みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

沼津ヶ沢を追ってみました(その3)

旧笠間街道も、この沼津ヶ沢が谷の最下点となっております。

b0330744_07021749.jpg
沢は、旧笠間街道下をくぐります。
そして沼津ヶ澤不動尊左側の赤い塀の下が暗渠となります。
b0330744_00385843.jpg
b0330744_07032533.jpg
不動尊横を横切り、暗渠は民家と民家の間に吸い込まれます。
この区間は追えませんので、50号線まで出てしまいます。

ライオンズマンション西側に暗渠が続いてきてますね。
歩道には暗渠の部分に柵があるのが特徴的で
ここが水路で地面が低いということを示しています。
わかりやすいですね

b0330744_00394968.jpg
水路は、50号の下を通り、東原の日産の手前を抜けていきます。

b0330744_00395695.jpg
こちらにも、歩道に柵があります。
水路らしいカーブを描いて裏に伸びます。
b0330744_00401607.jpg

b0330744_00403459.jpg
日産の裏側へ。
この緩いカーブ、典型的な暗渠っぽさがグッときます。
って・・・
なかなかグッとくる人はいないと思いますが・・・。

日産の裏側には暗渠に柵がありません。
前者は国道、こちらは市道です。
予算の付け方でしょうなあ~なんてことも頭をめぐります。


上のニッサン裏側の写真の暗渠の先はこんな感じで、
暗渠なのか水路なのかよくわからなくなります。
b0330744_00405302.jpg
ただしブロック塀がややカーブし、地面がやや低く水路の跡っぽく見えております。


b0330744_00414888.jpg
そして民家と民家の間に水路分の隙間の空地が続きます。

この先は民家と民家の間となってしまい、水路の遺構はわかりませんでした。
グーグルマップ見ると、暫く進んだところでもっとわからなくなります。

水戸市東原 2014年7月 2015年2月

[PR]
by ta-tanchi | 2016-01-13 17:31 | 川・水路 | Comments(0)