みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

偕楽園下の踏切跡の道路

今の千波湖と偕楽園を結ぶ歩道橋の下あたりには、
踏切がありました。
備前町下の梅戸橋が完成するまでは、
偕楽園下の踏切を渡って神崎寺前を通り大工町に抜けておりました。
b0330744_01165111.jpg
国土地理院 地図・空中写真閲覧サービス1974/12/31撮影 
の写真の右下中付近、にありましたが廃止されてかなりの年月が経っているかと思います。

現在線路に遺構は無いようですが、面影は残ります。
現在は建物が無いですが赤い屋根とか緑の屋根の建物がありますね。
その付近が下の写真です。
b0330744_21422091.jpg
現在の道路より一段低いところにある道が、
どうやら昔の街道筋なのでしょう。

b0330744_21422572.jpg

b0330744_23463419.jpg

線路と道路の間の整地付近に踏切がったと思われます。
ここから軌陸車が入れるようになっているようです。
b0330744_21423738.jpg
分かりにくい写真ですが、偕楽園側から見たものです。

水戸市常磐町 2015年5月





[PR]
by ta-tanchi | 2016-07-28 08:51 | 現存しないもの | Comments(0)