みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

調整中~無用の長物「駐車場案内システム」 その1

水戸の市街地に向かって走ると見かける、
駐車場混雑状況を示す電光掲示板
「駐車場案内システム」。

電光掲示板に大まかな地図と書く駐車場の場所が表示されている。
しかし、新しい駐車場が反映されるでもなく、
見難いし
機能した時期はどのくらいだったのでしょうか?


検索すると、全国的におおよそ1990年代前半に作られたようですが、
水戸は、いつぐらいに設置されたものだったのでしょうか。
b0330744_10531016.jpg
b0330744_10295165.jpg
そしていつくらいから使われなくなったのでしょうか?
2000年には機能していなかったのでは??
この地図見てもね~。

全国的に設置されましたが、
これを設置して渋滞が緩和されるなんて本気で思っていたのでしょうか?
現在これ機能しているところっていまだにあるのでしょうか?

「調整中」
という言葉が空しいですね。

本当に
必要だったんでしょうか?
どのくらい効果があったかの検証ってされているのかな?


話は変わりますが、

今現在、京成デパードで催事があれば、
市内は慢性的な渋滞が起こっております。
国道349号太田街道は、特にひどいです。
みずほ銀行前を先頭に青柳の交差点付近までつながりますからね。

これで市民会館が出来た際に渋滞駐車場問題が起こるはずです。
現在、水戸芸術館の駐車場を基準に
市民会館の利用する車を算出しているようですが…
水戸市新たな市民会館整備基本計画骨子(案)(PDF形式:3,975KB、50ページ)
この資料32ページ前後

ホント机上の骨子案ですね。

駐車場案内システムが今も今後も真っ当に使えれば、渋滞しませんね(爆)

なんて思っていたらこの案内システム、
総てを確認することはできませんが、
市道にあるのは撤去されたようです・・・。

あはは。


水戸市常磐町、梅香 2009年2月、2010年3月 

追記です。水戸市のホームページより
平成6年10月から運用を開始し、これまで一定の効果をあげてきましたが、
今般、社会情勢の変化など以下の理由により、平成25年6月30日をもって、運用を終了します。

運用終了の理由
1.中心市街地における時間貸し駐車場の著しい増加や、カーナビゲーション、インターネット等による
駐車場情報の充実により、空いている駐車場をさがすことが容易になっている。
2.駐車場の増加等により、近年は、大半の駐車場が「空車」という情報ばかりの発信となっており
、システムの必要性がなくなっている。
3.設置から約20年が経過し、案内板の老朽化や修理部品の入手困難化が進行している。


[PR]
by ta-tanchi | 2016-07-04 22:02 | 道路・鉄道 | Comments(0)