みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

笠原水道の岩樋(真正)

笠原水道水源地から逆川に沿って300mくらい行ったことろに、
笠原水道の発掘調査で出てきた、
凝灰岩泥岩の岩樋が展示されております。
b0330744_00013776.jpg

全体像はこんな感じで、風化しないように屋根がついております。
b0330744_00010587.jpg
上からは自分の目線では見えませんのでカメラを高く上げて撮影してみました。
b0330744_00010545.jpg
本物の岩樋の脇には、復元された岩樋がありますが、
前回出したものとは異なりますよね。
ただこれも異なるような気もします(笑)。
b0330744_00013720.jpg
平成16年に行われた発掘時の写真が案内板にあります。
b0330744_00013696.jpg
この発掘された岩樋の裏の水路に、
なんと、当時のままの岩樋が残っているのでした。
ビックリですね。
b0330744_00014345.jpg
ブログ記事作るにあたって、笠原水道で検索しても、
水戸市のオフィシャルなページの説明不足ぶりにはがっかりなのでした。

井戸ライフさんのページが詳しく書かれております。

水戸市千波町  2015年12月 2016年1月





[PR]
by ta-tanchi | 2017-01-25 00:35 | 川・水路 | Comments(0)