みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

柳ヶ崎(柳崎)の谷 その2

近代美術館裏の駐車場の奥を進みます。

b0330744_23421249.jpg
「工事中につき通り抜けできません」
あれ?以前は通れたのに・・・。
おそらくこの細道が水路跡だと思われます。

この先に、写真では白抜きになってしまって写っている階段があります。

回り道をして階段があるところを見てみます。
写真から見て、明らかに谷を埋め立てて造成しているのがわかります。
b0330744_23430305.jpg
非常にわかりやすい埋立てですね。

先ほどの階段を上ります。
b0330744_23431350.jpg

埋立ててあるとはいえ、段丘の高低差があります。
この先は、工事中と書かれている通り、進むことはできません。

以前はこの南側の崖の上に上る階段がありました。

b0330744_23443177.jpg

「自転車はおして」と書かれておりますが、
押して降りれるようなスロープはありませんし、急でした。
この写真は、崖上からの撮影で、
右下の民家があるところが
千波湖岸のレベルからチョイ上がったところですから、
それなりの谷だったことがわかります。

階段があったところは、がけ崩れを防ぐためなのでしょうか?
厚く土盛がされておりました。
3つ上の写真では擁壁も存在しておりますので、
おそらくここもそうなるのでしょう。
b0330744_23432743.jpg
そうなるとが崖下は宅地になるのかもしれません・・・。
日があたらないですね。
b0330744_23471097.jpg

戦後間もないころの空中写真を見ると、民家がある先までが谷のようでした。

b0330744_23444024.jpg
埋立ての歴史を見てきた立派な木があります。
b0330744_23455548.jpg
続く。
次回は、近代美術館の駐車場から左側をめぐります。

水戸市千波町 2014年11月、2015年12月




[PR]
by ta-tanchi | 2016-02-28 07:39 | 川・水路 | Comments(0)