みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:公園( 50 )

偕楽園 萩のライトアップ

2年前の萩まつりのライトアップです。
閉園間際の8時50分くらいに入りましたが、警備員しかおりませんでした。
b0330744_03264321.jpg
2年前のものですので、ライトアップの仕方も変わっているかもしれません。

b0330744_03264423.jpg

b0330744_03264303.jpg
今日あたりは萩は見頃ですね!!


水戸市常磐町 2015年9月 

[PR]
by ta-tanchi | 2017-09-15 07:16 | 公園 | Comments(0)

かつて「土壇場」と呼ばれていた渋井町緑地 


渋井町の末端部、新川沿いに整備された渋井町緑地です。
b0330744_23285399.jpg

碑があるのですが、その裏側に碑文があります。
b0330744_23230563.jpg

渋井町緑地碑

この地は 渋井町の田園地帯の一角にあり
自然環境が豊かに残されているところである
年々歳々自然環境が失われているなか
地域からこの自然環境を守り
育てる意識のもとに 公園としての要望があり
その熱意に応え水戸市が整備したものである

また この地は 幕末における藩内の争乱の際に
処刑された人々の遺骸が運ばれ 埋葬されたと言われている
そのため 近在の人々は この地を「土壇場」と呼び
新川の淀みを「冥加淀」と言い伝えている
新川改修工事により当時の淀みは残っていない
この緑地公園が地域の人々に愛着を持って
静かに憩える公園として末長く利用されることを願っている

平成四年三月吉日 水戸市建立

b0330744_23230691.jpg

碑文の前は広場です。

b0330744_23233527.jpg
その広場の上流側にはゲートボール場っぽい広場と
数本の植栽があり、結構広いです。

「水府異聞」という本(水戸市の図書館ならどこにでも置いてあります)
を読んでこの地のことを知り、
今回訪問前にも訪問してました。

碑文を読むと、
この公園となったところに死者を葬ったんだな~と
何とも言えない複雑な気持ちになります。

が、
赤沼~頭無~渋井町緑地(土壇場)を歩いてきた道、新川について後で考察すると
訪問後に碑に書かれている一文、
新川改修工事により当時の淀みは残っていない)が引っかかります。

どういうこと? 
 
b0330744_23311573.jpg

この写真は渋井町緑地を新川の対岸から見たものです。
木の茂みが2つ上の写真の植栽です。
河川改修されてまっすぐ流れている新川。

改修される前の新川ってまっすぐ流れていたの????
無駄に広い公園は、もともと土壇場といわれたすべての面積なの????

と疑問点が・・・。

なんだか公園の縁が変な形しているなあ~と思うところがあり撮影してました。




変にカーブしてますよね~

b0330744_23285360.jpg

このまっすぐじゃない隣地との境は、
河川改修前の川の流れの痕跡ではないのでしょうか?

b0330744_23285335.jpg

公園の末端に行くと不自然な三角形の使われていない土地があります。

つづく

水戸市渋井町 2016年6月




[PR]
by ta-tanchi | 2017-07-20 07:17 | 公園 | Comments(0)

GWの偕楽園はツツジが綺麗です・・・が(2017)

偕楽園につつじを見に行きました。
すると、鯉のぼりが…。
b0330744_23420337.jpg
正直う~ん、要らないんじゃ???というのが最初の感想。

東門から入って好文亭がババババ~ン!って見えて開放感があるのですが、
不自然な感じがどうも自分的には受け入れられません。
なんだかな~。
見慣れていないからそう思うのでしょうか?
b0330744_00132260.jpg
参考として2015年のものを張っておきます。


好文亭側から見るとこんな感じです。
b0330744_23420497.jpg
なんなんだよ~って思っていたのですが、
アジア系の団体が朝早く来てこのこいのぼりの前ですごい勢いで
写真撮ってましたので、
グローバルな視点から見るとアリなのかもしれません・・・。

水戸的な保守的な考えなのかとハッとさせられました。

ただね、この写真を載せるのに書きながら、
違和感がどうしても付きまとってしまうのですよ。
それは、緋鯉の黒いのが一番上にないからなのかもしれませんし、
カラフルなこいのぼりがランダムに並んでいないからなのかもしれません。


b0330744_23420473.jpg
鯉のぼりを過ぎるとつつじが綺麗です。


ただね、芝生に凄い虫が大量発生してました。
b0330744_23421042.jpg
コガネムシが多量発生~ってことでトラップが仕掛けてありましたが、
ほとんど役になっていない感じでした。

b0330744_23420375.jpg
黒い点々が虫。およよ~。
天気がいいので芝生にレジャーシート広げてお弁当!!
っていうのは残念ながらちょっと無理そうです。

水戸市常磐町 2017年4月

おまけ
b0330744_23420200.jpg
併せて千波湖にも足を延ばしたのですが、好文カフェにもこいのぼりが泳いでます。
が、以前はもっとたくさんのこいのぼりが出ていたんですよ。



以下の写真は2015年のものです。こちらに用意したこいのぼりを偕楽園に転用したのかな?
b0330744_23481236.jpg
窓に映った鯉のぼりを撮影したんですね。
b0330744_23481124.jpg
個人的にはこれは迫力があって素敵でしたよ~。


[PR]
by ta-tanchi | 2017-04-30 00:20 | 公園 | Comments(0)

今年の偕楽園の表門

今年は偕楽園に3回ほど朝方行きました。

朝方は偕楽園全体的に人が少ないのですが、
今年は例年に比べ多いように感じております。
b0330744_17393652.jpg

毎年この時期は何度も行っておりますが、
表門は、偕楽園のほかのところと比べひっそりしております。
.
.
.


今年は様相が異なり、人が結構います。
これもブラタモリの水戸編が1月末に放送されたからだと思われます。

上の写真は人が途切れた一瞬で撮影です。

ただ表門から大工町方面の道を歩くと歩いている人にはあまり出くわさないので
偕楽園を東門から入ってぐるっと回って
表門に来るという形をとっているんでしょうね。
b0330744_17392040.jpg
今年来園した3回のうち2回はここでタクシーの乗降を目撃しております。
市内に宿泊したであろう観光客でしょうね。
表門から偕楽園へという人も増えたんでしょう。
今までそんな光景は目撃したことはないんですよね。

水戸のタクシーの運転手さん、
お客さんのおもてなしできているといいな~。


話は表門とは異なりますが、
観光客の中には、犬を連れて来る人みます。
偕楽園内は座敷犬といえども連れてくるのは違反行為です。
私の思い込みですが、これは県外からの観光客でしょう。

また、喫煙している人もたまに見かけます。
またまたこれも私の思い込みですか、こちらは水戸市を含む茨城県内の観光客でしょう。


b0330744_17484603.jpg
水戸市常磐町 写真は上から順に2017年2月、3月 2015年3月


[PR]
by ta-tanchi | 2017-03-05 23:01 | 公園 | Comments(0)

千波公園西の谷 の案内板

街の中心部に近いのに、
残念ながら人があまり行かない西の谷に案内板が出来ました。
水戸商工会議所創立120周年事業の一環で作られたようです。
b0330744_00102730.jpg

京成の裏にあるものの写真ですが、
街中からの千波湖、偕楽園への回遊性を意識しているように感じられます。

b0330744_00101110.jpg

備前町側から西の谷の入り口にもできました。
かつてあった小さい案内板は、写真奥のものです。

ずいぶん雰囲気が変わりましたが、
設置の際、除草していないので、
景色に溶け込んでしまってます。
b0330744_00102795.jpg


ここを入っていくと、自然の地形を生かした堀底と街との高低差を感じることのできる階段があります。
b0330744_00544158.jpg
常磐町側、偕楽園側にも設置されました。
以前のが手前の石碑なので、西の谷の入り口が
かなり解り難かったです。
b0330744_00105665.jpg
以前よりわかりやすくなりました!!。

そして
西の谷の真ん中あたりの東屋横に案内もできました。
b0330744_23585877.jpg
ただこの解説、正直よくわからんのよね~

と書きつつ、今までよりも西の谷の存在を知ってもらえると感じました。

新しくできたものに対してなので
もし追加できるのであれば、
偕楽園に抜けれるとか、市街地(京成デパート)に抜けれます
というコメントがあったなら
水戸市内の回遊性が上がったと思うのですが・・・。

仮に市民会館ができるのであればその時には直してね。

水戸市天王町他 2016年10月


[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-19 23:34 | 公園 | Comments(0)

明けましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。
b0330744_08262416.jpg
先ほど、偕楽園にて初日の出を見て
一年間幸せなことが続きますようにと、
お願いしました。

b0330744_08262522.jpg
偕楽園では寒桜が咲いてましたよ。
b0330744_08262651.jpg
常磐神社にも寄ってきました。

今年もよろしくお願いします。

水戸市常磐町 2017年1月





[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-01 08:38 | 公園 | Comments(0)

もみじ谷の紅葉 2016

昨日の朝、もみじ谷に行きました。
ピークまではもう少しな感じで、次の週末辺りがピークでしょうか?
b0330744_00225812.jpg
お昼頃にも車で通りましたが、そのころのほうが光線は良さそうですが、人はたくさんいました。
b0330744_00225863.jpg
車で通っても、ただの抜け道してではなく、この季節はあえて通りたくなる道です。
b0330744_00225746.jpg
谷の奥です。
b0330744_00225779.jpg
モミジじゃない木も日に照らされて綺麗です。
b0330744_00225683.jpg
逆光でも、赤が映えますね。

「みとぶら」しやすい安いコンデジでの撮影ですが、
きちんとした機材で臨みたくなる景色でした。

水戸市見川 2016年11月

もみじ谷はどこまで続くのかを追った記事はこちら




[PR]
by ta-tanchi | 2016-11-14 00:35 | 公園 | Comments(0)

長雨上がりの西の谷の湿地帯 その3

前回の訪問が10月9日、今回紹介するのは10月16日
1週間後です。

1週前より水が引いてきてました。
ただし、まだまだ多いのです。

b0330744_22353265.jpg
木道も顔をのぞかせてきてます。
b0330744_23211584.jpg

b0330744_22353327.jpg
b0330744_22360159.jpg
木々も水の外に出てます。
b0330744_23212544.jpg
だけど多いです。
b0330744_22360266.jpg
b0330744_23211561.jpg
自然に引いたのか排水したのかはわかりません。
と書いたのですが、
ポンプで排水したようです。


上流方向を見ると水がいつもよりも流入してきてました。
b0330744_22360278.jpg
西の谷は青川の作った谷ですが、現在はその流れは暗渠として、水路の横の歩道部分の下にあります。
b0330744_23391992.jpg
暗渠と崖の間の水路はいつもぬかるんだ程度ですが、水の流れがあります。
b0330744_22360313.jpg
岩の間から染み出ている量自体はいつもと変わらないように思いましたが、
崖上から黒い排水ホースが2か所?この水路に延びてきており、
ジャバジャバ音がするくらい水が出てきてました。
どこから来る水なんでしょう?

水戸市天王町 2016年10月

[PR]
by ta-tanchi | 2016-10-19 06:16 | 公園 | Comments(0)

長雨上がりの西の谷の湿地帯 その2

西の谷公園の湿地帯のその後を見に行ってきました。

前回は9月25日撮影のもので、今回は2週間後の10月9日のものです。
b0330744_23204506.jpg
木道入り口は通行止めになってました。


驚いたことに
2週間の間、大した雨も降っていないにもかかわらず、
前回同様水位は高いままでした。

そして大きな違いは、水が濁っていたことです。
b0330744_23211561.jpg
b0330744_23212544.jpg
b0330744_23211584.jpg
水が溜まるようになっているとはいえ、異常事態です。
水辺に落ち葉が腐って、良い泥が出来てはいるようですが・・・

排水路がないのか?排水路に泥が詰まっているのかな?
水の流入路はありますが、排水口があるようには見えません。

水戸市天王町 2016年10月

[PR]
by ta-tanchi | 2016-10-18 08:15 | 公園 | Comments(0)

長雨上がりの西の谷の湿地帯

西の谷の湿地帯は、やはり湿地帯でした。
何のことだかわかりませんね・・・。

水戸はここ1週間長雨でした。久しぶりに晴れた朝に、西の谷に行ってきました。

すると、いつもは水が枯れている、もしくはわずな水の量が、
周辺の土地の保水量が上限に達したためなのか、
ただ単に排水路がなく水がたまったのかわかりませんが、
水が随分と溜まっておりました。

このような姿は初めて見ました。雨が降るといつもこうなのでしょうか?
b0330744_22274072.jpg
偕楽園側の湿地です。
いつもは木道の下に水はありません。

進んでいくと、あらあら・・・
b0330744_22274158.jpg
水没しておりました。
歩いていくと、木道で休んでいたウシガエルがドンドン水に飛び込んでいく姿が印象的でした。

駐車場に面した柳の木も水没してます。
b0330744_22274110.jpg
ラクウショウ?の木の下も水没して水面に映りこむ木々が綺麗でした。
b0330744_22291768.jpg
向こうの石階段に至る木道もご覧のとおり。
水面に映りこんだ植物で、ただ単に雑草の追われただけじゃないという風に見えますね(笑)。
b0330744_22274266.jpg
東側の湿地もご覧のとおりです。こちらのほうは、普段も水がありますね。
b0330744_22274173.jpg
元来、この西の谷は、青川が千波湖に注いでいた入口の湿地だったところですから、
これが本来に近い姿なのかもしれません。

水戸市天王町  2016年9月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-09-26 00:16 | 公園 | Comments(0)