みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

大杉山揚水場から続く暗渠 その4

大杉山揚水場からの水路は、
常磐線にぶつかります。
b0330744_02053558.jpg

水路があるのかははっきりわかりませんが、五本松踏切の下にでもあるのでしょう。
1921年に鉄道下暗渠工事したようです。

b0330744_02053541.jpg
この色違いの石の下に水路なのかな?
それだとちょっと水路狭すぎます。
四角いマンホールの下が水路なのかな?
よくわかりません。

ただ、この先の交差点の先に行くと、舗装の色違いで
水路が眠っていることがわかります。
b0330744_02053562.jpg
上の写真は、来た道を見ています。交差点先が踏切です。

アスファルト下にコンクリートの暗渠体があることを伺えます。

先に進みます。
すると歩道のようになっているところに
「千波湖土地改良区」と書かれた三角コーンが並んでます。


b0330744_02053548.jpg
そこの下暗渠でしょう。
そのフェンスに囲まれた部分は明らかに暗渠で
換気口が出ております。

b0330744_00481285.jpg
写真の先の枯れた草が生えているところが桜川の堤防です。

暗渠の先に水門があります。
名称は書かれておりませんが、グーグルマップでは
那珂川第一中継ポンプ場 という名前のようです。
b0330744_01002433.jpg
そして桜川の堤防の横の水門でゴールとなります。
b0330744_23134630.jpg
直接桜川へ放流はしていないようです。

水門の向こう岸に見えるのは、備前堀の入り口です。

水戸市三の丸、柵町  2015年2月





[PR]
by ta-tanchi | 2016-10-14 07:47 | 川・水路 | Comments(0)