みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 22 )

水戸市空き缶等のポイ捨て防止に関する条例

水戸市空き缶等のポイ捨て防止に関する条例
があるのを今日、水戸駅バス停裏で知りました。
b0330744_09094951.jpg
緑に塗られているところが美観保全重点区域(ポイ捨て禁止区域)なんだってさ。
知りませんでしたよ。
違反すると、3万円以下の罰金に処されるんだって。

私は知りませんでした。私だけなのかな?
みなさん知ってましたか?

もっと啓蒙活動が必要だと思います。

ところでこの地図、県庁が三の丸にあったりしているので、この条例は随分と前からあるんですね。

ってことで検索してみました。
ホームページ上にはこれが見つかりましたが、
ただダウンロードしてみるとか、
JPEGの画像を展開してみないといけないという、
非常に事務的に扱われているのが残念です。

もっと知られていていい条例ではないでしょうか?
少なくとも、上の写真の内容くらいはわかるように載せて、詳しくはこちらを参照~
とかしませんか?


というより、路上喫煙禁止条例がないのが残念ですよね。

ポイ捨て禁止というより、路上喫煙禁止にしてぽい捨てをさせないこと、
受動喫煙も防止となっていいいよね~。
この条例が出来ないところを見ると
ま、大声上げて反対するつまらん議員がいるのでしょう・・・

隣の宇都宮市にはありますよ。
水戸市 2017年6月



[PR]
by ta-tanchi | 2017-06-03 09:36 | その他 | Comments(0)

鳥インフルエンザの千波湖


12月21日現在、千波湖の野鳥の鳥インフルエンザ簡易検査陽性は28羽、
水戸市全体では31羽確認されております。
うち6羽死亡です。

水戸だけがこうなのでしょうか?


撮影は千波大橋からです。
b0330744_23423987.jpg
いっぱい立て看板があります。
そしてジョギングコースには
これだけでいいのかなあ~というくらいの
消石灰が散布されております。
b0330744_23423932.jpg
人だか自転車が通った跡のところはすでに石灰がありませんでした・・・
b0330744_23434104.jpg
ちょっと読みにくいですが、
鳥インフルエンザウィルス
拡散防止のため
ジョギングコースへの
進入は控えてください。

と書かれております。
が・・・

小さい。小さいのよ。
危機感があるのであれば、
もっと大きな字で書きなさいよ~もう!!
って感じです。

だからなのか、ちらほら人がいるんですよ。
b0330744_23433815.jpg
拡散防止対策実施中なんて字は、大きくなくていいですよね?
b0330744_23434285.jpg
b0330744_23434398.jpg
「千波公園ジョギングコース及び大塚池公園外周園路への
進入自粛の呼びかけております」

ということで、千波湖で人影をほとんど見ませんでしたが、
それでも散歩している人やジョギングしている人はいるのでした。
まさかポケモンやって徘徊しているんじゃないでしょうね??
b0330744_23434250.jpg
早く事態が収束することを願います。

水戸市千波町 2016年12月



[PR]
by ta-tanchi | 2016-12-22 01:15 | その他 | Comments(0)

十六夜(ややスーパームーン)の芸術館

昨日、11月14日はスーパームーンでしたね。
しかし残念ながら天候は雨でした。

そして日が変わり15日。
月の見える大きさ十六夜ですが、月の大きさ自体はほぼ同じくらいらしいですね。

月が上がったばかりで撮影すれば大きな月が見られたのかもしれませんが、
夜7時ちょっと前くらいの芸術館では、いつもよりは大きいよねえ~といった感じで、
かつ、雲もちょっと邪魔してクリアには見えませんでした。
b0330744_23295907.jpg
いつもの安コンデジで、
しかも手持ち撮影。

カメラの機能使ってなんとかぶれない感じには仕上がってますが・・・

b0330744_23295740.jpg
水戸市五軒町 2016年11月


[PR]
by ta-tanchi | 2016-11-15 23:47 | その他 | Comments(0)

負のスパイラルだよ、ブラウンパッチ

私は水戸芸術館が大好きです。

昨年度を越えた芝枯れによって植え替えた芸術館の芝生、
5月中は綺麗だな~と見ていたんです。

ところが・・・最近になって・・・
b0330744_00550998.jpg
ところどころが茶色に枯れる芝生の病気になってしまってます。
b0330744_00550950.jpg
酷いところは部分的に根まで枯れてますね。

これは、ブラウンパッチでしょう。

多温多湿な状態になるとこういう病気が起こるようです。
じつは毎年毎年同じようなことが起きているような気がします。

どうしてこうなってしまうのか?

素人考えですからその限りではないかもしれませんが、
その原因は、きっとこれです。
b0330744_00550993.jpg
朝7時前くらいに、自動タイマー?による散水があります。
以前にも書きましたが、
毎日雨が降ろうと、
大雨が降っていようが、
散水されてます。
そして芝生は必要以上に水浸し状態が続くのです。

もう何年も前に、
大雨でも散水機が動いていたので電話で問い合わせたのですが、
自動で散水しているからとの返事がありました。

そんな多湿な状態ですから、
わけのわからないキノコまで
たくさん生えてしまっています。
b0330744_00550947.jpg
b0330744_00550854.jpg
そもそもその撒いている水だって税金ですよねえ~。
水が意味もなく撒まれ、そして芝が刈れて、芝を植えるのにまた税金。
負のスパイラルですよね。

早朝の散水に関して
芸術館様、水戸市様には
御一考してほしいです。

水道代、芝生代 > 天候を加味した手動による散水による人件費

だと思いますけど・・・

水戸市五軒町 2016年6月中旬


ちなみに、去年の状態はこれ。
b0330744_00571527.jpg
b0330744_00571451.jpg
芝が痛んだのは
糞尿だけではありませんよ。
散水のし過ぎで根が枯れたんだってば・・・。

水戸市五軒町 2015年7月末

[PR]
by ta-tanchi | 2016-06-24 01:34 | その他 | Comments(3)

茨城県庁外周の桜(2016)

車の点検検査があったので、その時間を利用して茨城県庁の周囲の桜を見てきました。
b0330744_22192898.jpg
県庁北側の道路(レクサスの前の道路)から時計回りで巡りました。
以前は道路の上まで桜があり、
桜のトンネルになりそうだなあ~って感じでしたが、
安全のためか?切ってしまったのでちょっとさびしい感じになってしまってます。
b0330744_22200269.jpg
東側のバスターミナルのあたりには、枝垂れ桜が2本あります。
b0330744_22204245.jpg
枝垂れ桜のアップです。
b0330744_22205790.jpg


南側の太い道路です。県庁西の交差点付近(ダイハツの前)の桜が見事です。

b0330744_22213441.jpg
ここの北側歩道は、両脇が唯一桜です。
御覧の通り、素敵な桜のトンネルです。
b0330744_22220329.jpg
圧巻です。

水戸市民でも、県庁の周りが桜の名所だと知らない人は
案外多いのではないでしょうか?
あ、
まだ市民には認められていないのかもしれませんね。

b0330744_22221123.jpg
レクサスの前あたりに戻ってきました。

水戸市笠原町 2016年4月8日

[PR]
by ta-tanchi | 2016-04-08 23:13 | その他 | Comments(0)

なんだかな~。バスだらけ。

ピントが甘い写真になってしまいますが、
南町3丁目、工芸デパート付近から撮影しました。

見ての通り、茨城交通のバスが6台連続で水戸駅方面に向かっております。
こんなにバス沢山走っていても
残念ながら殆どのバスに人乗っておりません。
いつも目にする光景ですが、その日は
思わずシャッターを切らずにはいられませんでした。
b0330744_21455177.jpg
単純に人がバスに乗らなくなったのは、マイカーに奪われたとかいう前に、
利用者にとって利用しやすいダイヤ
たとえば、毎時同じ分にバスが来るとか、等間隔にバスが来るとか・・・。
そんなのまったく考えていませんよねえ?
茨交は民事再生で変わるのか?と思いましたが変わりません・・・。

茨城交通に限りません。
関東鉄道でも、
千波方面からバス利用しようとすると一定の時間来ませんが、
まとまってバスがやってくる、
こういう展開っていうのは
どういった基準でダイヤを組んでいるのか疑問に感じます。

夜の「ひたち」が水戸駅に着きます。
そしてそれを受けるバスがありません。
タッチの差で終バスが出てしまう・・・。

系列会社のタクシー乗れってことなんでしょうかね?

水戸駅集中の発着ではなく、バス営業所をバスターミナルとして利用して
ハブ化、乗り継ぎが楽になる、
バス料金の運賃切り替えを含め
乗り継ぎ料金等の見直しが必要ではないでしょうか?
そうすることでバスで行けるところの自由度が増します。

検索して調べていませんがまあ日本中探しても、
バスとバスの乗り継ぎ料金ってレアでしょうけどね。
そもそもバス対バスの乗り継ぎ料金ってあるのかな?

関東鉄道バスは水戸では今日からスイカやパスモが使えるようになりましたが、
茨城交通は独自のカード「いばっぴ」を発行するようですね。何故統一しないのでしょう?
乗り継ぎ割引があるのはよいとしても、複雑な割引体制が良くわかりません。


こういう選択をする茨城交通、保守的というのか、とても水戸らしいと感じちゃいます。
b0330744_22330866.jpg
回数券も廃止。何もかもが廃止。そして路線も・・・。会社も・・・。


水戸市南町 2015年3月8月



[PR]
by ta-tanchi | 2015-10-01 22:40 | その他 | Comments(2)

水戸市鳥瞰図 その6(左側)

水戸市の鳥瞰図の左側です。
現在の水戸市が昔からの大きさだと思っている方もいるかと思いますが、
そうではないんですよね。
b0330744_00085323.jpg

別雷皇大神周囲には、神應寺、信願寺、淨安寺
そして農学校があります。
農学校跡は、現在歴史館です。

そして高等学校。高等学校は水戸高校(水高)です。
建物の形もこんな感じだったようです。
b0330744_23581715.jpg
前回見切れていた吐玉泉や好文亭、
偕楽園碑、仙奕台、暮雪碑が記載されております。

左下は、丸山、桜山、徳川侯爵邸
徳川家への道は、まだ今の道できていなく、丸山の横の窈窕坂からの道ですね。


茨城交通が赤塚から延びて上水戸を通り御前山まで。
水浜電車は袴塚どまりとなっていて、上水戸で連絡をしておりません。
b0330744_23581613.jpg
右上、工兵第十四大隊と書かれています。見切れてしまっているところに
愛宕山、蚕業試験場と書かれております。

蚕業試験場は今の盲学校?それとも茨城県生涯学習センターがあったところ?なのでしょうか?
工兵第十四大隊は茨大付属中学校があるところでしょうか?

歩兵第ニ連隊、衛成病院は茨大になり、
練兵場は堀原運動公園になってます。

そして左下は水戸以外の部位がかかれております。
b0330744_23581612.jpg
茨城県南部の筑波山や霞ケ浦、鹿島神宮、
土浦の下に飛行隊と書かれているのも時勢によるものでしょう。
東京そして
富士山。
ハワイなど海の向こうにあるもの、富士山は初三郎定番アイテムです。

鳥瞰図裏面は、水戸市の位地地勢人口、名所がかかれております。

水戸市鳥瞰図の解説はこれにて終了です。




[PR]
by ta-tanchi | 2015-07-18 08:31 | その他 | Comments(0)

水戸市鳥瞰図 その5(左中央)

前回同様、水戸市中央部分、上市の中心部を紹介します。
那珂川の北側は瓜連、静、静神社
大田に西山、瑞龍山
大宮、その先に袋田の滝、男体山があります。
まだこのころは水郡線は全線開通しておりませんね。
そして那珂川に千歳橋。千歳橋に伸びる道は、
桂岸寺横のちょっと前までの旧国道118号の道ですね。
b0330744_00085396.jpg
ここから拡大したものに。
右上の測候所は今の気象台ですね。
その横に税務署があったんですね。
この税務署跡、
現在利用されているかわかりませんが
そのまま財務局、国税局の官舎になっていたのが興味深いです。
ここの地面、一部売りに出て住宅が最近建ちました。

営林署跡はは、わんぱーくになっております。
警察署跡は、水戸文化交流プラザになってます。
まあ文化交流プラザって名前付いてますが、我々は文福(ぶんぷく)
文化福祉センターのほうがなじみがあります。

上市尋常小学校は五軒小になり、女子師範学校跡に移転して水戸芸術館が現在あります。
その女子師範学校はの地に警察学校になりましたね。
八幡宮、祇園寺、茨城中学校が左上に書かれております。
b0330744_23581690.jpg
右側中央、電話交換局は、震災前まで、煉瓦の壁が残ってました。

中央は水浜電車が走ってます。
前回は触れませんでしたが、
この道路沿いには特徴的な建物が書き込まれていますね。
建物名は無いですが、それなりにその形なんでしょうね。
現存する建物として、泉町2丁目電停左の白い建物、
これは現在の三菱UFJ銀行ですね。これに描かれた形ですよ。
鳥瞰図、凄くないですか?

目抜き通りは狭いままです。
戦後、道路の南側をがばっと広げました。

神崎寺、別雷皇大神、
常磐神社、彰考館文庫、鎮霊社
(幕末から明治維新にかけて殉じた水戸藩関係の烈士の御霊を御祭神、現在は護国神社に)
常磐公園は梅林、
梅林の上には昭憲皇太后が行幸したさい出来た御成門があります。
見きれてますが吐玉泉や好文亭、偕楽園碑、仙奕台、暮雪碑が記載されております。

b0330744_23581673.jpg
紀州堀、西の谷

そしてその間にあるのは
笠原水道を作るための神崎岩の採掘跡まで記されております!!
こんなものまでが・・・

おおおおおお!!って感じです。

千波沼は千波湖ですが、堤には、桜、そして柳が現在もおおよそ同じ場所に植わってますね。
これより南は水戸ではなかったので特に書かれてませんね。


[PR]
by ta-tanchi | 2015-07-14 07:08 | その他 | Comments(2)

水戸市鳥瞰図 その4(右中央)

前回は鳥瞰図の左側を紹介しました。
今回は中央です。
b0330744_00085798.jpg

まずは上部から。
水郡線の向こう常磐線は
現在の駅名ではない
石神(東海)、下孫(常陸多賀)
助川(日立)、川尻(十王になったのは最近ですが)、
南中野(南中郷の誤りですね)、関本(大津港)、平(いわき)
ずいぶん変わっていますね。
  • そして高萩と南中郷の間には 炭礦と書かれております。
  • ずーっと海岸線進むと仙台、青森そして北海道の函館と続きます。
b0330744_08040218.jpg
現在の三の丸地区
一高は中学校、
水浜電車上にあるのは何かの記念像なのでしょうか?

二中のあるところは教育参考館、(県立)図書館、武徳殿、
三高のところに師範学校、
付属小学校のところに水戸城址があります。
そして現在の国道51号線のところに水浜電車が高架で走ってますね。
b0330744_23581661.jpg
千波湖を埋めたところは灰色になってます。
桜並木になっているところが今の桜川なのかな?
まだこのころは干拓事業が続いていたかと思われます。
そして工業学校(現在の南高があるところ?)
水道配水池、吉田神社、清巌寺、薬王院がかかれております。

大手橋
水戸駅周辺です。
水戸公園は梅林、
弘道館は孔子廟(こうしびょう)、要石、鐘堂、鹿島神社、種梅記(の碑)
がかかれておりますが、この鳥瞰図の表紙の八卦堂は記載されておりません。
尋常高等小学校、
そして県庁。
b0330744_23581684.jpg
そして市役所。京成ホテルのあるところですね。
その向いの現在空地、駐車場になっているところは、
この鳥瞰図で文字が潰れて読みにくいですが、巡査教習所です。
巡査教習所は今でいうところの警察学校ですね。
商工会議所、裁判所、二高は高等学校と記されております。
裁判所の隣、現在は空地、ちょっと前までは水府病院があったところは
水戸聯隊区司令部(字が潰れて読みにくい)。
軍施設の跡に公共の病院がつくられたのですね。知事公館もそうなのかな?
東照宮、
そして現在の協同病院のことろは常磐病院があります。

見きれてないのですが(最初の写真参考)、
那珂川に延びる太田街道(棚倉街道)に万代橋(木橋)、
水戸駅下には水道水源地と書かれております。これは笠原水道の事なのかな?

続く。


[PR]
by ta-tanchi | 2015-07-11 08:45 | その他 | Comments(0)

水戸市鳥瞰図 その3(左側)

暫くこの鳥瞰図でブログを更新します。

前回は鳥瞰図部分を4分割して
載せました。

今日はそれを細かく見ていきましょう。
まずは左側からです。
b0330744_00085717.jpg
下市と、水戸市ではない大洗と那珂湊が記載されております。
b0330744_23581622.jpg
遠くはサンフランシスコ、ハワイまで描かれておりますが、
これは吉田初三郎特有の鳥瞰図のデフォルメですね。

勝田から、湊鉄道(現在のひたちなか海浜鉄道)が阿字ヶ浦まで伸びております。
磯崎にあるのは酒列磯前神社(さかつらいいそざきじんじゃ)、

平磯の上に書いてあるのは「護摩壇」、ここには
水戸の斉昭公が水戸藩内随一の波浪の見所として、観濤所と命名したところでもあります(この記事書いているときに知りました)。
観涛所は水戸八景の番外の九番目の景勝地とされました。
現在とは違い、さぞかし綺麗だったのでしょう。

b0330744_23582685.jpg
大洗までは水浜電車が大洗の先、海門橋まで伸びてます。
開門橋の上には、水戸八景の岩船夕照、
大洗磯前神社の左上は出来て間もない常陽明治記念館(昭和4年)、

涸沼川の平戸にあるグランド?馬場?は何の施設でしょう?
(追記 水濱電車:小野寺靖 著 のなかに
1923(大正12)年に開場した水浜グランドで
会場式にあわせ関東競馬大会が開催され、その後も
草競馬がおこなわれたが、
満州事変以降は衰微したとのこと。
また、麺世紀は不明、水田を埋立てて平地にしたが、
土地を返還したときに水田は元通りにしたとのこと)

そこから延びる河川名は石川川?

そして下市
b0330744_23582717.jpg
右下に銭谷稲荷。当時から鳥居いっぱいあったのでしょうか?
中央下にあるのは、知る人ぞ知る?昭和4年に部分開業した水戸電気鉄道の
下水戸駅。
今はない下市尋常小学校、
水戸地方専売局は印刷会社に代わりましたね。

中央上に、那珂川に架かる壽橋は陸前浜街道の幹線道路です。
昭和7年完成の水府橋が出来るまでは、
こちらがメインルートとなっておりました。

左上の那珂川縁に、現存しない那珂川駅。
これは明治の水戸鐡道時代に造られた駅です。
この時代、那珂川の水運を利用され、繁栄していたのでしょうか?

その下は、今もあります日赤病院です。

書いていて、発見もあり楽しいです。

次は街中になります。

続く。

[PR]
by ta-tanchi | 2015-07-08 08:18 | その他 | Comments(1)