みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

水戸路上観察学会

11月5、6日に水戸芸術館のワークショップで「水戸路上観察学会」が行われました。
これは来年の3月から開催される藤森照信展に先駆けたものです。

前日に知り、定員も達しているため参加をあきらめておりましたが、
6日の途中の講評会にだけ参加させて頂きました。

このような機会を与えていただきありがとうございました。
b0330744_23245655.jpg
5日、6日に参加者、学会員が路上観察した写真を路上観察学会員の方々が講評するというスタイルです。
参加者は水戸が半分、残りは水戸以外の人といった構成です。
b0330744_23245547.jpg
学会員の方々は、そうそうたる面々です。
講師:路上観察学会員松田哲夫(筑摩書房顧問、路上観察学会事務局長、元「王様のブランチ」コメンテーター)
藤森照信(路上観察学会員、建築史家、建築家)
林丈二(路上観察学会員、イラストレーター、エッセイスト)
南伸坊(路上観察学会員、イラストレーター、装丁家、エッセイスト)
一木努(路上観察学会員、歯科医師)


私は見ているだけでしたが、大変楽しませていただきました。
見ていて、ああ、あそこだ!
というのが半分くらいありましたが、
路上観察的に見ていないところもあるので、すごく刺激を受けました。

写真の見せ方(構図)とその写真の題名のセンスが大切ですね。

学会員の面々の写真では、当ブログで出ているところも何点か在りましたのでリンクを張っておきます。

金刀比羅神社の狛兎
神力宇賀の常陸山の奉納した鳥居(ブログには写真載せてません)

理解不能な地図



水戸市五軒町 2016年11月



[PR]
by ta-tanchi | 2016-11-06 23:52 | イベント | Comments(0)