていた道路の先に続きます。


[PR]
by ta-tanchi | 2015-06-23 23:59 | 道路・鉄道 | Comments(0)

沼津ヶ澤不動院(沼津ヶ沢不動院)

国道50号線。水戸市内の4車線道路から狭くなったところの交差点、
スポーツセンター入り口の交差点で、
昭和27年に東原から石川までの道路が改修され国道50号線になったので、
Y字路の国道に対して左側の一方通行道が旧道になります。

b0330744_07014734.jpg
この旧道現在は、住宅街の中のごくありふれた道ですが、
抜け道として使う車も多く意外に交通量があります。

b0330744_07020790.jpg
スピードは落としましょう。

緩い下り坂を暫く進み上り坂に変わるところに、
沼津ヶ澤不動院(沼津ヶ沢不動院)はあります。

b0330744_07021749.jpg
不動尊は綺麗に管理されております。
暖簾(といっていいのかしら)には世話人一同と
書かれております。氏子ではないんですね。
b0330744_07025205.jpg
浅間山の大爆発があり、
関東東北地方に大飢饉が起こった天明年間1781年~1788年の頃、
那珂川岸で不動大名王像であったので、八幡神社内に安置した。
水戸藩内に天狗党、諸政党の内紛があり、
神社仏閣の焼討が相次ぎ、水戸市泉町の小泉平兵衛に預け、
時が明治になると、年代は不明だが、不動尊像は現在の地に安置したとのことです。
b0330744_07045498.jpg
境内には
小さい不動明王
b0330744_20141010.jpg

他には馬頭尊塔もあります。
b0330744_20141907.jpg
そこにモアイっぽい人面石

不動院横には、ふたをした水路、暗渠があります。
b0330744_07032533.jpg
地形図見ても水路名は出ておりませんが、
不動院名の沼津ヶ澤がこの水路名なのでしょうか?

後日、この水路をたどってみましたのでそのうち公開しますが、
次回はこの国道50号の旧道を進んでいきましょう。

水戸市東原 2014年7月


[PR]
by ta-tanchi | 2015-06-19 21:05 | 寺社 | Comments(2)

伝燈坂

水戸市水道低区配水塔から
茨城の電気発祥地であった変電所までの水府橋に向かう坂道。

水府橋方面は通勤時間帯は良く渋滞しますね。
名前なんて知らないので、
税務署の坂とか検察の坂とか法務局の坂とか言っていましたが、
そんな適当な名前じゃなくて
坂道に名前があります。

ちなみに法務局、駅近くの駿優予備校のビルに移転してしまいました。


b0330744_08440170.jpg
坂の名前は、伝燈坂です。電燈坂ではありません。
電気発祥の地ですから電燈のように思うところですが、
この道坂の名は、16世紀に伝燈山和光院があったことに由来しています。

見上げるとこんな感じ。
b0330744_08434342.jpg
水府橋の架け替えによって、車道並びに歩道も整備されました。

水戸市北見町と三の丸の町界 2014年7月


[PR]
by ta-tanchi | 2015-06-16 10:35 | 道路・鉄道 | Comments(0)

みと楽横丁の自動販売機が個性的だ

陶器を売っていた「かわかみ」のあったところに
みと楽横丁というわいわいガヤガヤするのに
楽しそうなスーペースが誕生しました。
水戸の屋台村っていうような位置づけかな?
b0330744_23520752.jpg
その入り口にある自動販売機が個性的です。
上の写真の左側ではなく、赤い電飾下のほうです。
b0330744_23524446.jpg
エナジードリンク(栄養ドリンク)が多数
リゲイン、モンスターエナジー、レッドブル、そしてオロナミンC
そこにウコンの力、水
そこに特保のお茶、特保のコーヒー、無糖ブラックコーヒー。

大工町仕様に
特化しているといっていいのか…?

脱力系に分類しましたが、シャキン!系ですね。

水戸市大工町  2015年5月


[PR]
by ta-tanchi | 2015-06-13 22:23 | 脱力系 | Comments(0)

地獄坂(梅香坂)

地獄坂(梅香坂)(水戸の坂道より)を上ったところから見る風景です。
パノラマ合成写真です。
写っている景色総てが千波湖だったわけですから、
江戸時代の眺めはさぞかし良かったことでしょう。
b0330744_08523812.jpg

千波湖八景というのがあるのを最近知りました。
徳川光圀公(水戸黄門)が千波湖周辺の佳景として選定下とのことです。
そのうちの
梅戸夕照や下谷帰帆 に当たる景色でしょうか? 


この景色が見ることが出来る地獄坂(梅香坂)は、
水戸駅から千波大橋を渡るための分岐の交差点の右横の人が歩けるだけの坂道です。
b0330744_08370325.jpg
この角度ではわかりにくいですね。
b0330744_08493450.jpg
千波大橋が出来る前は、千波大橋への道はなかったので
この歩く道が高台へと続く道だったようです。
b0330744_08382391.jpg
階段が整備されたのはいつでしょうか?
私の10代の頃は違ったようにも思いますがふつう通る道ではないので
覚えておりません。

上りきったところが最初の写真の風景となります。
その先は住宅や駐車場が両脇に並びます。
b0330744_08373052.jpg

水戸市梅香 2014年8月11月 




[PR]
by ta-tanchi | 2015-06-06 08:32 | 道路・鉄道 | Comments(0)

希望の鐘(好文カフェ)

千波湖の西岸に2010年?でしたっけ?
好文cafeができました。
じっくり中で休憩することがないままずっと来てしまっております。

これができる前って何かありましたっけ?記憶にありません。
b0330744_15204611.jpg
さて、好文cafeは建物の上がることができます。
上がるとこんな感じです。
芝が植わっていて石畳(と言っていいかはわかりませんが)が
サークル状に並んでおり、かっこいいです。
b0330744_15210172.jpg

で、その先に鐘。
「希望の鐘」ってやつです。
b0330744_15210773.jpg

私見として、要らないなって思います。
あまりこの上に行く人が少ないのが幸いですが、湖畔で佇んでいるときに、
必要以上にやかましく、カンカン鳴らされると
なんだかな~と思います。

え?
そんな風に思うのって
心が狭いですか?

なんか俗っぽい観光地にはこういう鐘があったりします。


なんもマネしなくてもよかったのに・・・
この鐘が出来て千波湖の魅力が増えるわけじゃないですよ。

柵がネットだったりすると南京錠とかいっぱいかけられて
景観を損ねかねませんが、そこはアクリル板で良かったです。

鐘の反対側には水戸光圀。
b0330744_15214309.jpg

黄門様はどう感じられておりますか?

水戸市千波 2014年8月

[PR]
by ta-tanchi | 2015-06-03 08:55 | 公園 | Comments(0)