みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

もみじ谷はどこまで続くのか その5

もみじ谷の先の水路跡は、見川のカスミまで伸びて、
その先も探ることができました。
見和の暗渠を進みます。

暗渠は一度、2車線道路と交差ます。
b0330744_02313764.jpg

b0330744_02314835.jpg
2車線道路のちょうど緩い谷地形のちょうど谷になるところに暗渠があります。
水は低地を流れる、まさに小川があった名残ですね。

b0330744_02323463.jpg
警察官舎の間の暗渠を進みますが、県営見和アパートにぶつかると、暗渠はなくなります。
水路はアパートの南側にあたる民家とアパートの敷地の境界を流れていたと勝手に推測しております。
b0330744_02323442.jpg
私はアパートの北側を進みます。
独特の雰囲気の建物ですね。

b0330744_02323429.jpg
水路跡はこの辺りははっきりませんが、
アトラス前の4車線道路に出ます。

歯医者さんの敷地のちょうど駐車場のコンクリートのライン?
が水路跡ではと勝手に推測しております。

b0330744_02323482.jpg
b0330744_02323466.jpg
このあたりは全く痕跡がわかりませんね。
この後痕跡が現れますが、次回に続きます。

水戸市見和 2016年1月




[PR]
by ta-tanchi | 2016-08-07 11:31 | 川・水路 | Comments(0)