みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

笠原水道のその後 明治時代から終焉まで

時代は江戸から明治へ。
明治になても江戸と同様に笠原水道の維持管理は町人によって行われていたようです。

明治19年に笠原水道を管理する水利土功会というのが出来て、水戸の市制が明治22年に施行されて、水利土功会は市長管理下へ。水道岩樋修理、井戸新設願などの記録が残っていますが、水利土功会の活動全般はよくわかっていないようです。
また、江戸時代は道路を利用して井戸(笠原水道)が設置したのですが、これば道路利用の規則に反するようで、許可が必要だったが、出していなかったので、特別に道路に井戸据置を許可してほしいと県に届け出をし、さらに、井戸には堅牢な蓋を付け、井戸際は清潔にすること、往来の支障なきようするという届け出をだしました。そして備前堀を跨ぐ銅樋に柵、橋上に屋根を付けました。

またこのころは笠原水道では、盗水の被害もあり、記録が残っております。
毎年区間を決めて岩樋の泥土は木の根などを清掃修理して、水流の回復を下にもかかわらず、水量が減少し、飲用にも事欠くようになったので調べてみると、岩樋の上蓋をはがし、溝の中に石が入れられたり、岩土井に穴をあけ、明治になって開墾された新田に引水されていたのでした。見回りをしていてもこういうことが起きていたようです。

水質と水量の維持は、270年も過ぎた施設の保持は応急処置とはいかず、また笠原水道末端部では水量が不足することもしばしば起こるようになりました。水質も悪化していたし、防火には不十分だったようです。

水質の悪化として始末が悪いのが伝染病です。
下市では、夏になると赤痢は腸チフスが発生するのですが、明治22年6月には大流行しました。
竈神社の祭礼日に水道上流でチフス患者の汚物を洗ったことによって急速に広まったようです。

下市では死亡者や伝染病関係者の患者数の増加が他地域よりも多いことがわかり、住民たちから直ちに笠原水道の改良工事を願ったのでした。
b0330744_00295893.jpg
明治30年、水道に対して十分な機能を果たしていない水利土功会を解散させ、水道区会として組織の整備をし直しました。
明治42年から43年にかけて、水量を確保するための水源工事、水の浄化を図る沈殿池を兼ねた配水池工事、漏水が少ない導水管工事などの全面的な大規模な改修工事が行われました。
水源は第1、2、3(3だけ福沢)と増やし、導水管は大部分は常滑産土管で低地は鋳鉄管、配水池は白梅にコンクリート製で作られました。
これによって従来の岩樋の笠原水道の役割は終了し廃止処分となりましたが、水源以外の岩樋への湧水があり、防火用水として維持管理を続けていきます。

そして昭和7年、那珂川を水源都市水戸市街地全体を給水区域とする近代水道の完成によって、笠原水道は幕を閉じました。




[PR]
by ta-tanchi | 2017-02-09 08:27 | 川・水路 | Comments(2)
Commented by sa2ki-h6 at 2017-02-10 06:04
お久しぶりです。
オデカケビヨリのさつきです。
ブラタモリ、録画はしてあるものの未だに見てません。
見られるのかな~・・・。

そうそうta-tanchiさんにお願いが。
水戸郷土かるたのスポットを紹介していただけませんか?(笑)
最近、息子と一緒に読んでいるのですが、いやー奥深いなと思いまして。
スマホで検索して、どういうところかを説明しながら意味を教えてはいるのですが。
水戸郷土かるたに載っているスポットが全て紹介されているブログは無いんですよ。
いくつかはあるんですが。
時間があればいくつかは実際に行ってみたいとは思うのですが。
ta-tanchiさんなら素敵な解説付で巡ってくれそうだなと(笑)
全部じゃなくてもいくつかでも・・・なんて。
川又書店で1,000円くらいで売っているようです、カルタ。
私も買ってみようと思っています(今は学校からもらったプリントを読んでます)。

突然の長文失礼しました!
Commented by ta-tanchi at 2017-02-10 17:54
> sa2ki-h6さん
ブラタモリ、ぜひ見てください。再放送も火曜深夜にやる予定です。

水戸郷土かるたイイですね!!。小学生の時今時節に大会出たことありますよ!!
今のものとは違い、隣在町村と合併する前初期バージョンです。
夏休みとかは、それをめぐる親子ツアーなんかもあるようですよ。結構人気があるようです。
水戸郷土かるた以外に、私が知っているのは千波小や新荘小には独自のエリアかるたが存在しております。

郷土かるたに出てくる場所もいくつかは行っておりますし、ブログに出しておりますのでまとめてみてもいいかもしれません。アドバイスありがとうございます。