みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

もみじ谷はどこまで続くのか その4

もみじ谷はどこまで続くのか 
というネタを以前3本連載しました。
間が空きましたが、今回はその続きです。

b0330744_00025234.jpg

b0330744_00033913.jpg


もみじ谷から、見川のカスミの前で水路跡が途切れていたと思っておりましたが、
Googleマップ眺めていると、続きがあることがわかりました。
ということで、前回とは訪問日は異なります。

b0330744_02303517.jpg

カスミの前で暗渠は途絶えたのですが、
カスミ前の道路下もしくは、ココスの右側の旧道に水路跡は眠っているようで、
見川一丁目南の交差点の雑貨屋さん前から、
水路跡の痕跡を追うことができます。
b0330744_02303575.jpg

ただの側溝ですけどね・・・
b0330744_02303534.jpg

赤塚方面、やや道路が登り勾配になる手前で
b0330744_02303513.jpg

水路跡は曲がります。
b0330744_02303539.jpg

民家と民家の間を暗渠として、
まっすぐ水路跡が続きます。

b0330744_02303586.jpg

民家の玄関がない道を進みます。
って暗渠ですからね。
こちらに入口があることはないのです。
b0330744_02313758.jpg

暗渠になったため、
蓋部分が隣の空き地よりレベルが高い位置になっているようです。

b0330744_02313764.jpg

いったん道路に出てさらにその先に暗渠は続きます。

ネタも続きます。

水戸市見川、見和 2016年1月








[PR]
by ta-tanchi | 2016-08-03 22:21 | 川・水路 | Comments(0)