みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

私設展望台

この季節、保和苑の紫陽花がきれいですね。
その保和苑からほど近い場所に、私設展望台があります。
しかも「ご自由にどうぞ」なんです。
太っ腹です!!。

この存在を知ったのは、水戸芸術館のイベント、
街中企画ReMITO100のワークショップの時でした。
場所がよくわからなかったのですが、なんとなく進んで到着しました。

路地裏に展望台という小さな案内板があり、
そのの最奥地が展望台になります。
b0330744_00085958.jpg
この季節は紫陽花がきれいですね。

早速向かってみます。
b0330744_00085935.jpg
結構急な階段の先に展望台です。

b0330744_00090033.jpg
展望台角にあるライトは、夜光るのでしょうか?

パノラマ合成の写真ですが、
PCだと小さくなってしまうでしょうか?
b0330744_00083619.jpg
那珂川の清流とその向こうの台地のエレベーター塔などを見ることができます。

しばし眺めを堪能して、展望台の階段を降ります。
b0330744_00090068.jpg
階段というよりは梯子ですかね。
ちょっと怖いです。
高いところ怖いな~という方でも、
下の展望するスペースでも十分堪能できますよ( ^^) 。

そして、もう1つ。
男の隠れ家、五角堂 も訪問してみます。
b0330744_01132941.jpg
ご自由にお入りくださいでは、
隠れ家とは言えないのでは?という思いで進みます。

が、隠れ家でした!!
b0330744_01115979.jpg
自分で作られた五角形の建物です。
b0330744_00090608.jpg
b0330744_00091039.jpg
ソファーに座って
景色を眺めたり、読書や音楽を聴いて過ごしたい空間ですね。

男のロマンってやつを実行したモノです。
b0330744_00091096.jpg
素敵です。

b0330744_01105411.jpg
水戸空襲で落ちてきた焼夷弾の頭部がさりげなく置いてありました。
平和な世の中が末永く続きますように。

ちなみに、2017年4月放送の「ぶらり途中下車の旅」でも紹介されてました。

水戸市松本町 2016年6月





[PR]
by ta-tanchi | 2017-06-19 01:32 | 街秘境 | Comments(0)