みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

なんだかな~。バスだらけ。

ピントが甘い写真になってしまいますが、
南町3丁目、工芸デパート付近から撮影しました。

見ての通り、茨城交通のバスが6台連続で水戸駅方面に向かっております。
こんなにバス沢山走っていても
残念ながら殆どのバスに人乗っておりません。
いつも目にする光景ですが、その日は
思わずシャッターを切らずにはいられませんでした。
b0330744_21455177.jpg
単純に人がバスに乗らなくなったのは、マイカーに奪われたとかいう前に、
利用者にとって利用しやすいダイヤ
たとえば、毎時同じ分にバスが来るとか、等間隔にバスが来るとか・・・。
そんなのまったく考えていませんよねえ?
茨交は民事再生で変わるのか?と思いましたが変わりません・・・。

茨城交通に限りません。
関東鉄道でも、
千波方面からバス利用しようとすると一定の時間来ませんが、
まとまってバスがやってくる、
こういう展開っていうのは
どういった基準でダイヤを組んでいるのか疑問に感じます。

夜の「ひたち」が水戸駅に着きます。
そしてそれを受けるバスがありません。
タッチの差で終バスが出てしまう・・・。

系列会社のタクシー乗れってことなんでしょうかね?

水戸駅集中の発着ではなく、バス営業所をバスターミナルとして利用して
ハブ化、乗り継ぎが楽になる、
バス料金の運賃切り替えを含め
乗り継ぎ料金等の見直しが必要ではないでしょうか?
そうすることでバスで行けるところの自由度が増します。

検索して調べていませんがまあ日本中探しても、
バスとバスの乗り継ぎ料金ってレアでしょうけどね。
そもそもバス対バスの乗り継ぎ料金ってあるのかな?

関東鉄道バスは水戸では今日からスイカやパスモが使えるようになりましたが、
茨城交通は独自のカード「いばっぴ」を発行するようですね。何故統一しないのでしょう?
乗り継ぎ割引があるのはよいとしても、複雑な割引体制が良くわかりません。


こういう選択をする茨城交通、保守的というのか、とても水戸らしいと感じちゃいます。
b0330744_22330866.jpg
回数券も廃止。何もかもが廃止。そして路線も・・・。会社も・・・。


水戸市南町 2015年3月8月



[PR]
by ta-tanchi | 2015-10-01 22:40 | その他 | Comments(2)
Commented by rush at 2015-10-03 01:28 x
確かに水戸駅から大工町にかけてはかなりの本数ですね。これでも最盛期よりはかなり少なくなっています。私の高校時代は新原経由だけで朝の8時台は13本もありました。これだけで約5分間隔です。今、市の協議会で郊外の乗り継ぎパターン等を議論しているみたいなので期待ですね。私の現在住んでいる岐阜の様に一社だけならもっと効率あげられるのでしょうが・・・
個人的にはこれだけ福祉に近い存在になってしまったからには競争よりまとめた方が良いのではと感じています。
又、ICカードは統一しなくてもと思います。以外に水戸は圏内で動きがとどまる傾向なので。岐阜でもアユカは統一されてません。それにパスモやスイカは手数料が高く、回数券的設定もしずらいと聞いています。
長くなり申し訳ございませんでした。
Commented by ta-tanchi at 2015-10-03 21:35
> rushさん
平成26年度の資料で水戸駅と大工町間は1700本のバスの往来があるようです。
ですので、私の子どもの頃考えればこれの倍以上はあったのかもしれません。ただ、今よりも乗用車、少なかったですね。そして、街中の歩行者数も多かったです。
新原からで13本ですか…。石川町方面からも入れるとたくさん走っていましたね。

思い出しました、東武バスも走ってましたね。小学生前に笠間まで乗った記憶があります。でもって車掌さんのってました。車掌さんが乗っているバスのインパクトが今でも頭の片隅にあります。

各社とも自分の利益に走りますから、人が乗らない、じゃ本数減らすか?で
資金力も乏しいから新しいことにも手を出せない。
共倒れしてしまっているような・・・。

岐阜の話ありがとうございます。
水戸に限らず、乗る人の減ったバスをどうするのかが地方都市の宿題なのでしょう。