みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

笠原のニノキン

ニノキンってなんぞや?

b0330744_21432221.jpg
そう、彼の事です。
ニノキンこと 二宮金次郎!!。

このニノキンは、笠原にあるのだけど、小学校でもなく中学校でもない、
この鳥居の陰に存在しているのです。
b0330744_21415963.jpg
ただし、鳥居の先は笠原会館と書かれている。
ちなみに鳥居は昭和33年に奉納されております。

鳥居の横は、折れた庚申塔。上下で色が違いすぎますね…。
b0330744_21425278.jpg
そして木の陰にお地蔵さん。

b0330744_21424111.jpg

b0330744_21422675.jpg
そして赤い社。
名前分からないなあ~
横の石碑には天満宮建設記念碑。

ということで、この社は、天満宮という名だそう。
ただ冠名がつかないで「天満宮」か~。

b0330744_21432744.jpg
ニノキン全体像。
勤勉、道徳、親孝行

裏側というとこんな感じ。
b0330744_21433236.jpg
平成14年3月にここに寄贈された。

天満宮は道真を祀ったわけで、
勤勉だった二宮金次郎がここにあってもおかしくないとおもったのでした。

 水戸市笠原 2014年7月


[PR]
by ta-tanchi | 2014-08-08 23:16 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)