みとぶら

mitobura.exblog.jp
ブログトップ

細道ツアー その1 

細道ツアー。
タモリ俱楽部で細道ツアーで東京都北区の路地裏の細道を巡るという回を見て、
水戸にもあるよねえってことで・・・。


運転していて信号待ちで気になっていた路地を見てきました。
b0330744_22020513.jpg
国道50号線の西原。
押しボタン式の横断歩道の信号機横の電柱脇にその細道はあります。
b0330744_22020636.jpg
国道に面した細道。意識しないとその存在は判りません。
自分でもよく見つけたなあと・・・。

確認すると、国土地理院の地図でも表示される道です。
では、行ってみましょう。
b0330744_22020656.jpg
垣根は訪問時ちょっと前に刈られたようですが、
ちょっと放置すれば通るのもままならなくなりそうです。

進んでいくと・・・
b0330744_22020684.jpg
立派な門…。
ですがあまり使われていないようでした。
車はもちろん通れません。
b0330744_23230344.jpg
前の写真のマンホールを越えたところで振り返ったところです。
水戸市の市章が入ったマンホールでした。

b0330744_22023488.jpg
ずんずん進んでいくと、車の通れる路地となりました。


b0330744_22023542.jpg
また振り返ってみました。


水戸市西原 2016年7月




[PR]
# by ta-tanchi | 2017-09-22 07:17 | 街秘境 | Comments(0)

忠魂碑(千波山)

千波山の交差点にある石碑群です。
信号待ちで存在を知っている人は多いと思います。
b0330744_00585295.jpg
左から緑岡村の日露戦争の戦没記念の碑
中央、右は 満州事変以降大東亜戦争戦没者の忠魂碑です。

2016年5月

[PR]
# by ta-tanchi | 2017-09-20 07:04 | 記念碑、記念像系 | Comments(0)

大場村道路元票

大場村道路元票

大場村は昭和30年まで存在し、その後常澄村になりそして平成4年に水戸市になりました。
b0330744_08282379.jpg
道路元標(どうろげんぴょう)とは道路の起終点を示す標識です。
ですので、大場村時代は、ここを基準に街道や枝道の距離を測定したようですよ。

b0330744_08285333.jpg

今は草叢にぽつっと残っているのですが、
これは大場村役場があったところにあったようです。
その後農協の支所となりその後にも建物は転用されたようです。

b0330744_08290783.jpg

建物の入口の左側にあるのが道路元票です。

しばらく前に通ったら、この建物は存在せず、太陽光発電のパネルを設置しておりました。


水戸市大場 2011年8月

[PR]
# by ta-tanchi | 2017-09-18 09:10 | 道路・鉄道 | Comments(0)

偕楽園 萩のライトアップ

2年前の萩まつりのライトアップです。
閉園間際の8時50分くらいに入りましたが、警備員しかおりませんでした。
b0330744_03264321.jpg
2年前のものですので、ライトアップの仕方も変わっているかもしれません。

b0330744_03264423.jpg

b0330744_03264303.jpg
今日あたりは萩は見頃ですね!!


水戸市常磐町 2015年9月 

[PR]
# by ta-tanchi | 2017-09-15 07:16 | 公園 | Comments(0)

笠原簡易水道

笠原簡易水道。
笠原水道とは全く別のものです。
簡易が付いているからではなく、場所も全く違う場所に存在しておりました。

笠原簡易水道はどこにあるかといいますと、
茨城大学裏にある笠原神社下で、この段丘面からの湧水を利用した水道です。
b0330744_00272186.jpg

湧水の一部は神池として水が出ております。
明治のころから生活用水として利用されていたようです。
飲んでみましたがおなかを壊すことはありませんでした。

笠原簡易水道としての歴史は浅く農村復興特別助成事業として昭和36年9月に竣工しました。
竣工時は民家37戸と公民館に配水、水田の用水としても利用されました。

施設は、貯水槽、濾過槽、滅菌装置を設置しました。
今でも施設跡が残っております。
b0330744_00272143.jpg
上の写真はこの簡易水道跡の写真の中央のものを近づいて撮影したものです。


昭和55年7月に、水戸市上水道に吸収合併されて役目は終わったようです。

そして簡易水道が出来た記念碑が残っております。
b0330744_00272113.jpg

水戸市文京 2017年2月


[PR]
# by ta-tanchi | 2017-09-12 07:05 | 街秘境 | Comments(0)

市杵嶋姫神社(いちきひめじんじゃ)

備前堀に面して、市杵嶋姫神社はあります。

この写真見ただけでも雰囲気イイと思いませんか?
b0330744_01385409.jpg

説明版によりますと、
佐竹氏が大和国高市より分祠し、常陸太田に祀っていたが、
水戸城主となった時に城東竹隈の地に遷座、寛永年中、現在の地に移ったという。
毎年1月8日の初市(だるま市)には御輿が市中央に出社するほか、
市を守護する「市神さま」としてあつく信仰されている。

とのことです。

市(いち)とは下市のことですよね。
田町越えでできた商業地の市(いち)の商売繁盛を願っているんですよね?。

b0330744_01400348.jpg
b0330744_01400213.jpg
b0330744_01395191.jpg

b0330744_01402098.jpg
毎年1月8日にはだるま市が建ちますが、行ったことはないので機会があれば行ってみたいと思います。


水戸市本町 2014年8月 

[PR]
# by ta-tanchi | 2017-09-09 08:12 | 寺社 | Comments(0)

旧6国、千波のサグを追う その2

前回の続きです。

マンションの進入路をくぐります。
そのあとも暗渠で続いているようですが、ちょっと追えませんので、
閉鎖した格安ガソリンスタンドの横の道を進みます。

b0330744_01001320.jpg

すると宅地の中に先ほどの水路跡、まっすぐな暗渠道路にぶつかります。
このあたりは、旧6号より下ってます。

b0330744_01001379.jpg

さらに下っていきますが、水路は道路の下にあるようです。
b0330744_01001440.jpg

緑岡中学校の横の道路の下に水路が眠っているようです。
ここは勾配があります。

b0330744_01203345.jpg
坂を下っていきます。
b0330744_01203428.jpg
最近道路が整備されたので、水路の痕跡がわかりませんが、
2011年のストリートビューでは左側の歩道部分が暗渠となってました。

突き当りの集合住宅のところに水路跡が残ります。
b0330744_01203412.jpg
駐車場の右側に続きます。
b0330744_01203445.jpg
駐車場の突き当りは施錠した門がありますがその下が暗渠。
b0330744_01205481.jpg
暗渠の先は、桜川に続く水門です。
b0330744_01205450.jpg
b0330744_01205446.jpg
ゴール。水路の名前は判りません。

水戸市見川町 2016年5月、2017年2月





[PR]
# by ta-tanchi | 2017-09-08 07:22 | 川・水路 | Comments(0)