みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

謎の石碑 その1→なんとなく解明しました

国道50号線
大工町から東原になるあたりで道幅が狭くなりますよね。
そこのところの駐車場にぽつんと石碑があります。
信号待ちの際に気になっていたので
水戸ぶらしつつ見に行ってきました。
b0330744_10373827.jpg
大将軍ではありません。


b0330744_10390755.jpg
全面漢文で、私は読む気になれません。
こういうの疎いので解釈は間違えているでしょうけど
これ作った人は「前島春吉が苦労して事業をして反映したことを子孫に伝えます」
ってことでしょう。
昭和2年10月に建てられたって刻印されています。
b0330744_10402630.jpg
裏側。

詳しいこと知っている方がおりましたら、
どういう謂れのものか教えていただけると幸いです。

水戸市東原 2014年7月(2014年9月17日投稿)

石碑の由来が解明しました。
「常磐村ストーリーズ」という冊子内に、
この地で馬市があったということが記載されております。

石碑については少々、
西茨城郡大原村から来た前島家が住み着いて拓いた土地で
牛馬の育成、畜産に力を注いだということことが書かれているようです。

もう一度石碑を見直すと安政の年号がかかれております。
馬市は前島家が取り仕切っていたのではないか?というコメントもあります。
軍馬育成の頃までは開かれていたのでしょうかね?
(2016年1月8日追記)





[PR]
by ta-tanchi | 2014-09-17 23:08 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)