みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

東原の踏切からの道 赤塚方向

前回の続きになります。
東原の常磐線踏切を超えたところに跨線橋を渡って行ってみます。

b0330744_07541938.jpg

南側から踏切跡を見たところです。


b0330744_07543908.jpg



南側の踏切跡の入り口は車が止まってました。
b0330744_07542813.jpg



こんなところに水準点。ちなみに19.9mです。

b0330744_07544552.jpg



ここから赤塚方向に真直ぐ、昔からの道が伸びております。

b0330744_07551762.jpg



スポーツセンター入り口から、常磐線の踏切までの旧道とは異なり、
こちらの道路は広めです。

b0330744_07552751.jpg



踏切廃止後に架け替えられた沢渡川の橋梁は、
道の規模に反して幅員広いです。
切り捨てられた部分の道ですよね、
こんなに広くする必要あったのかしら?

b0330744_07555315.jpg


沢渡川の上流方向、常磐線の築堤が見えます。

b0330744_07560686.jpg


現在、市内と赤塚を結ぶ旧街道部分県道177号にでます。

b0330744_07561454.jpg


反対方向から来た道を見ると、
現在の道がグワンと右カーブしているのに対し、
踏切跡に続く元からあった道が真直ぐ伸びているがわかりますね。


水戸市緑町、東原、見和、姫子 2014年7月


[PR]
by ta-tanchi | 2015-06-26 08:34 | 道路・鉄道 | Comments(0)