みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

もみじ谷はどこまで続くのか その2

もみじ谷の先の駐車場と市道は谷を埋立てて通っております。
そんなところに野仏があり、お花も飾ってあります。

b0330744_23141670.jpg
b0330744_23144111.jpg

もみじ谷の先はというと…

もじゃもじゃな木々が生い茂っております。
冬なので枯れてるせいでゴミとか汚れが目立ちます。


b0330744_00005329.jpg
ゴミさえなければ
もみじ谷の水田になるさらに昔はこんな感じの谷だったのでしょうか?
ただ、その中央付近に、コンクリートの構造物があります。

b0330744_00005754.jpg
水の流れは現在この暗渠となって残っております。

ここからしばらくはこの谷に沿う道路が無いので迂回します。

岩間街道からKマートを入っていき突き当たったあたりに、
水路(小川)の面影が残っております。

b0330744_00012004.jpg
住宅の駐車場と駐車場の間の暗渠。
もみじ谷の駐車場と、この暗渠の間は水路に沿って木々が昔のまま?
残っているのが
グーグルでは見ることが出来ます

この水路は更にS字にの道路、道路に沿ったゆるい谷地形が、
ここに川があったことを教えてくれます。
b0330744_00012506.jpg
上の左下のガードレールの横は暗渠です。

b0330744_00014297.jpg
S字の道を進むと、側道はかつて橋で渡っていたのかな?
暗渠になっている部分だけ盛り上がり、
かつ、そこだけ舗装が違います。
b0330744_00014835.jpg
続く

水戸市見川 2015年2月




[PR]
by ta-tanchi | 2015-04-05 09:10 | 川・水路 | Comments(0)