みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

千波湖 ハナミズキ広場 その2 水高の森とアナハイム市交流碑

ハナミズキ広場の水たまりの先には石碑があります。
b0330744_09273009.jpg
まずは写真左のもの。

b0330744_09274001.jpg

「水高の森」の記念碑。
水戸高等学校開校50周年を記念で、昭和44年に「水高の森」が寄贈されました。

「水戸 われら青春の母郷へ 感謝のこころをこめて この森を贈る」
と書かれております。

広場に石碑があるのでどれがその水高の森なのかよくわかりません。
どこなのでしょうか?


次に進みましょう。

b0330744_09322052.jpg
石碑と、なんだか広場に似合わないベンチがあります。
石碑は
「アナハイム市交流碑」
碑の上には「徳」の字。

そもそも水戸とアナハイムが姉妹都市だということを知っている人はどのくらいいるのでしょうか?
私はこの石碑を見るまで知りませんでした。
そもそもなんで姉妹都市なのか??
っていうのは水戸市のホームページにも書かれておりますが、
はっきり言ってピンときません。
b0330744_09320491.jpg
水戸市・アナハイム市姉妹都市締結30周年記念

当時の水戸市長の名前、そして水戸国際交流協会理事長の名前があります。
そしてその下にはナントカ長、議員、議長、教授、社長などなどの名前があります。

b0330744_23072209.jpg
石碑の裏側は何か描かれております。

b0330744_23075418.jpg
丙戌と書かれていますが、何か意味あるのでしょうか?…。

イイ記念碑ですね!・・・。

この記事書きながら、ふと思いました。
アナハイム市に行けば、水戸市との交流の碑はあるんでしょうかね?

b0330744_09312404.jpg
そして碑の前には、アンバランス感が否めない、
中国製のと思われる洗練されないデザインのベンチ。
b0330744_09313705.jpg
ベンチには寄贈した企業名が書かれております。
座ってテーブル使うにも2つの距離が離れており、
テーブルの高さとイスの高さの釣り合いがとれておりませんので
実用性がありません。

石碑の裏にもテーブル椅子がありますが、こちらは木製です。
こちらにも寄贈した前者とは異なる企業名が書かれております。
b0330744_23080560.jpg
こちらは公園等にありがちな形で、機能的にも問題はありません。

ただし、残念ながら泥濘の先にあるので
どちらも使われている気配はありませんでした。

続く

水戸市千波町  2014年8月 2015年6月








[PR]
by ta-tanchi | 2015-10-16 18:01 | 公園 | Comments(2)
Commented at 2015-10-18 21:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ta-tanchi at 2015-10-19 16:18
あまり知られていない水戸を紹介できればという思いブログを更新していますので、今後ともよろしくです。
30周年で記念碑ですから50年、100年、1000年と記念碑を作っていくとなると、ハナミズキ広場、たくさん並んでお墓みたいになりますね。